セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

女性向けライトノベル電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

女性向けライトノベル関連タグ

女性向けライトノベルのロングセラーランキング

ランキング一覧へ

東宮妃・塔子の立場がひっくり返る!? 宮中陰謀編・第八宴!

なりゆき斎王の入内8 ~侍う路は、いといみじなり~

東宮・明槻の父である上皇の妻・三条女御が懐妊――。
ともすれば、妃のいない明槻の立場が危うい状況となり、入内を待つ身だった塔子も複雑な心境だ。
そんななか、上皇と女御の娘の袴着に明槻が袴着親として呼ばれ、塔子も参加。
しかしその祝席で、塔子は三条女御に異様な敵意を向けられ、得体の知れない不安を覚える。
しかも原因は、上皇にあることが分かり……!?

続きを読む

折りたたむ

なりゆき斎王の入内8 ~侍う路は、いといみじなり~

小田菜摘/凪かすみKADOKAWA / エンターブレイン

兄が行方不明――!? 最強王女が向かう先は“古の力”が残る砂漠の国!

おこぼれ姫と円卓の騎士12 女神の警告

フリートヘルムが、ウルク帝国の砂漠で消息不明――。知らせを受けた未来の女王レティーツィアは、兄の行方を探しに“砂漠の女神”神話が残る南の大国へ。ところが道中【奇妙な砂嵐】に遭い、騎士達と離れ離れに!――「この国は、何かがおかしい」違和感を抱きつつも、どうにか帝都に到着したレティは、ウルク帝国の皇子に助力を求めるが……!? 最強女王伝説第12弾!

続きを読む

折りたたむ

おこぼれ姫と円卓の騎士12 女神の警告

石田リンネ/起家一子KADOKAWA / エンターブレイン

ハーフ・クラウン 氷の王女と緋色の約束

とある事情で男装せざるを得なかったユフィと、彼女にベタ惚れだったヴィンセントが結婚し、レイジエルド王国の共同統治者となって1ヶ月余り。二人は不器用ながらも仲睦まじい新婚生活を送っていた。そんなある日、捕縛された不審者は元「王位継承者」のガウェインで!? しかも彼がユフィのことを好きだったと衝撃告白したものだから、ヴィンセントは心中穏やかではいられず…!?

続きを読む

折りたたむ

ド庶民と皇子様が、ついに結婚――!! 注:今度は(仮)じゃありません。

(仮)花嫁のやんごとなき事情12~結婚できたら大団円!~

無事クロウと離婚したフェルは、孤児院に戻っていた。
変わったことといえば、商路建設に関わる職に就き、お給金が(だいぶ)上がったこと。
彼とはド庶民と皇子様。二度と会うこともない……
と思ってたのに、出張先の異国でまさかの再会――!?
「残念。逃げる獲物は追いかけて押さえ込むのが趣味なんだ」
鬼畜皇子が我慢の限界!? 離婚ラブコメ、涙と笑いの最終巻!

続きを読む

折りたたむ

(仮)花嫁のやんごとなき事情12~結婚できたら大団円!~

夕鷺かのう/山下ナナオKADOKAWA / エンターブレイン

FCルルルnovels 新装版 舞姫恋風伝

ルルル文庫大人気シリーズ「舞姫恋風伝」が、書き下ろし短編を加えてFCルルルnovels版で登場!

陰謀がうずまく宮廷で太子殿下と舞姫の恋を描いた中華ファンタジー小説。挿絵は『黎明のアルカナ』が人気のまんが家・藤間麗が描く!

 明るい愛鈴は帝達のために舞う妓女。不作の年に家族の生活を助けるために売られてきた。月の輝くある夜、太子殿下の慧俊に出逢った愛鈴。慧俊は帝の後継者と目される人物。愛鈴は、身分が低いため貴族出身の妓女仲間にこき使われる日々。交わるはずの無かった二人の運命が交錯しはじめる。愛鈴は、禁じられていると知りながら、慧俊に心の奥底で惹かれていく。愛鈴が幻の舞「雪月梅花」を慧俊のために舞ったそのとき、愛鈴と慧俊の運命が激流に飲み込まれていき・・・。
 ときめきのドラマチックファンタジー。藤間麗の美しい絵が、物語に彩りを添えます。FCルルルnovelsで新装版刊行にあたり、ルルル文庫では読めなかった書き下ろし短編も新規に収録。ファンにも必見の一冊です。

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

続きを読む

折りたたむ

FCルルルnovels 新装版 舞姫恋風伝

深山くのえ/藤間麗小学館

聖裔の花嫁 すれ違う恋は政変前夜に

裕福な貿易商の娘メラルは、父が横領罪で捕えられたことを契機に、法律家の長イスメトのもとで侍女をしていた。しかし突然、聖裔であるルトフィーの屋敷の侍女に任ぜられる。聖裔とは、エルトゥールル帝国の奉じるディン教において預言者の子孫にあたる聖人で、貴族以上の特権を与えられた存在だ。だが言われた先を訪ねると、そこは古びれた民家。そして聖裔だというその男は、容姿こそ美しいもののどこか偏屈で冷たかった。

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです