セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

アクション関連タグ

アクションの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

アクション一覧へ

学園都市の超大規模体育祭「大覇星祭」に、謎の霊装『刺突杭剣』を巡って、とある魔術が侵入した――! 科学と魔術が交差するとき、上条当麻の物語は始まる――!

とある魔術の禁書目録(9)

学園都市最大級行事「大覇星祭」。 それは、超能力開発機関である学園都市に存在する全ての学校が合同で体育祭を行う、という超大規模イベントだ。 その行事には、もちろん上条当麻も参加する。しかし、彼の”不幸”は健在で、空腹のインデックスには噛みつかれ、大覇星祭運営委員の吹寄制理には糾弾され、御坂美琴には競技中にビリビリを食らわされ……!? そんな中、謎の霊装『刺突杭剣』を巡り、とある魔術師が学園都市に学園都市に侵入した。オリアナ=トムソン。魔術業界屈指の「運び屋」で、『追跡封じ』と称される彼女の目的とは……! 科学と魔術が交差するとき、上条当麻の物語は始まる――!

続きを読む

折りたたむ

とある魔術の禁書目録(9)

鎌池和馬/灰村キヨタカKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

『新約』 シリーズ、新展開に突入!

新約 とある魔術の禁書目録(5)

11月。超巨大文化祭 『一端覧祭』 の季節がやってきた。そんなさなかに、ようやく学園都市に戻ってきた上条当麻。ロシアより勃発した第三次世界大戦を起因とする 『対グレムリン遠征』 を経て、ついにインデックスや御坂美琴とのほのぼのした平穏な日常が戻ってきた──。そう楽観していた上条当麻だが、意外な人物の登場で、その願いは虚しく霧散することに!? 彼の前に現れた最強の 『敵』 とは? セルフ迷子メーカーなフレメアの保護者となって学園都市内を走り回る浜面や、打ち止めの子守りでキレる平常運転な一方通行、リハビリついでに手料理を作る麦野沈利などなど…… 学園都市を舞台として、『新約』 シリーズは新展開に突入!

続きを読む

折りたたむ

新約 とある魔術の禁書目録(5)

鎌池和馬/はいむらきよたかKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

魔術師、吸血殺し、禁書目録。すべての線が交差するとき、物語は始まる――!

とある魔術の禁書目録(2)

「そこ、女の子がつかまってるから」 ”超能力”が一般科学として認知された学園都市、その「三沢塾」で一人の巫女が囚われの身となった。 そして、どうやら首謀者は、魔術側の人間らしい。上条当麻は魔術師ステイルからそう説明され、すなおにうん、と返事した。 「簡単に頷かないで欲しいね。君だって一緒に来るんだから」 「……はあぁ!」 真夏の日差しの中、不気味にそびえ立つビルに二人は向かっていく。 魔術師、吸血殺し、禁書目録、そして上条当麻。全ての線が交差するとき、物語は始まる――!

続きを読む

折りたたむ

とある魔術の禁書目録(2)

鎌池和馬/灰村キヨタカKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

カンピオーネ! 神はまつろわず

草薙護堂は神殺しである。神を殺した者は神の権能を得る。そしてその力を得たものは王者『カンピオーネ』と呼ばれ、覇者とも魔王とも称される。そんな高校生・護堂(ごどう)の求めるものは平穏な日々。しかし魔術師にして自称護堂の愛人・エリカがもたらすのは荒ぶる神との邂逅(かいこう)!? さらには、媛巫女(ひめみこ)・祐理(ゆり)も護堂に接近!? 新たな神話を紡ぐバトルファンタジー開幕!

続きを読む

折りたたむ

”超能力”、”一方通行”、”レディオノイズ”、そして上条当麻。すべての線が交差するとき、物語は始まる――!

とある魔術の禁書目録(3)

「不幸だ……」 真夏の夕暮れ。補習帰りにジュースの自動販売機に金を呑まれた上条当麻はそう呟いた。 「ちょろっとー。なにやってんの、アンタ?」 カツッと革靴を鳴らしながら、御坂美琴は上条に声をかけた。 「お姉様?」 その後、美琴に顔形そっくりの御坂妹がやってきた。 三人の出会い。 それが、事件の幕開けだった。 一方通行と呼ばれる超能力者が起こす殺戮劇の、幕開けだった――。

続きを読む

折りたたむ

とある魔術の禁書目録(3)

鎌池和馬/灰村キヨタカKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

皇国の守護者7 愛国者どもの宴

帝国東方辺境鎮定軍の冬季限定攻勢に大損害を与え皇都に帰還したのも束の間、今や政争にも影響を及ぼし始めた新城に怨嗟募る将家の顎が忍び寄る。国を過らしめるのは愛国者なのか、それとも逆賊なのか。残り数日で迎える凱旋式を境に暗雲漂う皇都の闇に蠢く無数の影が皇国の歴史を変えていく。

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです