セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ミニッツブック

ミニッツブック関連タグ

ミニッツブックの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

ミニッツブック一覧へ

大げさに言うと、あの時のあの感じ、あのどうかしちゃってる快感をもう一回味わいたくて今でもラジオで喋っているのかもしれない――。友達と過ごした神戸での少年時代。そこに今の鷲崎健のルーツがあった。【想定読了時間20分】

成すも成さぬもないのだが 第五回 十代の自分に如何にして友達が出来たのか、または出来なかったのか

大げさに言うと、あの時のあの感じ、あのどうかしちゃってる快感をもう一回味わいたくて今でもラジオで喋っているのかもしれない――。(本文より)

鷲崎健が独り語るこの連載エッセイ。第五回のテーマは「友達」。

「自分には友達が少ない」と言いつつも、彼の周囲にはいつも人が集まり、楽しそうに話している。ラジオスタッフ、音楽仲間、神戸時代からの友人たち。鷲崎健にとっての「友達」とはどんな存在なのか。
 小学生時代の強烈な体験。中学校における未知との遭遇。高校時代に出会ったギターとバンド。如何にして鷲崎健は今の鷲崎健になったのか。そのルーツは神戸で過ごした少年時代にあった。

【目次】
・タンスだよ
・TとK
・開き直る理由など

【想定読了時間20分】

続きを読む

折りたたむ

恋愛成功体験ゼロというアラサー男子もこの裏ワザで、いますぐ「モテる男」に!

「アラサー男子が楽して“モテる男”になる裏ワザ」を花京院先生が教えます!

「告白して断られて傷つくくらいなら……」「恋愛はゲームみたいにうまくいかないし……」「恋愛に対して努力すること自体が無駄」……などと、恋愛に対して根本的に弱気なアラサー男子が急増中!
「オレはどうせモテないし……」「モテどころか、まったく出会いがない」などと自ら非モテを呼び込むような愚痴はいますぐのみ込んで、花京院先生が提唱する、ラクして「モテるワザ」を身につけよう!!
ワザといっても、いますぐにできることばかり。今回、花京院先生がモテを目指す人たちに向けて【あ】から【わ】まで超カンタンなフレーズを「かるた」のように作ってみました。
 これらのことをひとつひとつ実践するだけで、すぐ目の前に「モテの世界」が待っていること確実!

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです