セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

社会電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

社会関連タグ

社会の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

社会一覧へ

池上彰と学ぶ日本の総理 第24号 犬養毅

初代伊藤博文から安倍晋三まで、歴代総理の仕事、歴史背景、ウラ話など読みやすくまとめたウィークリーブック!

〈 目次 〉
・ 犬養 毅総理誕生
・ プロフィール 犬養 毅
・ 人物伝 総理への道
人間味豊かで清廉な「憲政の神様」
・ 大仕事 大一番
大正デモクラシーを呼び、普通選挙法を実現
・ 交友交際図
・ 追跡! 総理156日
・ 詳報 五・一五事件
・ 盟友 尾崎行雄
・ 写真で見る世相 昭和7年(1932)    
国防婦人会が発足 白エプロンにたすき掛け
・ 書道家・犬養木堂の世界
・ リーダーの魅力
犬養 毅の名言・人間力
・ 派閥人脈
革新倶楽部の主要議員
・ ファーストレディ秘話
犬養千代子
・ 多芸余話 趣味と逸話で知る、総理の横顔
・ 連載 総理の秘密(24) 池上彰
総理のサイン(花押)
・ 次号予告

【ご注意】※レイアウトの関係で、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。タブレット端末、PCで閲覧することを推奨します。
※この作品はカラー版です。

続きを読む

折りたたむ

池上彰と学ぶ日本の総理 第24号 犬養毅

「池上彰と学ぶ日本の総理」編集部小学館

池上彰のこれが「世界のルール」だ!

平和は終わった!
「イスラム国」からピケティ「21世紀の資本」まで、
大困難の時代に必要な50の知識。
池上さんが「渦中の人」となった朝日新聞問題や
川上量生さんとのスペシャル対談も収録。

「日本が攻撃対象であることを名指しされる時代になりました。
過去ののどかで平和な時代は終わりを告げたかのように見えます。
では、どうすればいいのか。
まずは「敵」を知ることです。
歴史から現代が見えてくるのです。」――「はじめに」より

【目次】
ルール1 組織拡大術――「イスラム国」が急成長したわけ
ルール2 トラブル解決法――間違いの謝り方が勝負だ
ルール3 ホンネを見抜く――公開情報から推理する
ルール4 歴史の勉強法――社会人は教科書「世界史A」を読もう
ルール5 究極のリーダー術!?――独裁・中国はどこに行く
ルール6 お金、マネー、資本を知ろう
ルール7 交渉術、プレゼンテーションを磨け
ルール8 ビジネスのカギは科学にあり
ルール9 インタビュー術!――「いい質問」をする秘訣

続きを読む

折りたたむ

昨日までの世界(下)―文明の源流と人類の未来

「現代社会を深く考えるための必読書」――養老孟司
「ダイアモンド文明論の決定版的集大成」――福岡伸一

■現代西洋社会の特徴はインターネット、飛行機、携帯電話といった技術や、中央政府、司法、警察といった制度ばかりではない。肥満、座りっぱなしの働き方、豊かな食生活から生まれる疾病や、社会が豊かになったことによる宗教の役割の変化もまた、現代西洋社会の特徴なのである。
■伝統的社会に強く惹かれ、その研究者としての人生の大半をニューギニアなどの伝統的社会に捧げてきたジャレド・ダイアモンドが、現代西洋社会に住む私たちが学ぶべき人類の叡知を紹介する。

「19世紀、ダーウィンは『種の起源』などの3部作で世界の歴史と自然に対する認識を一変させた。これから1世紀先の学者たちはジャレド・ダイアモンドの3部作――『銃・病原菌・鉄』『文明崩壊』『昨日までの世界』――に対し、ダーウィンの3部作と同等の評価を下すだろう。壮大なる本書は、世界の歴史と自然のみならず、人類の「種」としての運命も描いている。ジャレド・ダイアモンドは現代のダーウィンである。『昨日までの世界』は実生活の喫緊の問題に対する解決案をとおして人々に希望を与えてくれる、時代を変える作品である」(マイケル・シャーマー 作家、科学史家)

続きを読む

折りたたむ

昨日までの世界(下)―文明の源流と人類の未来

ジャレド・ダイアモンド/倉骨彰日本経済新聞出版社

仕事が速く、結果を出し続ける人のマインドフルネス思考

アップル創設者のスティーブ・ジョブズ、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツをはじめとしたエリート、
グーグル、フェイスブック、インテル、ツイッター、ナイキ、P&G、ゴールドマン・サックス、
ドイツ銀行、世界銀行、マッキンゼー・アンド・カンパニー世界でもトップクラスの企業、
さらには、アメリカ海軍やペンタゴン、アメリカ農務省森林局などが取り組み、
日本でも、ヤフー、資生堂、みずほ銀行といった大企業で社員研修として導入されているマインドフルネス(思考)を使えば、
あなたの仕事の在り方も結果もみるみる変わるはずです。

エリートはなぜ、パフォーマンスが高いのかがわかる1冊!
マインドフルネス思考は仕事のマインドを高め、
あらゆるシーンで結果を出せる最高の自分になる最強の思考なのです。

グーグル、ハーバード大学他の研究で科学的に実証された
最強の考え方を仕事に活かすべく思考法
「マインドフルネス思考」としてまとめたのが本書です。


多忙なビジネスの現場で起き得る様々な
・人間関係や悩みをどう解決するか
・どう仕事に取り組むか
・集中する方法
・無駄を排除する方法
・リーダーシップに必要なことは何か

などに
焦点をあてたすぐに使えるマインドフルネスの超最先端を行く具体的な手法を
大手上場企業から中小企業まで様々な企業からオファーがひっきりなしの人気講師が紹介。

心が整えば、脳のムダ、心のムダ、行動のムダを排除でき、仕事の効率も上がるため、
忙しい現代において、最強の仕事術とも言えるでしょう。

マインドフルネス思考を身につけるだけで、仕事の効率があがるだけでなく、
リーダーシップ、創造性、人間関係力を高め、あらゆるシーンで最高の自分でいられます。



■目次

・序章 多くの成功者がマインドフルネス思考を取り入れている
・第1章 マインドフルネス思考とは何か
     感情的な人ほど仕事が遅い
     思い込みにとらわれているからうまくいかない
     ムダな思考はバッサリ切り落とす
     ほか

・第2章 仕事のパフォーマンスをあげるマインドフルネス思考
     マルチタスクは「弊害」である
     集中 + 休憩 + 集中 = 効率
     昨日と今日の違いに気づく
     ほか

・第3章 マインドフルネス思考でアイデア脳を刺激する

・第4章 マインドフルネス・リーダーシップで人を動かす

・第5章 マインドフルネス思考で仕事、人間関係が楽になる

・第6章 仕事の合間にできる簡単マインドフルネス

■著者 人見ルミ

続きを読む

折りたたむ

回避性愛着障害~絆が稀薄な人たち~

結婚率や出生率の低下は、主に経済問題の側面から論じられることが多い。しかし、それは経済問題とは別のところに原因がある。多くの人が、自分一人で過ごす時間や自分のために使うお金を削ってまで、家族をもちたいとは思わなくなっているのだ。そこには回避型愛着が浸透していることが関わっている。われわれの身には、人間から別の種へと分枝していると言えるほどの、生物学的変化が生じているのである。

続きを読む

折りたたむ

犯罪者はどこに目をつけているか

プロの犯罪者は恐るべき観察力を備えている。彼らに特有の物の見方、考え方、そして行動パターンを知ることが防犯の鉄則なのだ。わが身、わが家、わが町を守るために普段から何を心がけ、どうすればいいのか。「やられるヤツには油断なり死角がある。自分たちはそこを突く」と語る伝説的大泥棒の実践的レッスンをふんだんに盛り込んだ異色の防犯読本。

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです