セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

アニメ電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

アニメのランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

「美人」だからと、許されるのは「男」にだけだよ。

白ゆき姫殺人事件

著者はプロットが秀逸といわれておりますが、むしろ殺人のプロセスよりも動機を描くのがうまいと思っております。
お話しは、殺された被害者(白ゆき姫)の知人等のインタビューを通して、真相を解いていくミステリー。よって本人がどういう人物かは語り部によって印象が変わる。ある人にとっては聖女だけど、ある人にとっては悪魔。そんな無責任な被害者像が、メディアやネットを通してどんどん膨らんでいく。ネットって怖いよねといろんな人が感想を書いていますが、むしろ女って怖いよね。とブルブルしちゃいました。あ、本の要所要所に挟みこんでいる、貴社のブログやみんなのツイッターや週刊誌の記事がより現実感を誘います。ヒーッ。

続きを読む

折りたたむ

byお花某  (BOOK☆WALKER スタッフ)

人は見た目が9割…ではないという話

エンジェル伝説 1

最初は顔が凶暴すぎるけど心根はやさしい北野くんが、誤解につぐ誤解から最凶最悪の大番長として学校に君臨してしまうという、出オチ的マンガでした。
にもかかわらず、本来読み切り一本程度で終わるネタをふくらませ、月刊ジャンプの看板として7年にも渡る長期連載に仕立て上げた八木先生が剛腕すぎます。
結局北野くんに対する学校のみんなの誤解は一切解けず、彼を慕う北野軍団の結束だけが強まる結果に終わるわけですが、その軍団にしても黒田や竹久ら男連中は最後まで勘違いしたまま。
北野くんが不良でないことをわかっているのは2人のヒロイン、小磯良子と白滝幾?だけという、男の本当の良さにちゃんと気付けるのは女の子だけなんだぞ(ハート)的裏テーマに心がささくれ立ちます。

続きを読む

折りたたむ

byコミタンM  (BOOK☆WALKER スタッフ)

アニメ関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです