電子書籍 10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術 実用

著: 松本幸夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術 あらすじ・内容

あなたは、「サボる」というと、どういう印象を持つだろうか?

 おそらく大半の人は、「サボるのは悪い」「サボっては成果が出ない」「とんでもないこと」など、負のイメージを当然持つだろう。

 何といっても、学生時代に「授業をサボる」といったら、とうてい良いこととは思えなかったはずで、「悪いことをしている」という意識のもとに授業をサボる。もちろんこれは良くないことはいうまでもない。つまり学生の本分である勉強をしないこと、授業を受けないことはイコール悪、ダメなことということだ。

 もちろんこれは、学生のみならず、社会人でも全く同様である。
「やるべき仕事をしないこと」というのは、ダメなことだ。悪である。

 だが、サボるのは良いことというのが、本書のテーマでは? と疑問を持たれるだろう。
 その通り、サボるのは良いことだが、同時に悪いことでもある。
 何やら禅問答めいているが、2つとも正解だ。

 なぜか?

 それは、サボるといっても正と負2つの種類があるからだ。
 松本幸夫氏が提案するのは、「正」のサボりであって、これは良いことなので、どんどんサボろう、ということなのだ。

 デキる人ほど上手にサボる。サボりの達人が仕事の達人。サボらなければ、ビジネスパーソン失格とさえ、松本氏は指摘する。

 同時に、「負」のサボりは極力避けること。これは、あなたの仕事の効率を落とし、デキないビジネスパーソンへの道へあなたを進ませてしまう恐ろしいものでもある。

 この2つのサボりの違いについては、本書で詳しく説明される。

 まず記憶して欲しいのは、「サボらない人」→仕事の効率が悪い→成果が出ない→自信をなくす・失敗、坂道転落人生。「サボる人」→仕事の効率が良い→成果が上がる→自信・達成感を味わう→登り坂の成功人生。

サボらない人には、「失敗、坂道転落人生」が先に待っているが、上手に「正」のサボりのできる人、つまりサボりの達人は、「登り坂の成功人生」を歩むことができるのである。

 ぜひ、立派なサボりの達人になっていただいて、成功人生を歩んで欲しい、というのが本書の狙いだ。

 40にして惑わず、50にして天命を知るなどと孔子も説いたように、人生50歳は「悟り」を得ていてもおかしくない年齢であろう。

 若手ビジネス作家、若手研修講師などといわれていた松本氏も、いつの間にかその年になって、何か「世のため人のため」になるような良い本を書いていきたいと強く想うようになり、サボりの思想というのは、そんな松本氏からあなたへの贈り物であり、その思想がぎゅっと詰まった一冊になっている。

この作品を共有

「10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術」最新巻

あなたは、「サボる」というと、どういう印象を持つだろうか?

 おそらく大半の人は、「サボるのは悪い」「サボっては成果が出ない」「とんでもないこと」など、負のイメージを当然持つだろう。

 何といっても、学生時代に「授業をサボる」といったら、とうてい良いこととは思えなかったはずで、「悪いことをしている」という意識のもとに授業をサボる。もちろんこれは良くないことはいうまでもない。つまり学生の本分である勉強をしないこと、授業を受けないことはイコール悪、ダメなことということだ。

 もちろんこれは、学生のみならず、社会人でも全く同様である。
「やるべき仕事をしないこと」というのは、ダメなことだ。悪である。

 だが、サボるのは良いことというのが、本書のテーマでは? と疑問を持たれるだろう。
 その通り、サボるのは良いことだが、同時に悪いことでもある。
 何やら禅問答めいているが、2つとも正解だ。

 なぜか?

 それは、サボるといっても正と負2つの種類があるからだ。
 松本幸夫氏が提案するのは、「正」のサボりであって、これは良いことなので、どんどんサボろう、ということなのだ。

 デキる人ほど上手にサボる。サボりの達人が仕事の達人。サボらなければ、ビジネスパーソン失格とさえ、松本氏は指摘する。

 同時に、「負」のサボりは極力避けること。これは、あなたの仕事の効率を落とし、デキないビジネスパーソンへの道へあなたを進ませてしまう恐ろしいものでもある。

 この2つのサボりの違いについては、本書で詳しく説明される。

 まず記憶して欲しいのは、「サボらない人」→仕事の効率が悪い→成果が出ない→自信をなくす・失敗、坂道転落人生。「サボる人」→仕事の効率が良い→成果が上がる→自信・達成感を味わう→登り坂の成功人生。

サボらない人には、「失敗、坂道転落人生」が先に待っているが、上手に「正」のサボりのできる人、つまりサボりの達人は、「登り坂の成功人生」を歩むことができるのである。

 ぜひ、立派なサボりの達人になっていただいて、成功人生を歩んで欲しい、というのが本書の狙いだ。

 40にして惑わず、50にして天命を知るなどと孔子も説いたように、人生50歳は「悟り」を得ていてもおかしくない年齢であろう。

 若手ビジネス作家、若手研修講師などといわれていた松本氏も、いつの間にかその年になって、何か「世のため人のため」になるような良い本を書いていきたいと強く想うようになり、サボりの思想というのは、そんな松本氏からあなたへの贈り物であり、その思想がぎゅっと詰まった一冊になっている。

「10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術」の作品情報

レーベル
――
出版社
パンローリング
ジャンル
実用 自己啓発・生き方
ページ数
151ページ (10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術)
配信開始日
2016年8月5日 (10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術 サボる技術)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad