セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

3日間限定!文芸のほぼ全作品コイン33倍

はじめてのお客さまへ

趣味電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

趣味関連タグ

ピックアップ

趣味一覧へ

仏教の経典を求めて、あるいは僧院での修学に、そして国の密命を帯びて、鎖国状態のチベットに潜入した10人の日本人を、新発見の資料と現地を含めた取材で探ったドキュメンタリー。

ヤマケイ文庫 新編 西蔵漂泊 チベットに潜入した10人の日本人

仏教の経典を求めて、あるいは僧院での修学に、そして国の密命を帯びて、鎖国状態のチベットに潜入した10人の日本人を、新発見の資料と現地を含めた取材で探ったドキュメンタリー。
当時のチベットの特異性と歴史に翻弄された日本人の稀有な体験を著わしたノンフィクション。
なかでも仏教の原典を求めて潜入した河口慧海や能海寛、青木文教などの稀有な旅やその足跡をたどりながら、鎖国時代のチベットの特異性を随所に盛り込む。
一方、野元甚蔵と西川一三は、ともにモンゴル、チベットの草原でモンゴル人になりすまして特務機関の研究生として生き抜き、帰国後の不遇な時代、晩年の知られざる日々などにも言及される。
10人が実践した旅はそれぞれにきわめて稀なものであったが、そのなかでも特に象徴的な体験をした河口慧海らに焦点をあて、2冊の『西蔵漂泊』を大幅に再構成、さらに最近の動向も含めて加筆、1冊に再編集、なによりも読みやすさを心がけた。
当時のチベットの特異性と歴史に翻弄された日本人の稀有な体験を著わしたノンフィクション。

続きを読む

折りたたむ

【特集】「山登りプランニング入門」【第2特集】「このギアがすごい! 2016年春・夏」【電子版巻末付録】『STYLE SAMPLE in 上高地』

ワンダーフォーゲル 2016年4月号

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。
【特集】山登りプランニング入門
登山を始めるときに最初に考え、悩むのは、「どの山に行けばいい?」「どの山が楽しいの?」ということでしょう。
どのような山を選び、どんな計画を立て、どう行動するのか。
登山の基本中の基本でありながら、もっとも重要なプランニングについて徹底的に解説。
自分のレベルや季節にあった山の選び方、モデルコース作り、用意すべき装備、計画書のまとめ方、そしてテーマ別コースガイドなど、山登りのプランニングのノウハウがこの特集で手に入ります。
【第2特集】このギアがすごい! 2016年春・夏
本格登山シーズンに向けて、新製品が目白押しの春。
常に最新の登山用具やウェアに触れてきている登山ショップ店員を中心に、業界の用具の目利きたちが、2016年春・夏の注目の新製品をピックアップして紹介します。
★特別企画モテる山男になる。
大好きな山でモテてみたい!そんな男性登山者の願望に応える「山モテ」企画。
山好きのワンゲル女性読者の意見を参考にしながら、かっこいいモテる山男になるための秘訣と知恵を楽しく解説します。
★映画『エヴェレスト 神々の山嶺』公開記念 特別インタビュー 岡田准一
夢枕獏の大ヒット山岳小説『神々の山嶺』。
漫画にもなった人気作品がいよいよ映画化されます。
3月12日の公開を記念して、主演を務める岡田准一さんの特別インタビューを掲載!
※電子版では、一部掲載が異なる場合がございます。
★別冊付録『STYLE SAMPLE in 上高地』
夏のアルプスを行く登山者のスタイルを「スタイルサンプル集」として一冊に凝縮。
リアルかつ最新の登山スタイルのコーディネイトは見て眺めるだけでも有益な情報となるはずです。
※別冊付録は本誌巻末に引き続き掲載。
※電子版は、紙版と一部掲載が異なります。

続きを読む

折りたたむ

ワンダーフォーゲル 2016年4月号

ワンダーフォーゲル編集部山と溪谷社(インプレス)

【第1特集】山がもっと楽しくなる! 実践地図読み講座  【第2特集】歴史と自然に親しむロングトレイル入門

山と溪谷 2017年 9月号 [雑誌]

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

■第1特集:山がもっと楽しくなる! 実践地図読み講座

地図読み技術は、道迷い遭難を防ぐためだけでなく、登山をもっと楽しくなる技術です。
地図を確認しながら登山計画を立てれば、登山道の傾斜緩急や植生などから、どんなところを歩くのかイメージが膨らみます。
山中では、 現在地の確認や進むべき方向を確認でき、山座同定をすることで見える山の名前がわかるようになります。
また、どれくらいのペースでどこまで来たかがわかれば、ペース配分を考えてラクに歩けるようになります。

今回の特集では、地図読みを「計画編」「現場編」に分け、『山と高原地図』などの登山地図や国土地理院の地形図を どのように活用し、登山に生かすかを地図読みのエキスパートたちが詳しく解説します。

さらに、「デジタル機器活用編」として、紙の地図での地図読みを補足するため、スマートウォッチやスマホアプリなど 電子地図を利用する最新 GPS ギアの使い方やカタログも掲載。

さまざまな地図を十二分に活用する実践技術を多角的に紹介する決定版特集です。

計画編
・登山地図から登山計画を考えよう! ・地形図を使ったプランニング ・地形図で計画を立ててみよう<マイナー山><沢登り>

現場編
・ハイキングで身に付く読図術 ・すぐに役立つコンパスワーク ・コンパス、マップケース

※付録「コツが身につく!地図読みドリル2017」は巻末に掲載。最終ページから始まります。

続きを読む

折りたたむ

山と溪谷 2017年 9月号 [雑誌]

山と溪谷編集部山と溪谷社(インプレス)

人気の高いヤマケイ文庫ドキュメント気象遭難がついに電子化! 新旧の気象遭難事故から、季節別に「雪崩」「落雷」「低体温症」など7件のケースを取り上げ検証する。

ヤマケイ文庫 ドキュメント 気象遭難

人気の高いヤマケイ文庫ドキュメント気象遭難がついに電子化!
山で起きる大きな事故のほとんどは、気象の急激な変化による事故、いわゆる「気象遭難」であろう。
その原因はどこにあるのか、防ぐ方法はあるのか・・・・・・。
新旧の気象遭難事故から、季節別に「雪崩」「落雷」「低体温症」など7件のケースを取り上げ検証する。
「文庫のためのあとがき」では近年の気象遭難事例をフォロー。

続きを読む

折りたたむ

ヤマケイ文庫 ドキュメント 気象遭難

羽根田治山と溪谷社(インプレス)

ほんとうの単独行がわかる!「ソロ山行」特集号 単独行の達人がおすすめするルートガイド ひとり歩き地図帳

ワンダーフォーゲル 2016年 10月号 [雑誌]

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。
ほんとうの単独行がわかる!「ソロ山行」特集号
【特集】単独行リアル
あこがれと不安が入り交じる単独行。
プランニングから必要な装備をはじめ、緊急時の備えや対応などなど、本当に単独で山に登るためにはどうしたらいいのか、知りたいことばかり。
今特集では、単独行を行なっている登山者100人にアンケートを実施、さまざまな場面でのリアルな単独行の姿を浮き彫りにし、実践的な情報をお伝えするとともに、山岳保険や登山計画、地図読みなどについて有識者からのアドバイスも紹介します。
また、ひとりでの登山はしたことがないという、エッセイストでモデルの華恵さんが、秋のブナ立尾根から烏帽子岳、船窪岳を単独取材。
紅葉に美しく染まった北アルプスの絶景とともに、はじめての単独行レポートも掲載します。
【第2特集】単独行の達人がおすすめするルートガイド ひとり歩き地図帳
単独登山の達人が、それぞれのおすすめポイントとともに紹介する、ひとり歩きのためのコースガイド特集です。ルートの詳細がよくわかる地図を中心に展開する「使える」ガイドとなっています。
掲載コース:丹沢・丹沢山~蛭ヶ岳、奥秩父・甲武信ヶ岳、大菩薩連嶺・甲州アルプス、北アルプス・船窪岳~烏帽子岳、五竜岳~鹿島槍ヶ岳~爺ヶ岳、栂海新道、燕岳、徳本峠越え、南アルプス・北岳、大峰山脈・八経ヶ岳、ほか
海外レポート:アイスランドのクラシックトレイル 「ロイガヴェーグル」を歩く
不定期連載:日本海側の小さな山旅・越後駒金山沢鉱山跡
連載:南谷真鈴のRoad to Mt.EVEREST Special・エベレスト後編

続きを読む

折りたたむ

ワンダーフォーゲル 2016年 10月号 [雑誌]

ワンダーフォーゲル編集部山と溪谷社(インプレス)

『GANTZ』の素は“SF映画”にあった!著者は新旧のSF映画をくまなくチェックしている映画通の漫画家である。『GANTZ』に代表されるように自身の創作とSF映画との関係は強く、本書ではキャラクター論、美術デザイン・CG技術にいたるまでを独自に解説する。

GANTZなSF映画論

漫画家・奥浩哉にとって、SF映画は自身の創作に大きな影響を与えるものである。本書では、クリエーターとしてインパクトを受けた名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などの超メジャー映画からマイナーB級映画まで、約100作品を紹介。脚本力や演出力とは何か、キャラクター論、コミックス原作映画への思い、漫画家から見たカメラワークや構図、CG制作・美術デザインにいたるまで、独自の視点でおおいに語る!【目次】序章 漫画家が映画を語る理由/第一章 脚本力と設定力を楽しむ!/第二章 超私的「キャラクター」論/第三章 名シーンのつくられ方/第四章 アニメと漫画と映画の関係/第五章 美術デザインを愛でる映画/第六章 CGとSF映画の今昔物語/あとがき/掲載映画一覧

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです