セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

SF電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

SF関連タグ

SFのロングセラーランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

SF一覧へ

絶体絶命のピンチを少年少女たちはどう切り抜けるのか……! 手に汗握るSFジュヴナイル長編!

宇宙漂流

冥王星から500万キロ離れた宇宙灯台の緊急ブザーがけたたましく鳴った。巨大宇宙船が操縦不能におちいり、常識では考えられない光の30倍以上のスピードで、ジャンプを繰り返しながら突っ走っているのだ! 太陽系から何万光年も離れ、7人の子供たちを乗せたまま漂流を続ける「宇宙のよび声」号。食糧を食いつないでも、あといくらももたない。この原因不明の猛烈な宇宙船の推力の秘密は、いったい何だろう――? 少年少女だけが乗った宇宙船が広大な宇宙を突き進み、困難に立ち向かっていく、著者会心の宇宙冒険小説。ほかに、「カチカチ山」や「浦島太郎」「金太郎」など、おなじみの昔話をモチーフに独特のひねりをきかせた「SF日本おとぎ話」7編を収録。巻末には小松左京ライブラリによる詳細な書き下ろし解説が入った決定版!

続きを読む

折りたたむ

宇宙漂流

小松左京KADOKAWA / 角川書店

天才・石ノ森章太郎の未完の超大作がついに完結!

サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR I first

天才・石ノ森章太郎の傑作SFコミックとして、今なお熱狂的なファンを擁している『サイボーグ009』シリーズ。その中で未完のままで終わった「天使編」と「神々との闘い編」が、42年の歳月を経て、今よみがえる! 戦士として闘うべくサイボーグに改造された9人。本書ではそのうち、001から004までの4人のサイボーグ達のエピソードが語られる。故・石ノ森章太郎の遺稿と創作ノートをもとに小説化したシリーズ第1弾!

続きを読む

折りたたむ

遠すぎた星 老人と宇宙2

コロニー防衛軍のなかでも勇猛果敢で知られるゴースト部隊の隊員は、防衛軍に志願したものの、軍務につくまえに死んだ地球人のクローンで構成されている。だが、新たに部隊員となったジェレド・ディラックは、天才科学者ブーティンの遺伝子から作られたクローンだった。恐るべきエイリアン種族と手をくんだ裏切り者ブーティンの情報を得るべく誕生させられたディラックの熾烈な戦いと数奇な運命を迫真の筆致で描くシリーズ第2作。

続きを読む

折りたたむ

遠すぎた星 老人と宇宙2

ジョン・スコルジー/内田昌之早川書房

世界の涯ての夏

【第3回ハヤカワSFコンテスト佳作受賞作】地球を浸食しながら巨大化する異次元存在〈涯て〉が出現した近未来。ある夏の日、疎開先の離島で暮らす少年は、転入生の少女ミウと出会う。ゆるやかな絶望を前に、ふたりは様々な出来事を通して思い出を増やしていく。一方、終末世界で自分に価値を見いだせない3Dデザイナーのノイは、出自不明の3Dモデルを発見する。その来歴は〈涯て〉と地球の「時間」に深く関係していた――現役ゲームデザイナーによる初小説。

続きを読む

折りたたむ

世界の涯ての夏

つかいまこと早川書房

Let's Go Play Vol. 5

When the spectacular battle against the underside of kitten paw reaches its end, Kio and friends return to Okinawa under the belief that it will be smooth sailing from here on out. But eris surprises this unsuspecting group of friends by invading their everyday lives even further. As if that wasn’t bad enough, Antonia has a surprise or three for them as well. Blinded by today’s clear sky, no one sees the coming storm.
This is the fifth volume in the first-contact romantic comedy known as Let’s Go Play!

続きを読む

折りたたむ

Let's Go Play Vol. 5

Okina Kamino/888/HoudeneizouDMP

プラネテス(4)

宙(そら)に道を探した青年は今、人類で最も長い距離を翔けた。This is SFニュースタンダード。大喝采の一部完!! 愛し合うことだけはどうしてもやめられないんだ。――2080年 星野八郎太(木星への有人飛行を初成功させた、フォン・ブラウン号の乗組員の言葉)

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです