電子書籍 飛べない蝶と空の鯱(ガガガ文庫) ラノベ

著: 手島史詞  イラスト: 鵜飼沙樹 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

33ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

飛べない蝶と空の鯱 ~たゆたう島の郵便箱~ あらすじ・内容

約束だ。一緒に飛ぼう。空の最果てまで――霧の上に島が浮かび、島々を行き交う交通手段は「空を飛ぶ」ことだけ――。 「霧妖」という魔物が棲む霧の海の上を飛び、命がけで人々の「想い」を運ぶ「武装郵便屋」の少年・ウィルと、その相棒(バディ)の不思議な少女・ジェシカの物語。 飛ぶのがヘタで風を読めないウィルと、過去の事件がきっかけで空が怖くなったジェシカ。それでも空に憧れ、飛ぶことにこだわる二人は、この世界の人々の唯一の情報伝達手段である、「封書」と呼ばれる記憶を封じ込めることができる手紙を運ぶ「郵便屋」を開業する。 ある日、二人に<夜姫>と呼ばれる少女から「届けて欲しい」と封書が持ち込まれる。しかし、厄介なトラブルメーカーである彼女の依頼が、まともな荷物なはずがなく……。 「影執事マルク」シリーズで人気、実力ともに評価される手島史詞が紡ぐ、最高に爽快な「空飛び」冒険ファンタジー。※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

この作品を共有

「飛べない蝶と空の鯱(ガガガ文庫)」最新刊

渡り鳥は空を飛ぶ。夢のため、封書のために。突如として変貌したハイリッヒは何者なのか。<霧>に耐性のない人々と、浮島の人々を繋ぐ七つの鍵・エインヘリヤルとは?真実がそのヴェールを脱ぐとき、ある者は決断し、戦い、そして――。ヒルダとシュネー、因縁のライバルの壮絶なる戦いが決着し、後に残された世界は滅びるのか、そして生き残るのは?封書は踏みにじられ、大陸は沈む。しかし、それでも<渡り鳥>、ウィルとジェシカは飛ぶ。夢のため、封書のために。※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

「飛べない蝶と空の鯱(ガガガ文庫)」作品一覧

(6冊)

600円〜680円(+税)

まとめてカート

約束だ。一緒に飛ぼう。空の最果てまで――霧の上に島が浮かび、島々を行き交う交通手段は「空を飛ぶ」ことだけ――。 「霧妖」という魔物が棲む霧の海の上を飛び、命がけで人々の「想い」を運ぶ「武装郵便屋」の少年・ウィルと、その相棒(バディ)の不思議な少女・ジェシカの物語。 飛ぶのがヘタで風を読めないウィルと、過去の事件がきっかけで空が怖くなったジェシカ。それでも空に憧れ、飛ぶことにこだわる二人は、この世界の人々の唯一の情報伝達手段である、「封書」と呼ばれる記憶を封じ込めることができる手紙を運ぶ「郵便屋」を開業する。 ある日、二人に<夜姫>と呼ばれる少女から「届けて欲しい」と封書が持ち込まれる。しかし、厄介なトラブルメーカーである彼女の依頼が、まともな荷物なはずがなく……。 「影執事マルク」シリーズで人気、実力ともに評価される手島史詞が紡ぐ、最高に爽快な「空飛び」冒険ファンタジー。※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

受取人はトランクに詰まった少女の死体!?霧の上を島が浮遊し、空を飛ぶことでしか島を移動できない世界。空に憧れ、まだ誰も見たことのない霧の底、「空の最果て」を目指す少年と少女の物語。風を読むことが下手で、翼舟の操縦が下手な少年・ウィルと、過去に負った傷から空を飛ぶことが怖くなってしまった少女・ジェシカは、二人乗りの翼舟に跨り、空飛ぶ郵便屋「蝶と鯱」を経営していた。彼らが運ぶのは、人々の記憶を封じた「封書」。誰よりも早く、誰からも秘密を守り、命をかけてでも運ぶ――課せられた重責と引き替えにもたらされるのは、自由に空を飛ぶ権利。お互いの欠点を補いながらでないと飛べない二人だったが、霧妖という魔物が棲み、霧に囲まれた空を命がけで疾走する。そんな「蝶と鯱」に、謎の男からの依頼で封書が持ち込まれる。意気揚々と届け先に向かった二人着いたのは誰もいない廃墟。唯一残されたトランクの中には、膝を抱えたまま目を閉じた裸の少女が――。今回の依頼には、この世界の創世記の伝承で大きな力を持つ「七つの鍵」の秘密と、それを狙う組織が関わっていて――空の上を駆ける爽快冒険ファンタジー、待望の第二弾。※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

過去への配達依頼――裏切りと傷跡の物語。「墜ちろ――」少女の羽を引き裂き、空から堕とした男。なぜ、男は裏切り、そして世界を滅ぼそうとするのか――。翼舟に跨り、空に浮かぶ島と島を行き交い、命を懸けて人の「記憶」を運ぶ武装郵便屋「渡り鳥」。郵便屋「蝶と鯱」を経営するウィルとジェシカに新たに舞い込んだ依頼は、かつての仲間であり――そして、ジェシカから空を奪った男への配達依頼だった。空を失った少女・ジェシカと不器用で飛ぶことが下手な少年・ウィル。それでも「空の最果て」を目指す二人の、出会いの記憶。約束と絆、裏切りと傷跡の物語。「影執事マルク」シリーズの手島史詞の紡ぐ世界観を、鵜飼沙樹の美麗かつ繊細なイラストが彩る好評シリーズ。「霧鍵式」と呼ばれる魔法と空戦のファンタジー、好調第三弾!!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

「飛べない蝶と空の鯱(ガガガ文庫)」の作品情報

レーベル
ガガガ文庫
出版社
小学館
ジャンル
ライトノベル 男性向け ファンタジー
ページ数
332ページ (飛べない蝶と空の鯱 ~たゆたう島の郵便箱~)
配信開始日
2013年10月11日 (飛べない蝶と空の鯱 ~たゆたう島の郵便箱~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad