電子書籍 経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ 新書

著: 佐伯啓思 

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ あらすじ・内容

私たちはいつまで誤った経済学を信じ続けるのか? いまだ収拾のつかないグローバル金融危機。これに対する各国の対応は、結局は対処療法に過ぎず、次のバブルを招来させるものでしかない。そして資本主義の危機を底で支えているのは、社会主義国の中国という喜劇的状況。なぜこのような状況に陥っているのか。筆者は経済学の根本、貨幣の根源にまで遡り、いまの過ちを論じる。 (講談社現代新書)

この作品を共有

「経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ」最新巻

私たちはいつまで誤った経済学を信じ続けるのか? いまだ収拾のつかないグローバル金融危機。これに対する各国の対応は、結局は対処療法に過ぎず、次のバブルを招来させるものでしかない。そして資本主義の危機を底で支えているのは、社会主義国の中国という喜劇的状況。なぜこのような状況に陥っているのか。筆者は経済学の根本、貨幣の根源にまで遡り、いまの過ちを論じる。 (講談社現代新書)

「経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ」の作品情報

レーベル
講談社現代新書
出版社
講談社
ジャンル
新書 経済 思想
ページ数
285ページ (経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ)
配信開始日
2013年6月28日 (経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad