セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

SF電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

SFのランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

「襲撃の巨鳥」のド迫力は必見。イッキ読み必至の怪獣ダークファンタジー!

鳥葬のバベル(1)

平穏な暮らしの中で突然出くわした巨鳥の襲撃とそれによる恩師の死。
主人公・加瀬宗助は恩師の愛娘を守り育てる決意をしたものの、その娘も巨鳥に喰われて死んでいるはずだったという事実が判明する。では、この子は誰だ?
そして帰ってくる死者、異形者の出現。

事件の謎とその真相を探る主人公というストーリーは王道ながら、どこか親近感があるのは宗助が特別な力を持つわけでもない平凡な男だからだろうか。
次々と怪事件に巻き込まれ混乱しながらも、警察にも信じてもらえなくても、少女を守るために孤軍奮闘する姿はカッコいいというよりも、応援したくなる。

一度読み始めたら止まらない、謎が謎を呼ぶスリリングな展開にイッキ読み必至です。

続きを読む

折りたたむ

byMichi  (BOOK☆WALKER スタッフ)

ケンタウロス少女は恥ずかしい

セントールの悩み(1)【特典ペーパー付き】

一人は下半身が馬のケンタウロス(人馬)少女。一人は竜の翼のようなものが背中に生え、一人は羊みたいな角が頭に生えている。
そんな3人の少女が、部屋に集まってナイショの相談をしている。
彼女たちの悩みは、思春期らしいものだ。
電車の中で突然ラブレターを渡されたケンタウロス少女は、蹄をもじもじさせながら恥ずかしさのあまり逃げ出してしまう。
もし付き合ったら、Hをするかもしれない。Hをしたら、裸を見せなければいけない。そこまで想像して、だから恥ずかしくて、逃げた。
大人が聞けばバカバカしいと思うけど、彼女たちは真剣だ。
この世界には、さまざまな形態の人類がいる。
竜人、翼人、角人、人馬…それぞれの人種はちゃんとした進化の系譜があり、歴史がある。
亜人(デミヒューマン)と分類されるようなファンタジーのキャラクターであっても、そういう緻密な世界観があるから、彼女たちの悩みはリアルで胸を打つし、かわいいなと思う。

続きを読む

折りたたむ

byコミタンM  (BOOK☆WALKER スタッフ)

SF関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです