電子書籍 川柳作家全集 安永理石 文芸

著: 安永理石 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳作家全集 安永理石 あらすじ・内容

昭和25年に大嶋濤明が創設した川柳噴煙吟社の創立会員で、熊本柳友川柳吟社主宰、熊本県川柳協会会長、川柳噴煙吟社主幹を歴任、現在噴煙吟社会長として活躍する熊本川柳界の泰斗である著者の第2句集。
「昭和の譜」「平成の譜」「近年の譜」の3章構成。
《明けまして一銭もないお正月》
《目じりからこぼれてしまう母の嘘》
《生きるとはゴミを出す日はゴミを出す》
《ライバルへ顔の半分笑っとく》
《回れ右すると軍靴の音がする》
《八十歳どこを切っても血は赤い》

この作品を共有

「川柳作家全集 安永理石」最新巻

昭和25年に大嶋濤明が創設した川柳噴煙吟社の創立会員で、熊本柳友川柳吟社主宰、熊本県川柳協会会長、川柳噴煙吟社主幹を歴任、現在噴煙吟社会長として活躍する熊本川柳界の泰斗である著者の第2句集。
「昭和の譜」「平成の譜」「近年の譜」の3章構成。
《明けまして一銭もないお正月》
《目じりからこぼれてしまう母の嘘》
《生きるとはゴミを出す日はゴミを出す》
《ライバルへ顔の半分笑っとく》
《回れ右すると軍靴の音がする》
《八十歳どこを切っても血は赤い》

「川柳作家全集 安永理石」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
128ページ (川柳作家全集 安永理石)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳作家全集 安永理石)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad