セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

旅・地域情報電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

旅・地域情報関連タグ

旅・地域情報の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

旅・地域情報一覧へ

台湾の駅弁をとことん紹介!

台湾行ったらこれ食べよう! 駅弁・鉄道旅編

駅弁――それは、台湾鉄道旅行の必須パートナー。
箱にギュッと詰まった台湾らしさ。
人気のものは営業終了を待たずして、完売御礼。
同じメニューでも鉄道局ごとに具が微妙に違ったりすることや、駅弁の裏に潜むこだわり・ストーリー、
それを食べにだけでも行きたいご当地駅弁の情報も!
さぁ、そんな旅情をぐぐっとかき立てる「駅弁」片手に、台北を飛び出してみよう!
台北を出発して行き着くのは、
淡いピンクに染まるファンタジーな夕暮れ、夜の海に映る月影、
イルカが泳ぐブルーとエメラルドの世界――。
かと思えば、
なぞに満ちたカオスな寺や、くすっと笑えるラブリーなオブジェ。
のんびり足湯に、愛情たっぷりスパルタDIYなど。
ちょっと足を伸ばしてみるだけで、これまで知らなかった台湾に出会うことができる。
電車を上手く活用すれば、日帰りや一泊で行けてしまうお手軽さも魅力。
車窓に流れる景色は、駅弁をさらにおいしくする極上のスパイス。
そんな電車旅のための手ほどきと、気の向くままに訪れた駅での超主観的レポート、旅が倍楽しくなる駅弁カタログまで!
ガイドブック+ワンの一冊に、ぜひ。

続きを読む

折りたたむ

まっぷる 函館 大沼・松前・江差'18

北海道新幹線が開業し、より人気の高まった函館!函館の顔「夜景」はもちろん、異国情緒あふれる街並み、素材を活かしたグルメの数々、あふれる函館の魅力を凝縮し、今どきの函館旅を強力にサポートします。ビギナーにも分かりやすく、リピーターにも満足いただける充実の一冊です。
※一部コンテンツが収録されていない場合があります。
※電子書籍版はプレゼント応募対象外です。

「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊まる」のおすすめ情報をぎっしり収録した、雑誌タイプの旅行ガイドブックです。現地を120%堪能するツウな過ごし方、新しい遊び方など、旅をアクティブに楽しむための情報が満載です。
※電子書籍版には、デジタル付録「まっぷるリンク」は収録していません。

続きを読む

折りたたむ

ココミル 金沢 北陸(2018年版)

四季が彩る兼六園、現代アートの金沢21世紀美術館、格子戸の家並みが美しいひがし茶屋街など、金沢のみどころが充実。さらに茶屋街の成り立ちや金沢の食材歳時記といった、読んで勉強できるお役立ち情報も紹介。金沢生まれの逸品や加賀料理や魚介料理といったグルメガイドも掲載し、好奇心あふれるアクティブな女性にぴったりの情報が詰まっています。ココミル(なに見る?どこ見る?ココミル!)を持って一緒に旅をしませんか?
※この電子書籍は2017年3月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容が異なる場合や、表示されない画像またはページがあります

続きを読む

折りたたむ

ココミル 金沢 北陸(2018年版)

JTBパブリッシングJTBパブリッシング

るるぶ台湾’19

【台湾ガイドの定番がパワーアップ!】
巻頭特集「台湾で今行きたいBEST10」では、台北はもちろん九?や十分などの絶景や、
小籠包、マンゴーかき氷まで、美しいグラビアで幅広く特集しています。

【本誌掲載の主な特集】
◆台湾グルメの定番&新定番
小籠包、マンゴーかき氷、ごはん、麺、
テイクアウトできるB級グルメ、小吃、火鍋、茶芸館など、
日本にも進出している王道店はもちろん、近年話題の新店まで、
ハズレなしの名店ばかりを集めました!

◆5大観光スポット
・國立故宮博物院で宝物ハント!
・夜市の歩き方(士林夜市/饒河街観光夜市/寧夏夜市など)
・パワスポ龍山寺でお参り!
・イケメン衛兵交代式
・台北101完全攻略

◆最旬街歩きエリア案内
永康街、迪化街、中山駅周辺、信義東區、富錦街、西門町、台北駅周辺
2大リノベスポット 松山文創園區&崋山1914

◆台湾のマストバイが目白押し
・パイナップルケーキ
・茶葉
・グルメみやげ
・台湾コスメ
・誠品書店おしゃれみやげ
・スーパーみやげ
・MIT雑貨

【主な掲載エリア】
台北
九?
淡水
猫空
台南
高雄
台中
日月潭
太魯閣峡谷
阿里山

【特別3大付録付き】
・台湾スイーツBOOK
・九?パーフェクトBOOK
・台北詳細MAP

※この電子書籍は2017年12月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部内容を変更している場合があります

続きを読む

折りたたむ

るるぶ台湾’19

JTBパブリッシングJTBパブリッシング

ことりっぷ 仙台 松島

【本誌は2016年版の内容について詳細データの更新を行い、2018年版としたものです】
これまであまり取り上げられなかったけれど、ほんとうにおすすめしたい町やエリアを、これまでのガイドブックにはない切り口やスポットセレクトで紹介しています。
※一部コンテンツが収録されていない場合があります。

20~30代の働く女性をターゲットに""等身大の旅""を提案した昭文社発行の旅行ガイドブックです。大人の女性におすすめの情報を厳選、表紙は全冊異なる装丁で、女性を中心に絶大な支持を得ている大ヒット商品です。

続きを読む

折りたたむ

地球の歩き方 A18 スイス 2017-2018

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。※この商品は、「スイス」編6冊がパックとなった合本です。それぞれ、単品でも販売しています。詳しくは『地球の歩き方 スイス』で検索ください。国中が絶景といってもいいスイス。運行時間が正確な公共交通機関を使って、国の隅々まで訪れることができます。本書は個人旅行者のためのノウハウと詳細な現地情報を紹介。新しい町としてレマン湖地方のモルジュとチューリヒから日帰りでアクセスできるラッパーズヴィールの情報が加わりました。また山岳エリアの見どころである展望台はひと目でわかるようにデザインを変更。山岳交通も所要時間と交通手段がすぐ理解できるように作り直しています。●おもな掲載物件ベルナーオーバーラント、バッハアルプゼー、クライネ・シャイデック、ニーダーホルン展望台、ゴルナーグラート、ヴィラ・カッセル、ディアヴォレッツァ、聖ピーター教会、ツォーツ、ダヴォス、シャッツアルプ、アローザ、ハイジヒュッテ、マルブン、シテ・デュ・タン、サレーヴ山、交通博物館、魚市の噴水、チューリヒ美術館、ヒルツェル ほか。

続きを読む

折りたたむ

地球の歩き方 A18 スイス 2017-2018

地球の歩き方編集室ダイヤモンド社

ページ先頭へ

本文の終わりです