電子書籍 P+D BOOKS 男と女の子 文芸

著: 吉行淳之介 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

P+D BOOKS 男と女の子 あらすじ・内容

吉行文学の真骨頂、繊細な男の心模様を描く。

戦後の混沌とした時代、男は安定を求めて大会社のサラリーマンとなった。

だが、人員整理でクビとなり退職金を受け取った日、ヌードモデル志望の少女と出会う。丸顔に濃い化粧、大きな頭でアンバランスな躰の彼女にやがて愛憐の情が湧きはじめる――。

空虚感を纏いながらこの時代を生きていく男と雑誌編集者の友人との交流、戦禍に散った友人への回顧など、卓越した心理描写で綴られた珠玉の作。

他に「水族館にて」「白い神経毬」「人形を焼く」の短編3作品を収録。

この作品を共有

「P+D BOOKS 男と女の子」最新巻

吉行文学の真骨頂、繊細な男の心模様を描く。

戦後の混沌とした時代、男は安定を求めて大会社のサラリーマンとなった。

だが、人員整理でクビとなり退職金を受け取った日、ヌードモデル志望の少女と出会う。丸顔に濃い化粧、大きな頭でアンバランスな躰の彼女にやがて愛憐の情が湧きはじめる――。

空虚感を纏いながらこの時代を生きていく男と雑誌編集者の友人との交流、戦禍に散った友人への回顧など、卓越した心理描写で綴られた珠玉の作。

他に「水族館にて」「白い神経毬」「人形を焼く」の短編3作品を収録。

「P+D BOOKS 男と女の子」の作品情報

レーベル
P+D BOOKS
出版社
小学館
ジャンル
文芸 日本文学
ページ数
181ページ (P+D BOOKS 男と女の子)
配信開始日
2016年10月14日 (P+D BOOKS 男と女の子)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad