電子書籍 川柳句集 2010年 文芸

著: たむらあきこ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

川柳句集 2010年 あらすじ・内容

一途な純粋さで「私」の川柳を右手に、時事川柳を左手に川柳の道を究めんとする著者の渾身の第1句集。「よくわかる上に語彙が豊かで表現が適切」と川柳瓦版の会・前田咲二会長が絶賛する作品を「沙羅の花」「豆の蔓」など6章に収録。
《曼珠沙華自分に嘘をつきとおす》
《さみしさが溜まり半開きになった》
《約束のように桜が咲いている》
《一人称ばかりがせめぎあうコップ》
《止まってはいないわたしのなかの水》
《遮断機の向こうはきっとわらべ歌》

この作品を共有

「川柳句集 2010年」最新刊

一途な純粋さで「私」の川柳を右手に、時事川柳を左手に川柳の道を究めんとする著者の渾身の第1句集。「よくわかる上に語彙が豊かで表現が適切」と川柳瓦版の会・前田咲二会長が絶賛する作品を「沙羅の花」「豆の蔓」など6章に収録。
《曼珠沙華自分に嘘をつきとおす》
《さみしさが溜まり半開きになった》
《約束のように桜が咲いている》
《一人称ばかりがせめぎあうコップ》
《止まってはいないわたしのなかの水》
《遮断機の向こうはきっとわらべ歌》

「川柳句集 2010年」の作品情報

レーベル
――
出版社
新葉館出版
ジャンル
文芸 詩集 日本文学 俳句・短歌
ページ数
123ページ (川柳句集 2010年)
配信開始日
2016年10月13日 (川柳句集 2010年)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad