電子書籍 川柳 風と組む 文芸・小説

著: 太田紀伊子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳 風と組む あらすじ・内容

現代川柳界を代表する女性作家の一人で、茨城県川柳協会副会長・つくばね番傘川柳会創立会長を務める著者が、つくばね創立十周年を記念して編んだ句文集。
日々の暮らしが詠まれた川柳の中に自己主張、社会批判のエッセンスがキラリと光る。
《花筏こころまかせに風と組む》
《桃の花菜の花亡母はどのあたり》
《ひらがなの中で男を赦してる》
《パソコンに夢も家計も詰め込んで》
《いい妻を演じ切るのも義理のうち》
《夫をほめると洗濯が早くすむ》
《来年の母の日までに母になる》

この作品を共有

「川柳 風と組む」最新刊

現代川柳界を代表する女性作家の一人で、茨城県川柳協会副会長・つくばね番傘川柳会創立会長を務める著者が、つくばね創立十周年を記念して編んだ句文集。
日々の暮らしが詠まれた川柳の中に自己主張、社会批判のエッセンスがキラリと光る。
《花筏こころまかせに風と組む》
《桃の花菜の花亡母はどのあたり》
《ひらがなの中で男を赦してる》
《パソコンに夢も家計も詰め込んで》
《いい妻を演じ切るのも義理のうち》
《夫をほめると洗濯が早くすむ》
《来年の母の日までに母になる》

「川柳 風と組む」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸・小説 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
212ページ (川柳 風と組む)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳 風と組む)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad