電子書籍 星の王子と汚れた天使 文芸

著者: ミーガン・ハート  翻訳者: 杉本ユミ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

星の王子と汚れた天使――身体から始まる最後の恋 上 あらすじ・内容

今年イチオシのエロティカ作家ミーガン・ハートが贈る、痛いけどキュンとして、切ないけど濡れる――孤独なエルの、愛と癒やしのラブストーリー。

★今年イチオシのエロティカ作家ミーガン・ハートが贈る、痛いけどキュンとして、切ないけど濡れる――孤独なエルの、愛と癒やしのラブストーリー。★話しかけてきたのは彼のほう。私をじっと見つめ、ウイスキーを勧め、家まで送っておきながら、指一本触れずに帰った。忘れられなかった彼に再びでくわしたとき、私はもう時間を無駄にはしなかった。混み合ったダンスフロアで、スカートに手を入れ、濡れた襞をなぞり、大音響とブルーのネオンに紛れて私をイカせるのを許した。彼はキスをしようとし、私は顔を背けた。私は誰ともつき合わないし、誰ともキスしない。そういう親密なことはしない、人混みでセックスはしても。だけど、ダンと名乗った彼に名前を訊かれたとき、わたしはいつものように偽名を告げなかった。彼が「また会いたい」と言ったとき、わたしはいつものように断らなかった。なぜかはまだ、わからなかったけれど。

この作品を共有

「星の王子と汚れた天使」最新巻

★孤独なエルに、ダンを愛することはできるのか。あの忌まわしい記憶から、解き放たれる日は来るのか――愛と痛み、許しと再生の物語は、いよいよクライマックスへ。★私はついにダンの唇にキスをした。最初はついばむほどに、やがて我を忘れるほど深く。彼は私をきれいにしてくれた。あんなことがあっても、私は汚くなんかないんだと思わせてくれた。そして、私の手首の傷を撫でながら、なんでもないことのように言ってくれたのだ。「誰にでも傷はあるんだよ、エル。生きてきた証拠じゃないのかな」と。彼を失いたくない。けれど、私にはどうやって普通の恋愛をすればいいのかが皆目わからない。セックスはさせても、本当の意味では中に入れてくれない、とダンは言う。彼の愛に責められ、私は壁に追い詰められた。壁を壊す方法はただひとつ……私は、あの日私を染めた血と同じ色をした薔薇を手に、兄の墓へ向かった。

「星の王子と汚れた天使」作品一覧

(3冊)

200円〜300円(+税)

まとめてカート

★今年イチオシのエロティカ作家ミーガン・ハートが贈る、痛いけどキュンとして、切ないけど濡れる――孤独なエルの、愛と癒やしのラブストーリー。★話しかけてきたのは彼のほう。私をじっと見つめ、ウイスキーを勧め、家まで送っておきながら、指一本触れずに帰った。忘れられなかった彼に再びでくわしたとき、私はもう時間を無駄にはしなかった。混み合ったダンスフロアで、スカートに手を入れ、濡れた襞をなぞり、大音響とブルーのネオンに紛れて私をイカせるのを許した。彼はキスをしようとし、私は顔を背けた。私は誰ともつき合わないし、誰ともキスしない。そういう親密なことはしない、人混みでセックスはしても。だけど、ダンと名乗った彼に名前を訊かれたとき、わたしはいつものように偽名を告げなかった。彼が「また会いたい」と言ったとき、わたしはいつものように断らなかった。なぜかはまだ、わからなかったけれど。

★忘れるためだけに、男なら誰にでも抱かせた――そんな日々に別れを告げてから3年2カ月10日。孤独なエルが出会ったのは、高級スーツに身を包み、ネクタイをなびかせた星の王子さま。★お互い、決して深入りしないこと。この関係に、執着しないこと。それだけをはっきりさせて、私はダンについていった。あるときは化粧室の奥で冷たいタイルに押しつけられ、またあるときはパーティのクロークルームに吊され、ときには別の男性を交えて3人で、私はダンの求めるままに乱れた。そうするのが好きだった。めくるめく快感の中ですべてを忘れることができたから。いまだに唇へのキスを受け入れることができなくても、ダンは何も言わなかった。私には秘密が、話していないことがあると感じていても、彼は何も訊かなかった。けれど2人とも気づいていた。私たちの間には、次第にただの肉欲以外のものが育ちつつあると。私が踏みこめずにいながらも、拒絶しきれずにいた、恐ろしいものが……。

★孤独なエルに、ダンを愛することはできるのか。あの忌まわしい記憶から、解き放たれる日は来るのか――愛と痛み、許しと再生の物語は、いよいよクライマックスへ。★私はついにダンの唇にキスをした。最初はついばむほどに、やがて我を忘れるほど深く。彼は私をきれいにしてくれた。あんなことがあっても、私は汚くなんかないんだと思わせてくれた。そして、私の手首の傷を撫でながら、なんでもないことのように言ってくれたのだ。「誰にでも傷はあるんだよ、エル。生きてきた証拠じゃないのかな」と。彼を失いたくない。けれど、私にはどうやって普通の恋愛をすればいいのかが皆目わからない。セックスはさせても、本当の意味では中に入れてくれない、とダンは言う。彼の愛に責められ、私は壁に追い詰められた。壁を壊す方法はただひとつ……私は、あの日私を染めた血と同じ色をした薔薇を手に、兄の墓へ向かった。

「星の王子と汚れた天使」の作品情報

レーベル
ハーレクイン・デジタル
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸 ハーレクイン(小説)
ページ数
108ページ (星の王子と汚れた天使――身体から始まる最後の恋 上)
配信開始日
2013年11月14日 (星の王子と汚れた天使――身体から始まる最後の恋 上)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad