セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

女性向けラノベ電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

女性向けラノベのランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

『おこぼれ姫』の石田リンネ先生最新作は中華版シンデレラストーリー!

茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず

「物覚えがいい」という特技を持つ後宮の女官・茉莉花(まつりか)が、その能力を皇帝・珀陽(はくよう)に見初められ、平民から一転して皇帝の側近になるかも!?という物語です。
ちなみに茉莉花の物覚えのよさがどれくらいかというと、一瞬だけ見たひったくり犯の服の刺繍まで把握できる、一回読んだだけで本の中身を暗唱できる、などなど。
この能力が大した事ないと思っている茉莉花……マジか。
女官であること以上は望まず生きてきた茉莉花にとっては、自分の能力はお役立ち機能程度で十分なのです。

しかしそんな茉莉花の能力を花開かせたい珀陽さまに、半強制的に太学に編入させられ、文官登用試験である“科挙試験”に合格してこいと…!
理不尽キタコレ。珀陽さま、普段やわらかい雰囲気なのでこういうときに迫力が増します。

そんなわけで太学に通いはじめた茉莉花が、さまざまな出来事の末に彼女が出した結論とは…!?
最初は珀陽ペースですが、中盤には茉莉花の行動や台詞に翻弄される珀陽が見られたりと、なんだかかわいい関係の二人。
今後どう発展していくのかが非常に気になる作品です。

続きを読む

折りたたむ

byみゆう  (BOOK☆WALKER スタッフ)

茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず

石田リンネ/IzumiKADOKAWA / エンターブレイン

田舎娘がお妃様に成り上がり!※ただし三ヶ月に一回しか王に会えません。

31番目のお妃様【電子特典付き】

いろいろな経緯により31番目のお妃様(候補)に選ばれた田舎娘フェリア。
“31番目”が特殊な番号であるため、妃(候補)なのに三ヶ月に一回しか王に会うことができません。

まあ、もともと田舎娘のフェリアさんは、妃の座にそんなに興味はない様子。
妃邸で暮らすことになっても、王宮から用意される侍女を断り、荒れ放題な庭を畑に変え、薬草を育て、料理、裁縫、その他もろもろ。
力仕事から内職作業まで、普通の妃だったら絶対やらないようなことを全部自力でこなして、たくましく三ヶ月過ごしていたら、勝手し放題な貴族娘たちとの逢瀬に疲弊していたマクロン王に見初められました。

いや…主人公特権でなんだかんだ三ヶ月待たずに出会いがあるものだと思っていたら、本当に三ヶ月間出会わなかった…。
このシーンに到達したときの、やっと…やっと出会えた…という感覚がすごいです。
そしてこれ以降のふたりの文通とか会話とかがね…。甘い。最高。

他にも、フェリアと貴族娘たちとのやりとりが清々しい!とか、兵士達に慕われるのも納得!とか語りたいことは色々ありますが、それらはぜひ、読んでご堪能ください!

続きを読む

折りたたむ

byみゆう  (BOOK☆WALKER スタッフ)

31番目のお妃様【電子特典付き】

桃巴/山下ナナオKADOKAWA / エンターブレイン

女性向けラノベ関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです