電子書籍 女陰陽師(祥伝社文庫) 文芸

著者: 加野厚志 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

女陰陽師 あらすじ・内容

徳川幕府最後の秘策、それは将軍家茂へ皇女和宮を降嫁させ、公武合体策を進めることだった。計画を阻止すべく皇女奪取を狙う薩長勢力に対し、影武者として招喚された清冽な美少女・八瀬。和宮に生き写しである彼女こそ、類い希なる“女陰陽師”だった!

この作品を共有

「女陰陽師(祥伝社文庫)」最新巻

聖にして賎、夜叉にして天女。清冽な美しさを湛える女陰陽師・八瀬の行くところ、必ず凶変が巻き起こる。幕末動乱の文久二年〈寺田屋騒動〉を皮切りに、都に血腥い暗雲が立ち込めていった。これは、八瀬の師である邪悪の陰陽師・長野主膳の仕業か!?八瀬は高杉晋作とともに、師のもとへ向かう。幕末伝奇ロマンの快作!

「女陰陽師(祥伝社文庫)」作品一覧

(2冊)

各540円 (+税)

まとめてカート

徳川幕府最後の秘策、それは将軍家茂へ皇女和宮を降嫁させ、公武合体策を進めることだった。計画を阻止すべく皇女奪取を狙う薩長勢力に対し、影武者として招喚された清冽な美少女・八瀬。和宮に生き写しである彼女こそ、類い希なる“女陰陽師”だった!

聖にして賎、夜叉にして天女。清冽な美しさを湛える女陰陽師・八瀬の行くところ、必ず凶変が巻き起こる。幕末動乱の文久二年〈寺田屋騒動〉を皮切りに、都に血腥い暗雲が立ち込めていった。これは、八瀬の師である邪悪の陰陽師・長野主膳の仕業か!?八瀬は高杉晋作とともに、師のもとへ向かう。幕末伝奇ロマンの快作!

「女陰陽師(祥伝社文庫)」の作品情報

レーベル
祥伝社文庫
出版社
祥伝社
ジャンル
文芸 日本文学 時代小説 伝奇 歴史
ページ数
334ページ (女陰陽師)
配信開始日
2016年8月18日 (女陰陽師)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad