電子書籍 人口学への招待 少子・高齢化はどこまで解明されたか(中公新書) 新書

著: 河野稠果 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

人口学への招待 少子・高齢化はどこまで解明されたか あらすじ・内容

二〇〇五年から始まった日本の人口減少。一〇〇年後には半減と予測されている。北・西ヨーロッパに端を発し、いまや世界人口の半分を覆った少子化は、なぜ進むのか――。急激な人口減少が社会問題化するなか、急速に脚光を浴びる人口学だが、戦前の国策に与したと見られ、近年まで疎んじられてきた。本書は、人口学の入門書として、人口の基礎的な考え方、理論、研究の最前線、少子化のメカニズムなどを平易に解説する。

この作品を共有

「人口学への招待 少子・高齢化はどこまで解明されたか(中公新書)」最新巻

二〇〇五年から始まった日本の人口減少。一〇〇年後には半減と予測されている。北・西ヨーロッパに端を発し、いまや世界人口の半分を覆った少子化は、なぜ進むのか――。急激な人口減少が社会問題化するなか、急速に脚光を浴びる人口学だが、戦前の国策に与したと見られ、近年まで疎んじられてきた。本書は、人口学の入門書として、人口の基礎的な考え方、理論、研究の最前線、少子化のメカニズムなどを平易に解説する。

「人口学への招待 少子・高齢化はどこまで解明されたか(中公新書)」の作品情報

レーベル
中公新書
出版社
中央公論新社
ジャンル
新書 社会 学問
ページ数
335ページ (人口学への招待 少子・高齢化はどこまで解明されたか)
配信開始日
2014年1月10日 (人口学への招待 少子・高齢化はどこまで解明されたか)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad