セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

4日間限定 小学館全作品 コイン最大60倍

はじめてのお客さまへ

時代小説電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

時代小説関連タグ

時代小説の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

時代小説一覧へ

石高はわずか五千石だが、家格は十万石。日本一小さな大名家の大騒動!

喜連川の風 忠義の架橋

天野一角に橋建造の無理難題。金も人も時間もない!

愚かな家老、許すまじ!


文芸評論家 末國善己氏、絶賛!
「知恵と誠実さで苦難を乗り越える展開が痛快で、勇気と希望がもらえる」

石高はわずか五千石だが家格は十万石。
清和源氏の流れを汲む名家で参勤交代も免除の特別扱いだが、所領は狭く財政は厳しい――。
そんな喜連川藩の中間管理職・天野一角は突然、一月で川普請と橋の建造をせよと命じられる。
藩主に指示された家老が、丸投げしたのだ。
金も人手も足りず奔走する一角。
だが領内に現れた賊の探索にも駆り出される。
果たして一角は次々に降りかかる難題を解決できるか?
大好評シリーズ第2弾!

続きを読む

折りたたむ

喜連川の風 忠義の架橋

稲葉稔KADOKAWA / 角川書店

根来忍者対伊賀忍者! 公儀隠密の座をめぐる熾烈な闘いの行方は!?

忍法双頭の鷲

延宝八年、徳川四代将軍家綱の死去と同時に、後継者をめぐって劇的な政変が起きた。新将軍には、若年寄堀田筑前守が擁立する綱吉が就任、それまで権勢を誇っていた大老酒井雅楽頭(うたのかみ)は失脚した。そして、それに伴い、公儀隠密の要職にあった伊賀組が解任され、替って根来(ねごろ)衆が登用されたのである。主命を受けた若き二人の根来忍者、秦漣四郎と吹矢城助は、隠密として初仕事に勇躍、江戸を後にした。だが、彼らの行く手には、復讐の怨念に燃える伊賀忍者たちの執拗な妨害が……。根来対伊賀の熾烈な闘いを描いた、傑作長編忍法帖!

続きを読む

折りたたむ

忍法双頭の鷲

山田風太郎KADOKAWA / 角川書店

続お登勢

明治新政府はできたが、待望の四民平等は実現しなかった。お登勢は旧稲田藩の人々と静内開拓に励む。しかし、徴兵・廃刀令など政府の政策は士族の不満を高め、遂に明治10年西南戦争勃発。お登勢を愛する加納陸太郎も西郷軍討伐のため南下した。……北海道を舞台に激動の歴史をけなげに生きたヒロインを描く大河小説完結編。

続きを読む

折りたたむ

続お登勢

船山馨KADOKAWA / 角川書店

待つ春や 風の市兵衛

武州・忍田(おしだ)は幕府の台所を支える最重要拠点である。年の瀬、公儀御鳥見役(こうぎおとりみやく)とその手下が斬殺された。領主の阿部家は追剥ぎ強盗の仕業とするが、公儀目付役は疑念を隠さなかった。同じ頃、“算盤(そろばん)侍”唐木市兵衛は俳諧の宗匠を訪ねていた。彼は阿部家の元家士で、市兵衛は忍田までの旅の供を依頼される。破格の給金を訝しんだ市兵衛が真意を問うや、宗匠は捕らえられた友の救出に向かうのだと……。圧巻の剣戟シーンで話題沸騰のベストセラー・シリーズ「風の市兵衛」、興奮の第18弾!

続きを読む

折りたたむ

忖度 百万石の留守居役(十)

神君家康の次男秀康の血を引く越前松平家は、幕府にとって格別な藩となる。外様第一の加賀藩にとっては監視される隣藩でもある。藩主前田綱紀のお国入りの際に襲撃しようとしたのは、越前の者なのか? 数馬の舅となった宿老本多政長と藩主綱紀は、数馬を越前福井に向かわせる。わが藩のためにと先走る敵方は、数馬たちの目的を察知し、襲いかかる。使者として登城した数馬は、敵陣包囲の中、どう切り抜けるのか?

続きを読む

折りたたむ

身代わり歌姫の憂鬱

せつなく甘い中華ラブ・ロマンス!!

時は四代国帝の治世、安寧の世。
歌が得意な宮妓の銀花は、何故か足繁く教坊に入り浸る皇太子・叡季と、顔を合わせればケンカばかり。
いつもイライラさせられて、でもそれが楽しみなようでもあり…
しかしある日、王宮で皇太子妃選びが始まり、銀花はお妃候補の令嬢がたの宴会に駆り出される。
そこで、最有力候補のお嬢様からとんでもない「依頼」をされて…!?
恋と陰謀渦巻く宮廷に花咲くスリリング・ロマンス!!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

続きを読む

折りたたむ

身代わり歌姫の憂鬱

深山くのえ/サカノ景子小学館

ページ先頭へ

本文の終わりです