セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

時代小説電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

時代小説関連タグ

時代小説の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

時代小説一覧へ

蝴蝶剣が江戸に舞う。シリーズ、第3弾!

舞首 流想十郎蝴蝶剣

大川端の船松町で辻斬りがあった。首を刎ねられ、血を撒き散らしながら舞うようにして殺されたという。その惨たらしい殺し方は手練の仕業に間違いない。しばらく前にも隣町で、同じように斬られた侍がいた。本湊町の料理屋・清洲屋の用心棒、流想十郎は、その剣法に興味を覚える。殺されたのは御徒目付で、ある不正を探っていた。想十郎は、下手人に間違えられたことがきっかけで、事件に関わることに…。シリーズ第3弾!

続きを読む

折りたたむ

舞首 流想十郎蝴蝶剣

鳥羽亮KADOKAWA / 角川書店

三国志全一冊合本版

不朽の名作、吉川三国志を一気に読める完全版。日本では卑弥呼が邪馬台国を統治する頃、中国は後漢も霊帝の代、政治の腐爛は黄巾賊を各地にはびこらせ、民衆は喘ぎ苦しむ。このとき、楼桑村の一青年劉備は、同志関羽、張飛と桃園に義盟を結び、害賊を討ち、世を救わんことを誓う――以来百年の治乱興亡に展開する壮大な世紀のドラマ。その華麗な調べと哀婉の情は、吉川文学随一と定評のあるところである(吉川英治歴史時代文庫)。

続きを読む

折りたたむ

蒼穹の昴(1)

汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう――中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児は、占い師の予言を信じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀に従って都へ上った。都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた二人を待ち受ける宿命の覇道。万人の魂をうつベストセラー大作!

続きを読む

折りたたむ

蒼穹の昴(1)

浅田次郎講談社

はぐれ長屋の用心棒 : 28 銀簪の絆

江戸の大店に次々と押し入り、邪魔をするものは容赦なく斬り捨て、大金を盗んでいく押し込み強盗集団「聖天一味」。そんな折、はぐれ長屋の家主の材木問屋「三崎屋」が、源九郎たちに店の警備を頼んできた。はたして、はぐれ長屋の用心棒たちは、三崎屋を聖天一味の魔の手から守れるのか? そして、次第に明らかになる賊の素性とは……!?

続きを読む

折りたたむ

はぐれ長屋の用心棒 : 29 烈火の剣

はぐれ長屋に訳ありの父子が引っ越してきた。父親は剣の腕が立つようだが、いまは長屋で子供たちに読み書きを教える毎日。そんな折、父子が長屋近くで三人の武士に襲われた。危ういところで彼らを救った華町源九郎は、父子が上京した理由を知る……。大好評シリーズ第二十九弾!

続きを読む

折りたたむ

西郷隆盛に惚れ、城山での壮烈な最期まで、激動の時代を駆けた一快男児の半生

人斬り半次郎 賊将編

大政奉還から戊辰戦争へ……。幕末の争乱は最後の激動を見せ、慶応は明治と改元された。中村半次郎、改名して桐野利秋。日本初代の陸軍少将として得意の日々を送るが、国情はなお不穏。征韓論をめぐって新政府は二つに分かれ、西郷は鹿児島に下った。その後を追う桐野、刻々と迫る西南戦争の危機……。城山での壮絶な最期を終章に中村半次郎の後半生を描き、爽快な感動を呼ぶ完結編。

続きを読む

折りたたむ

人斬り半次郎 賊将編

池波正太郎KADOKAWA / 角川書店

ページ先頭へ

本文の終わりです