セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

女性向けライトノベル電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

女性向けライトノベル関連タグ

女性向けライトノベルの日間ランキング

ランキング一覧へ

魔導師は平凡を望む 1

ある日、唐突に異世界トリップした香坂御月 (こうさか・みづき)は、非凡(天才?)×眉目秀麗――だけど壮絶な残念要素を持つ者たちが多数存在する、アンバランスな実力至上主義国に保護されることとなる。魔法の才能と持ち前の鬼畜さから、イケメン騎士に惚れ込まれてしまったミヅキは、そこからなし崩し的にトラブルに巻き込まれることに……!? 確かに見た目はいいし家柄も素晴らしいけど、どうしてこうもマイナス要素がある難有り美形ばかりが集まるのだろうか……!? 非凡に片足を突っ込みながらも普通の人(=平凡)を望むミヅキと、個性あふれるイケメン達が織りなす鬼畜ヒロイン系異世界ファンタジー。

続きを読む

折りたたむ

魔導師は平凡を望む 1

広瀬煉/11(といち)アリアンローズ

魔導師は平凡を望む 10

城と教会で策を巡らせ、バラクシンの諸悪の根源、教会派貴族たちを追い詰めたミヅキ。それでも反省しない教会派貴族たちに待っていたのは、鬼畜魔導師が仕掛けた教会派に属する騎士への報復――王公認のイベント――だった!?さまざまな思惑の中、その状況をも逆手に取り、ミヅキは躊躇いなく本領を発揮する。聖人様の力の籠ったお説教もミヅキの協力と助言で妙な方向に……!?「無駄に細かい計画の下、ターゲットを追い込む過程が楽しいんじゃないか!」
ドS魔導師が送る異世界ファンタジー、待望の第十弾、ここに登場!

続きを読む

折りたたむ

魔導師は平凡を望む 10

広瀬煉/11(といち)アリアンローズ

シャルパンティエの雑貨屋さん 4

シャルパンティエ領の雑貨屋「地竜の瞳商会」のジネットは何でも全力で頑張る店長。領主ユリウスの筆頭家臣の仕事もあり大忙し! 順調に領民も冒険者も増える中でユリウスの冒険仲間が勢揃いって、何やらトラブルの予感的中! 年に一度の大切なお祭りの準備もある上に、突如発生した魔物退治の後方支援もあって、ジネットの悩みは尽きない。ユリウスとの関係も進展したはずが、領主の仕事で忙しくジネットのお店で会う機会がどんどん減り、徐々に寂しさと彼への想いを募らせていくジネットだけど……。 大人気お店屋さんファンタジー第4幕、開店!

続きを読む

折りたたむ

シャルパンティエの雑貨屋さん 4

大橋和代/ユウノアリアンローズ

転生不幸 ~異世界孤児は成り上がる~ 2

目の前に楽しいことがあるのに、じっとなんてしていられない――! 異世界に転生してしまった元研究者のエメ。苦難の連続だってなんのその。前世の知恵をフル活用して成り上がりの真っ最中。そんな中、好奇心旺盛な彼女は、限られた人しか使えない魔法を学ぶべく、姉・リディルと共に王都を目指す。知らないことを学べるなんて、きっとステキな学園生活……となるはずが、同級生はワガママな貴族たちに…王子様!? 「なにこれフラグ?」 エメに平穏な生活は訪れるのか!?ちょっぴりの悪知恵と前世の記憶で未来を切り開く、転生孤児の成長ストーリー第2巻!

続きを読む

折りたたむ

共犯者になるなら守ってやる――暴君指揮者と“婚約”の結末は!?

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト

“養護院出身の伯爵令嬢”にして、新人バイオリニストのミレア。そんな彼女が、「音楽の邪魔になる求婚者よけ」という利害が一致し、公爵家の跡取りで、気鋭の指揮者でもあるアルベルトと仮婚約することに……!!

続きを読む

折りたたむ

【特典付き】シャルパンティエの雑貨屋さん 2

☆アリアンローズ2周年記念ショートストーリー付限定版。やっとの思いで開店した「地竜の瞳商会」。シャルパンティエ領にある雑貨屋さんの店主ジネットは、今日も元気に働いています。シャルパンティエ領はまだまだ開拓の途中。ジネットは雑貨屋さんの切り盛りをしながら、領主ユリウスを支えていく。そこへ思わぬ来訪者、妹・アレットが登場。姉に感化されたというアレットは薬草師として即戦力! パン屋のディータ・イーダ兄妹や元ギルドマスターも領民に加わり、シャルパンティエ領はにわかに活気づく。そんな中、虹色熱という魔法病の緊急事態発生! 厳冬期で領外から薬を取り寄せることはできない。しかしジネットはあきらめない。彼女は雑貨屋さんならではの奇策で打開を目指す!いよいよ本格始動する雑貨屋さんストーリー、第2幕ここに開店!

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです