電子書籍 民主主義(径書房) 実用

著: 文部省 

まずは、無料で試し読み

試し読み

38ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

民主主義 あらすじ・内容

文部省が第二次大戦後、子供たちに「民主主義とは何か」を教えるために作成した教科書。

現在は使われていないが、その内容は現代に於いても普遍的に通用する。
むしろ、「話し合い至上主義」「教師という専制君主の下での疑似民主主義」を行う現行教育に比べれば、はるかに正しく民主主義の根本を説いている。
この本がなぜ現在も教科書として使われていないのか、なぜ民主主義を教える授業が編成されていないのか、など現代教育に対して疑問を抱くところである。

これからの日本を担う世代である、中学生や高校生に是非とも読んでもらいたい一冊。

この作品を共有

「民主主義(径書房)」最新刊

文部省が第二次大戦後、子供たちに「民主主義とは何か」を教えるために作成した教科書。

現在は使われていないが、その内容は現代に於いても普遍的に通用する。
むしろ、「話し合い至上主義」「教師という専制君主の下での疑似民主主義」を行う現行教育に比べれば、はるかに正しく民主主義の根本を説いている。
この本がなぜ現在も教科書として使われていないのか、なぜ民主主義を教える授業が編成されていないのか、など現代教育に対して疑問を抱くところである。

これからの日本を担う世代である、中学生や高校生に是非とも読んでもらいたい一冊。

「民主主義(径書房)」の作品情報

レーベル
――
出版社
径書房
ジャンル
実用 哲学 思想
ページ数
463ページ (民主主義)
配信開始日
2016年7月27日 (民主主義)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad