電子書籍 「お前のご奉仕はその程度か?」シリーズ ラノベ

限定特典あり 完結
著者: 森田季節  イラストレーター: 尾崎弘宜 
みんなの★
3.5

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

お前のご奉仕はその程度か? あらすじ・内容

日本の中に吸血鬼の帝国が建国!? 見た目だけはかわいい吸血鬼のご主人様と従僕な少年のボーイ・ミーツ・ヴァンパイア・ラブコメディ!

「わからないヤツだな!いいかげん、ご主人様の気持ちに気づけ!良太にはご奉仕の精神が足りない!」 「えーい、むやみに俺を噛むな!それと首輪を引っぱるな!」 高校生・朝霧良太が迷い込んだ街は日本から独立した吸血鬼の帝国!? そこで吸血鬼の少女・冬倉詩憐と出会った良太は、詩憐に噛まれてしまい、一生ご奉仕するはめに!? 結局日本人のまま詩憐のミニオン(候補)として仕えることで許しを得たものの、帝国で唯一の日本人なため、今度は多くの血族の少女たちに狙われるようになってしまう! ご主人様な吸血鬼の少女と従僕な少年の、ボーイ・ミーツ・ヴァンパイア・ラブコメディ! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この作品を共有

「「お前のご奉仕はその程度か?」シリーズ 」作品一覧

(7冊)

660〜671(税込)

まとめてカート

「良太、ごめん」 良太たちのいる帝国から姿を消した詩憐。しかし、詩憐は、母、采理の思惑により、新しくできた、もう一つの帝国――神聖血族帝国の皇帝となってしまった! 「血を吸わせなさい、良太。ちゃんと……アタシのものになりなさい」 王花のミニオンになった良太の周りでは、詩憐のいなくなった日常がはじまる。そして、新帝国では詩憐の新しい豪華な日常がはじまっていた……。そんな詩憐に清水は語る。「自分の幸せが何かもわかってない奴ほど愚かな奴はそういないですぅ」 ボーイ・ミーツ・ヴァンパイア・ラブコメディ、クライマックスの第7弾! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください