セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

3日間限定!文芸のほぼ全作品コイン33倍

はじめてのお客さまへ

女性向けライトノベル電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

女性向けライトノベル関連タグ

女性向けライトノベルの日間ランキング

ランキング一覧へ

ついに明らかになる夫の秘密──仮面夫婦の恋のなれそめ完結!

レイデ夫妻のなれそめ5 君がもたらした新世界

恐怖の記憶をなくした妻リナレーアと、妻を失う恐怖にギリギリの精神バランスを保っている夫ザイラス。お互いの愛はさらに深まっているが、愛ゆえに危ういバランスを保つレイデ夫妻。そんな中、夫の過去──魔物の父に母を食べられた現場にリナレーアがいたことが判明! リナの心の一部を食べたのはザイラスの父だった! そしてその場には「魔物解放団」の現在の首領──あの人物もそばにいた!! それはリナのとても身近な人物で──!? 仮面夫婦の恋のなれそめ、感動の完結巻!

続きを読む

折りたたむ

レイデ夫妻のなれそめ5 君がもたらした新世界

山咲黒/アオイ冬子KADOKAWA / エンターブレイン

鋼将軍の銀色花嫁

生まれながらに異形の手を持ち、十八年間、実の父に幽閉されてきた伯爵令嬢シルヴィア。そんな彼女に結婚を申し込んだのは、勇猛果敢と名高き、北国の『鋼将軍』ハロルド。己の手のことを隠しての政略結婚、その上強面で何やら怖い態度をとる婚約者に、シルヴィアはただただ怯えるばかり。だがこのハロルド、実はシルヴィアにぞっこん一目ぼれ! 暴走しそうな想いを堪えるため、なかなか声もかけられずにいたけれど――? 様々な運命の中、とびきりピュアな恋が花開く!? 雪と魔法の世界で繰り広げられるファンタジーロマンス!

続きを読む

折りたたむ

鋼将軍の銀色花嫁

小桜けい/小禄アルファポリス

旦那様は魔法使い

アニエスは、自然豊かな美しい島でパン屋を営んでいる。そんな彼女の旦那様は、なんと魔法使い! 優しくて頼りがいのある彼だけど、淫らな魔法で彼女を翻弄することも……。甘い悪戯にちょっぴり困りつつ、アニエスは幸せいっぱいの日々を送っていた。そんなある日、島にやってきた新しい領主様。彼はアニエスに一目惚れし、我がものにしようと罠をしかけてきて――!? 新婚夫婦のいちゃラブマジカルファンタジー!

続きを読む

折りたたむ

旦那様は魔法使い

なかゆんきなこ/泉ミてーぬアルファポリス

転生幼妻、夫の胃袋より先に――真相つかんじゃいました!?

なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 なんちゃってシンデレラ、はじめました。【電子特典付き】

夫ナディルの遠征中、アルティリエの侍女リリアが攫われた! 
一連の事件の鍵を握る人物からの呼び出しだと悟ったアルティリエは、自作の菓子と【夫の手紙】をお守りに「絶対出るな」と言われた王太子宮を抜け出すことに。
そんな彼女の前に現れた驚きの人物とは……!? 
アルティリエ出生の秘密も明らかに!? 
元お菓子職人(パティシエール)転生幼妻の餌付け計画第一章クライマックス!
【電子限定!書き下ろし短編付き】 第一章終了後、王太子が幼妻の餌付けにメロメロ(?)になっている様子を描いた「すべての『好き』を花束にして」を収録!

続きを読む

折りたたむ

あなたが溺愛する元聖剣ですが、とにかくその愛、重すぎるんです!!!

聖剣が人間に転生してみたら、勇者に偏愛されて困っています。

聖剣エクセルティーアの生まれ変わりであるルティアは、ギルドで働く普通の女の子。
ある日、元の持ち主・勇者アシュアルドがギルドにやってきた! 
実はエクセルティーアは、魔王との戦いで折れ、聖剣としての役目を終えていたのだ。
なのに彼は、未だ手元に置いていた。
風呂に入る時も寝る時も大事に抱いて……。
私が転生した姿だとバレたら、この溺愛どうなるの!?

続きを読む

折りたたむ

聖剣が人間に転生してみたら、勇者に偏愛されて困っています。

富樫聖夜/カスカベアキラKADOKAWA / エンターブレイン

ぶっ飛び令嬢の、ときめき(?)男装ラブコメ登場!!

暴走令嬢の恋する騎士団生活

伯爵令嬢アシュリーは、憧れの騎士クライヴに人生を注ぐと決めていた。
だが、別の男との婚約が成立。
どうしてもクライヴを諦められないアシュリーは「彼の吐いた息が吸える距離まで近づきたい……」と輿入れまでの一年間、男装して騎士団に潜り込むことに!
「あなたのシャツを洗濯した水を、僕に飲ませてください!!」
「寄るな変態!」暴走令嬢の明日はどっちだ!?

続きを読む

折りたたむ

暴走令嬢の恋する騎士団生活

夏野 ちより/山下ナナオKADOKAWA / エンターブレイン

ページ先頭へ

本文の終わりです