電子書籍 日本はこうなる 実用

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

2017年 日本はこうなる あらすじ・内容

「2017年の日本」を「86のキーワード」で展望する予測本の決定版!

米国・中国経済の行方から、海外ビジネス・企業経営・働く場・地域・ライフスタイルまで、これ1冊でわかる。

日本経済の先行きを、グローバルな政治経済の変化をふまえつつ予測。
アベノミクスの行方、米国のトランプ現象や英国の混乱が日本にもたらす現象を読み解く。

「海外経済・国際社会」「海外ビジネス」「産業」「企業経営」に加えて、「働く場」「社会・文化」「少子化・高齢化」「地域」「地球環境・エネルギー」のカテゴリーに分けて最新トレンドを解説。86のキーワードについて、わかりやすく、現状と課題を示す。

ビジネスの今後を考える際のヒントが得られるほか、商談にも、上司や同僚との会話にも役立つ「話のネタ」を仕込むのにも最適な1冊。

[主要目次]
巻頭言 金融政策だけでは、資本主義を救済できない
第1部 世界の潮流変化と日本の新たな立ち位置
 1 常識の殻を破れば日本の進む道が見えてくる
 2 景気は持ち直すも、勢いは弱い
 3 世界景気は減速に歯止めも力強さを欠く
 4 原油安は一服、リスク回避がやや弱まるマーケット情勢

 データで読む2017年のトレンド
 2017年に予定されているビッグ・イベント

第2部 2017年を理解するためのキーワード
 2017年のキーワードはこう読む
 1 海外経済・国際社会はこうなる
 2 海外ビジネスはこうなる
 3 産業はこうなる
 4 企業経営はこうなる
 5 働く場はこうなる
 6 社会・文化はこうなる
 7 少子化・高齢化はこうなる
 8 地域はこうなる
 9 地球環境・エネルギーはこうなる
 10 政策はこうなる

この作品を共有

「日本はこうなる」最新刊

これ1冊で最新トレンドがわかる!

ウィズコロナの下での新しい日本の構築からSDGs、行動経済学、気候変動、企業経営まで
今知るべきトレンドと72のキーワードを解説

コロナショックを変革の原動力にできるか


【主要目次】

第1部 新型コロナの下、発想の転換による新しい日本の構築を
 1 新型コロナとの戦いが促す発想の転換
 2 コロナ禍を克服し、日本再生の年に
 3 世界経済は危機から回復、新たな連携を模索
 4 日本の財政は21年度も厳しい状況が続く
 5 マイナス価格後の原油と史上最高値後の金

第2部 2021年のキートレンドを読む
 1 AIと共に創る、データを超える「ストーリー」
 2 SDGsの達成に向けて加速する動き
 3 コロナ共存時代のスマートシティへのシフト
 4 ウィズコロナ――感染症との共生に向けて
 5 進む行動経済学の社会実装
 6 コロナ禍を契機とした脱炭素社会への転換

第3部 2021年を理解するためのキーワード
 【国際社会・海外ビジネス】 新興国経済/米中摩擦/中国共産党建党100周年ほか
 【産業】 自動車業界/循環経済へのパラダイムシフト/スキルシェアサービスほか
 【企業経営】 デジタルHR/テレワーク/ジョブ型雇用ほか
 【働く場】 データアナリティクス/オンライン研修/労働時間管理ほか
 【社会・文化】 ポストコロナの日本酒市場/教育改革/オリンピックに向けた感染症対策ほか
 【少子化・高齢化】 在職老齢年金の見直し/孤立化防止/生活保護ほか
 【地域】 変わる地方の位置付け/地価ほか
 【地球環境・エネルギー】 気候変動対策/再生可能エネルギー/太陽光発電ほか

「日本はこうなる」作品一覧

(5冊)

各1,760(税込)

まとめてカート

「2017年の日本」を「86のキーワード」で展望する予測本の決定版!

米国・中国経済の行方から、海外ビジネス・企業経営・働く場・地域・ライフスタイルまで、これ1冊でわかる。

日本経済の先行きを、グローバルな政治経済の変化をふまえつつ予測。
アベノミクスの行方、米国のトランプ現象や英国の混乱が日本にもたらす現象を読み解く。

「海外経済・国際社会」「海外ビジネス」「産業」「企業経営」に加えて、「働く場」「社会・文化」「少子化・高齢化」「地域」「地球環境・エネルギー」のカテゴリーに分けて最新トレンドを解説。86のキーワードについて、わかりやすく、現状と課題を示す。

ビジネスの今後を考える際のヒントが得られるほか、商談にも、上司や同僚との会話にも役立つ「話のネタ」を仕込むのにも最適な1冊。

[主要目次]
巻頭言 金融政策だけでは、資本主義を救済できない
第1部 世界の潮流変化と日本の新たな立ち位置
 1 常識の殻を破れば日本の進む道が見えてくる
 2 景気は持ち直すも、勢いは弱い
 3 世界景気は減速に歯止めも力強さを欠く
 4 原油安は一服、リスク回避がやや弱まるマーケット情勢

 データで読む2017年のトレンド
 2017年に予定されているビッグ・イベント

第2部 2017年を理解するためのキーワード
 2017年のキーワードはこう読む
 1 海外経済・国際社会はこうなる
 2 海外ビジネスはこうなる
 3 産業はこうなる
 4 企業経営はこうなる
 5 働く場はこうなる
 6 社会・文化はこうなる
 7 少子化・高齢化はこうなる
 8 地域はこうなる
 9 地球環境・エネルギーはこうなる
 10 政策はこうなる

「2018年の日本」を「86のキーワード」で展望する予測本の決定版!

日本経済の行方から働き方改革、外国人雇用、AI・IoT・ロボットまで、これ1冊で最新トレンドがわかる。

「国際社会・海外ビジネス」「産業」「企業経営」に加えて、「働く場」「社会・文化」「少子化・高齢化」「地域」「地球環境・エネルギー」のカテゴリーに分けて最新トレンドを解説。86のキーワードについて、わかりやすく、現状と課題を示す。

ビジネスの今後を考える際のヒントが得られるほか、商談にも、上司や同僚との会話にも役立つ「話のネタ」を仕込むのにも最適な1冊。

【主要目次】
巻頭言 「英国のEU離脱」から日本が学ぶべきこと
第1部 混迷の中で見えてきた出口の灯り
1…もう先送りは許されないアベノミクスの総決算
2…下振れリスクを抱えつつも、景気の回復が続く
3…世界景気は堅調な流れが続き、金利も上昇へ
4…原油はボックス圏が長期化、国際商品は適温相場

データで読む2018年のトレンド 生産性向上が真の課題 「働き方改革」はこうなる
2018年に予定されているビッグ・イベント

第2部 2018年を理解するためのキーワード
【国際社会・海外ビジネス】 米国の政治・経済/欧州政治ほか
【産業】 規制改革/アクセラレータープログラム/ブロックチェーン×IoTほか
【企業経営】 ファミリービジネス/事業承継ほか
【働く場】 非正規雇用/柔軟な働き方/AIと雇用ほか
【社会・文化】 時短消費/民泊法施行/障害者の社会参加ほか
【少子化・高齢化】 診療報酬・介護報酬の同時改定ほか
【地域】 関西経済/名古屋再開発/地方創生交付金ほか
【地球環境・エネルギー】 パリ協定/緑の気候基金ほか

これ1冊で最新トレンドがわかる!

激動のグローバル経済から、人工知能(AI)、SDGs、働き方改革、企業経営、地域まで
今知るべき85のテーマを解説

人工知能(AI)、SDGs、働き方改革の3つのキートレンドについて詳説。「国際社会・海外ビジネス」「産業」「企業経営」「働く場」「社会・文化」「少子化・高齢化」「地域」「地球環境・エネルギー」のカテゴリーに分け、85のキーワードについて、現状と課題を示す。

ビジネスの今後を考える際のヒントが得られるほか、「話のネタ」を仕込むのにも最適な1冊。

「日本はこうなる」の作品情報

レーベル
――
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
実用 経済
ページ数
482ページ (2017年 日本はこうなる)
配信開始日
2016年11月18日 (2017年 日本はこうなる)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad