セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

時代小説電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

時代小説関連タグ

時代小説の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

時代小説一覧へ

出世侍(四) 正直者が損をする

旗本の小出家で、上役の悪辣な妨害にも負けず職務と武芸に励む川端藤吉。真っ直ぐなその姿に当主の信頼も厚く、頭角を現していく。ある日、新御番衆の旗本、香坂平内から婿入りの誘いが掛かる。香坂家は将軍御目見の地位にあり、藤吉には更なる出世となるのだが、平内の娘の楓は、重い病で明日をもしれぬ命だった――。悲痛のシリーズ第四弾。

続きを読む

折りたたむ

鬼麿斬人剣

山中に捨てられ、長じて名刀工・源清麿に師事した巨躯の野人・鬼麿は、亡き師が心ならずも遺した数打ちの駄刀を諸国に捜し、切り捨てる旅に出た。様(ためし)剣術独特の構えから繰り出されるその長刀は、人も刀も石をも鉄も瞬時に切り裂く。中山道、野麦街道、丹波路、山陰道と、師の足跡を追い、女を惹きつけ、伊賀者に追われつつ、異色のヒーローが繰り広げる斬人剣八番勝負。

続きを読む

折りたたむ

鬼麿斬人剣

隆慶一郎新潮社

嘉吉の乱によって敗亡してより15年。南朝の帝を討ち、神璽を奪還することで主家再興を図ろうと、赤松遺臣たちは吉野へ潜入する。渾身の筆で描く本格歴史長篇小説。

悪党の戦旗 嘉吉の乱始末

南朝に奪い去られた神璽を取り返せ! 将軍足利義教を暗殺した赤松満祐は、幕府軍の追討をうけて敗北──。主家再興を図る赤松遺臣たちの忍従の戦いを描く歴史小説。

続きを読む

折りたたむ

悪党の戦旗 嘉吉の乱始末

岩井三四二KADOKAWA / 中経出版

「牢人斬り」ながら名を轟かせた異能の剣豪の生涯

蝙蝠の剣 剣鬼・松林蝙也斎

千曲川のほとりで石を打ち、石を跳ぶ。侍になりたかった。少年の名は左馬。身寄りがなく松林家に引き取られていた。中村泉十郎に剣術を学ぶ。だが、泉十郎が仇討に遭い、武者修業の旅に出る。この年、慶長十五年。関ヶ原の合戦より十年が過ぎていた。やがて江戸で町奉行に雇われ、牢人斬りに…。斬って斬って斬りまくった。だが、胸のつかえが降りない。このつかえを降ろしてくれるのは女の肌だけだ。のち将軍家光に秘術「足譚」を披露。「身の軽きこと蝙蝠の如し」と讃えられた、異彩を放つ寛永剣士ここに登場!

続きを読む

折りたたむ

子分は将軍様   信弥と吉宗

「織田さまっ」──ひとりの浪人の前で、そう呼びかけた大男が腰を折る。このふたり、どうやら旧知の仲のようだが、共にただ者ではなかった。何を隠そう、大男は城を抜け出した八代将軍・徳川吉宗、そして、織田さまと呼ばれた浪人は、本名を織田信三郎信弥といい、かの天下人、織田信長の直系子孫にあたる高貴な血を引く人物だったのである。遠い戦国の世、信長は徳川家康と同盟関係を結び、天下統一へ邁進した。信長が斃れた本能寺の変で友好関係は崩れたが、深い因縁は百六十年後の太平の世で再び織田と徳川を結びつける。盗賊に襲われた吉宗を信弥が助けたことから、ふたりは師弟関係になったのだ。天下人同士、最強の相棒が江戸の悪人たちを斬る、待望の新シリーズ、誕生!

続きを読む

折りたたむ

子分は将軍様 信弥と吉宗

楠木誠一郎コスミック出版

殿さま浪人 幸四郎 まぼろし小判

不可解な事件や厄介な揉め事に、ひょいと首をつっこみ、まわりを振りまわしながらも、見事解決する謎の浪人、青葉山幸四郎。その正体は、さる藩の大名……本物のお殿さまであった。大名暮らしに飽いて市井に下った幸四郎は、その持ち前の推理力と剣の腕で、さまざまな事件をあざやかに裁いていく。そんな幸四郎のもとに、ある日、若い女が近づいてきた。お袖と名乗ったその娘の父親は、ある夜、正体不明の大男に脅され、みずから命を絶ってしまったのだという。大男はなおもお袖を脅迫し、父親が隠したという財宝を要求してきたのだが……。運命に翻弄され、父の過去に怯える哀れな娘を、幸四郎はいかに助けるのか?

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです