電子書籍 旗本絵師描留め帳 文芸

著: 小笠原京 

まずは、無料で試し読み

試し読み

34ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

蛍火の怪 旗本絵師描留め帳(小学館文庫) あらすじ・内容

時は元禄、所はお江戸。千三百石御使番を勤める旗本藤村新左衛門の三男、新三郎が、伊達衣装の懐に手裏剣代りの仕込み筆を入れて歩きまわるとなぜか事件にでくわす。降るほどあった養子の口を、武士は嫌いだとみな断っての町屋暮し、浮世絵師菱川師宣の版下絵師に甘んじている新三郎が、小僧の四郎吉、地本屋の三番番頭六兵衛ともども、巨悪小悪を仕込み筆を飛ばしてさわやかに解決する。解説・井家上隆幸。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

この作品を共有

「旗本絵師描留め帳」最新刊

芝増上寺での先代将軍家綱公の法要の最中、あろうことか刃傷に及んで相手を刺し殺した大名があり、当然切腹となったが、先に刃を抜いたのは殺された方だった。取り潰された家の旧臣たちは―。綾衣太夫のうなずけぬそぶりが示す縁とは―。折も折、小僧の四郎吉が、かどわかされた?

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

「旗本絵師描留め帳」作品一覧

(5冊)

530円〜590円(+税)

まとめてカート

時は元禄、所はお江戸。千三百石御使番を勤める旗本藤村新左衛門の三男、新三郎が、伊達衣装の懐に手裏剣代りの仕込み筆を入れて歩きまわるとなぜか事件にでくわす。降るほどあった養子の口を、武士は嫌いだとみな断っての町屋暮し、浮世絵師菱川師宣の版下絵師に甘んじている新三郎が、小僧の四郎吉、地本屋の三番番頭六兵衛ともども、巨悪小悪を仕込み筆を飛ばしてさわやかに解決する。解説・井家上隆幸。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

新三郎再登場、大名奉行の女の死の裏にある闇を解く。

幕閣の権力抗争を洗い出す新三郎の仕込み筆!

「旗本絵師描留め帳」の作品情報

レーベル
小学館文庫
出版社
小学館
ジャンル
文芸 時代小説 歴史
ページ数
322ページ (蛍火の怪 旗本絵師描留め帳(小学館文庫))
配信開始日
2016年10月8日 (蛍火の怪 旗本絵師描留め帳(小学館文庫))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad