電子書籍 囚われの姫と黒の覇王(ガブリエラ文庫) ラノベ

著: 火崎勇  イラスト: 池上紗京 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

囚われの姫と黒の覇王 あらすじ・内容

愛している。でなければ抱かない

「思い知らせてやろう。蹂躙され踏み躙られることの辛さを」
塔で暮らすルーシアはある夜、忍んできた男に未知の快楽と苦痛を与えられる。
だが彼女はその行為の意味を知らなかった。
再度塔を訪れたアヴァンは何も知らないルーシアに様々なものを与え教えてくれるようになる。
アヴァンにまた触れてほしいと願うルーシア。
彼女を大切に思うからこそそれを拒むアヴァンだが、
二人きりの濃密な時間の中、想いは高まってゆき――!?

この作品を共有

「囚われの姫と黒の覇王(ガブリエラ文庫)」最新巻

愛している。でなければ抱かない

「思い知らせてやろう。蹂躙され踏み躙られることの辛さを」
塔で暮らすルーシアはある夜、忍んできた男に未知の快楽と苦痛を与えられる。
だが彼女はその行為の意味を知らなかった。
再度塔を訪れたアヴァンは何も知らないルーシアに様々なものを与え教えてくれるようになる。
アヴァンにまた触れてほしいと願うルーシア。
彼女を大切に思うからこそそれを拒むアヴァンだが、
二人きりの濃密な時間の中、想いは高まってゆき――!?

「囚われの姫と黒の覇王(ガブリエラ文庫)」の作品情報

レーベル
ガブリエラ文庫
出版社
メディアソフト
ジャンル
ライトノベル 女性向け TL
ページ数
246ページ (囚われの姫と黒の覇王)
配信開始日
2015年2月20日 (囚われの姫と黒の覇王)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad