電子書籍 マドモアゼルSの恋文 実用

著: ジャン=イヴ・ベルトー  訳者: 齋藤可津子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

マドモアゼルSの恋文 あらすじ・内容

パリの古いアパルトマンの地下室で、厳重に隠された手紙の束が発見される。
それらはすべてシモーヌという一人の女性が、愛人にあてて書いたものだった。
1928年から1930年のパリで書かれた200通におよぶ手紙。
2人の逢瀬について赤裸々に記された手紙は、関係の変化に従い徐々に過激さを増していき、そして……

「逢瀬のたび、互いの異常性に惹かれ合う。
セックスのたび、どんどん離れられなくなる」

「いずれは一人になる時がくるのに、
なぜこれほど尽くしてしまったのでしょう?」

この作品を共有

「マドモアゼルSの恋文」最新巻

パリの古いアパルトマンの地下室で、厳重に隠された手紙の束が発見される。
それらはすべてシモーヌという一人の女性が、愛人にあてて書いたものだった。
1928年から1930年のパリで書かれた200通におよぶ手紙。
2人の逢瀬について赤裸々に記された手紙は、関係の変化に従い徐々に過激さを増していき、そして……

「逢瀬のたび、互いの異常性に惹かれ合う。
セックスのたび、どんどん離れられなくなる」

「いずれは一人になる時がくるのに、
なぜこれほど尽くしてしまったのでしょう?」

「マドモアゼルSの恋文」の作品情報

レーベル
――
出版社
飛鳥新社
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
225ページ (マドモアゼルSの恋文)
配信開始日
2016年10月21日 (マドモアゼルSの恋文)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad