電子書籍 剣は知っていた 文芸

著: 柴田錬三郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

剣は知っていた(一) あらすじ・内容

剣をとっては天下無双、美貌の眉殿喬之介の、憂愁をたたえながら、怨恨と名利を捨てて人間の真の幸福に生きようとする波乱の半生を、家康の娘鮎姫との清冽な恋をからませて描く。乱世を生きる剣客の凄絶な死闘と、戦国に輝く烈しく美しい人間性を描いた絶讃の時代小説の第一巻。

この作品を共有

「剣は知っていた」最新巻

剣をとっては天下無双、美貌の眉殿喬之介の、憂愁をたたえながら、怨恨と名利を捨てて人間の真の幸福に生きようとする波乱の半生を、家康の娘鮎姫との清冽な恋をからませて描く絶讃の時代小説の完結編。舞台は落城した小田原から江戸へ移り、さらに雄大なスケールで展開する。乱世を生きる剣客の凄絶な死闘と、烈しく美しい人間性を描いた名作である。

「剣は知っていた」作品一覧

(4冊)

各350円 (+税)

まとめてカート

剣をとっては天下無双、美貌の眉殿喬之介の、憂愁をたたえながら、怨恨と名利を捨てて人間の真の幸福に生きようとする波乱の半生を、家康の娘鮎姫との清冽な恋をからませて描く。乱世を生きる剣客の凄絶な死闘と、戦国に輝く烈しく美しい人間性を描いた絶讃の時代小説の第一巻。

剣をとっては天下無双、美貌の眉殿喬之介の、憂愁をたたえながら、怨恨と名利を捨てて人間の真の幸福に生きようとする波乱の半生を、家康の娘鮎姫との清冽な恋をからませて描いた絶讃の時代小説の第二巻。再会し、将来を誓い合う二人だが、行く手には様々な困難が待ち受けていた。

剣をとっては天下無双、美貌の眉殿喬之介の、憂愁をたたえながら、怨恨と名利を捨てて人間の真の幸福に生きようとする波乱の半生を、家康の娘鮎姫との清冽な恋をからませて描いた絶讃の時代小説の第三巻。喬之介と鮎姫の恋は鮎姫の父・徳川家康の手で引き裂かれてしまうが、深く結ばれた二人の心は、さらに烈しく求め合う。

「剣は知っていた」の作品情報

レーベル
新潮文庫
出版社
新潮社
ジャンル
文芸 時代小説 歴史
ページ数
250ページ (剣は知っていた(一))
配信開始日
2017年2月1日 (剣は知っていた(一))
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad