電子書籍 山内くんの呪禁の夏。(角川ホラー文庫) 文芸

著者: 二宮酒匂 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

山内くんの呪禁の夏。 あらすじ・内容

山内くんの不思議な夏の物語がはじまる――青春オカルティックファンタジー

小学六年生の山内くんは、大小さまざまな災難に巻きこまれて育った。昔、そんな山内くんにお守りをくれた「男の子」――紺と再会した山内くんは、紺によって「この世ならぬもの」が見える目にされてしまい……?

この作品を共有

「山内くんの呪禁の夏。(角川ホラー文庫)」最新巻

「僕にはこの闇が見える。いまからは僕が君の目になる」――この世ならぬものが見える目を持つ小学六年生の山内くんと、呪禁師の少女・紺。神かくし事件の真相に迫る紺の身に迫る危機。そのとき山内くんは――?

「山内くんの呪禁の夏。(角川ホラー文庫)」作品一覧

(2冊)

520円〜600円(+税)

まとめてカート

小学六年生の山内くんは、大小さまざまな災難に巻きこまれて育った。昔、そんな山内くんにお守りをくれた「男の子」――紺と再会した山内くんは、紺によって「この世ならぬもの」が見える目にされてしまい……?

「僕にはこの闇が見える。いまからは僕が君の目になる」――この世ならぬものが見える目を持つ小学六年生の山内くんと、呪禁師の少女・紺。神かくし事件の真相に迫る紺の身に迫る危機。そのとき山内くんは――?

「山内くんの呪禁の夏。(角川ホラー文庫)」の作品情報

レーベル
角川ホラー文庫
出版社
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
文芸 日本文学 ホラー
ページ数
205ページ (山内くんの呪禁の夏。)
配信開始日
2016年5月25日 (山内くんの呪禁の夏。)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad