電子書籍 3・11後の日本のために : 啄木と賢治の里で考えたこと 文芸

著: 青木矩彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

3・11後の日本のために 啄木と賢治の里で考えたこと あらすじ・内容

宮沢賢治に遅れること100年、漸く私たち日本人は彼の全体(科学・宗教・作品)が解るようになった。彼の立ち位置・地平・風景を今共有しよう。3・11後の昏迷を啓く方途がそこにある。

この作品を共有

「3・11後の日本のために : 啄木と賢治の里で考えたこと」最新刊

宮沢賢治に遅れること100年、漸く私たち日本人は彼の全体(科学・宗教・作品)が解るようになった。彼の立ち位置・地平・風景を今共有しよう。3・11後の昏迷を啓く方途がそこにある。

「3・11後の日本のために : 啄木と賢治の里で考えたこと」の作品情報

レーベル
――
出版社
近代文藝社
ジャンル
文芸 エッセイ 日本文学
ページ数
277ページ (3・11後の日本のために 啄木と賢治の里で考えたこと)
配信開始日
2016年12月1日 (3・11後の日本のために 啄木と賢治の里で考えたこと)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad