電子書籍 集合知とは何か ネット時代の「知」のゆくえ(中公新書) 新書

著: 西垣通 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

集合知とは何か ネット時代の「知」のゆくえ あらすじ・内容

インターネットの普及以来、アカデミズムの中核を成してきた専門知が凋落する中で、集合知が注目を集めている。このネット上に出現した多数のアマチュアによる知の集積は、いかなる可能性をもち、社会をどのように変えようとしているのか。基礎情報学を中軸に据え、哲学からサイバネティクス、脳科学まで脱領域的に横断しつつ、二一世紀の知のあり方を問い、情報社会の近未来をダイナミックに展望する。

この作品を共有

「集合知とは何か ネット時代の「知」のゆくえ(中公新書)」最新巻

インターネットの普及以来、アカデミズムの中核を成してきた専門知が凋落する中で、集合知が注目を集めている。このネット上に出現した多数のアマチュアによる知の集積は、いかなる可能性をもち、社会をどのように変えようとしているのか。基礎情報学を中軸に据え、哲学からサイバネティクス、脳科学まで脱領域的に横断しつつ、二一世紀の知のあり方を問い、情報社会の近未来をダイナミックに展望する。

「集合知とは何か ネット時代の「知」のゆくえ(中公新書)」の作品情報

レーベル
中公新書
出版社
中央公論新社
ジャンル
新書 ビジネス
ページ数
208ページ (集合知とは何か ネット時代の「知」のゆくえ)
配信開始日
2017年1月6日 (集合知とは何か ネット時代の「知」のゆくえ)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad