電子書籍 言葉の罠 実用

著: 松本幸夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

言葉の罠 あらすじ・内容

たった10秒で「人を動かす」7つの仕掛け!セールスのプロ、警察、政治家、宗教家が仕組む言葉のトリック。
1章 もし「恋」があやつられているとしたら?―二股言葉
2章 もし「忠告」が真っ赤なウソだとしたら?―毒針言葉
3章 もし「二枚舌」のさらに裏があるとしたら?―キャバクラ言葉
4章 もし「信頼」がつくりものだとしたら?―誘導言葉
5章 もし「意志」が筋書き通りにされていたら?―セールス言葉
6章 もし「感情」が利用されているとしたら?―暗示言葉
7章 もし「会話」がごまかされているとしたら?―かけひき言葉

この作品を共有

「言葉の罠」最新巻

たった10秒で「人を動かす」7つの仕掛け!セールスのプロ、警察、政治家、宗教家が仕組む言葉のトリック。
1章 もし「恋」があやつられているとしたら?―二股言葉
2章 もし「忠告」が真っ赤なウソだとしたら?―毒針言葉
3章 もし「二枚舌」のさらに裏があるとしたら?―キャバクラ言葉
4章 もし「信頼」がつくりものだとしたら?―誘導言葉
5章 もし「意志」が筋書き通りにされていたら?―セールス言葉
6章 もし「感情」が利用されているとしたら?―暗示言葉
7章 もし「会話」がごまかされているとしたら?―かけひき言葉

「言葉の罠」の作品情報

レーベル
――
出版社
経済界
ジャンル
実用 心理学
ページ数
191ページ (言葉の罠)
配信開始日
2016年10月21日 (言葉の罠)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad