ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍

産めなきゃ終わりの日本経済

著者
清水量介
価格
100円 100 (+税)
獲得コイン
1 コイン

獲得コイン1コインの内訳

通常購入分
1コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
「子宝に恵まれる」という古くからある言葉は、まるで現代を予見していたかのようだ。働く女性の出産は“宝”のように稀少に思えるほど、困難だ。共働きが増えているのに、環境は整備されず、非正規社員の場合、資金的にかなり厳しい。このままいけば人口減少が加速し、日本経済と社会保障制度の破綻を招きかねない。どれだけ厳しいのか、処方箋はあるのか、を紹介する。(おもな内容)◎なぜ産めないのか・働く女性の出産・育児に立ちはだかるあまたの障害・職場で横行する妊婦いじめ「マタハラ」の壮絶・このままいけば人口は激減・Column「即座に解雇で流産も多い 悲惨な“非正規夫婦”の出産」◎それでも産んだ・日産、資生堂、DeNAなど企業で進む両立支援制度・中小企業でも実現できた!・両立支援する企業ほど成長している・夫が家事に参加するほど第二子が産まれる・Interview 渥美由喜 東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部部長・Column 「仕事人間の社長が育休取得 青野慶久 サイボウズ社長」週刊ダイヤモンド(2013年8月10・17日合併号)の第2特集を電子化したものです。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「産めなきゃ終わりの日本経済」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
38

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2015/1/20
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

「週刊ダイヤモンド特集BOOKS」シリーズ作品一覧(378冊)

100円〜499(+税)