ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • KADOKAWA作品コイン50%還元キャンペーン
  • 講談社文芸作品 最大50%OFFクーポン配布
実用

ITロードマップ 2015年版―情報通信技術は5年後こう変わる!

あらすじ・内容

野村総研技術調査部による「ITロードマップ」調査をベースとし、これから情報技術がどう変わるのか、どのようにビジネス、経済、社会に受け入れられていくのかを予測する。2015年版では、ウェアラブル端末の市場投入に伴う変化や、IoT・スマートマシンなど従来のPCやスマートフォンとは全く異なる新しいサービス展開を中心に解説する。【主な内容】第1章 5年後のITロードマップ第2章 5年後の重要技術第3章 複合的なITの活用による新サービスの可能性第4章 現在のITトレンドを知る

電子書籍
価格

2,178(税込)

1,980円 (+消費税198円)

付与コイン
19(*詳細)

作品情報

シリーズ
ITロードマップ―情報通信技術は5年後こう変わる!
著者
レーベル
――
出版社
東洋経済新報社
カテゴリ
実用
ページ概数
341
配信開始日
2014/12/26
底本発行日
2015/1
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 ITロードマップ 2021年版

著: 野村総合研究所IT基盤技術戦略室NRIセキュアテクノロジーズ

企画部門系ビジネスパーソン、コンサル、SE・・・。ITをビジネスに活用する企業の経営者や企画部門の担当者、実際にITの開発や運用に携わる実務者。特に自社の技術戦略を検討・策定する企画担当者が年度計画や事業計画の「ネタ本」として使えると感じられる本です。

ロングセラーの定番本。野村総合研究所が、最新IT(情報技術)の動向を継続的に調査し、その結果を広く社会に情報発信した成果をまとめたもの。ターゲット読者が今後の技術戦略を検討・作成する際の指針となり、IT利活用のナビテーションとなる、バイブル的な本と位置づけられます。

野村総研による「ITロードマップ」調査をベースとし、これから情報技術がどう変わるのか、どのようにビジネス、経済、社会に受け入れられて行くのかを予測します。

2021年版では、「ポスト・コロナ時代のテクノロジー・ロードマップをを指し示す1冊。リモートワークプレイス・テクノロジー、感情認識AI、スマートロボット、シンセティック・メディア、ジェロンテックなどについて詳しく解説します。

価格

2,970(税込)

2,700円 (+消費税270円)

「ITロードマップ―情報通信技術は5年後こう変わる!」シリーズ作品一覧(全9冊)

1,936円〜2,970(税込)

  • 実用 ITロードマップ 2013年版―情報通信技術は5年後こう変わる!

    ビジネス、経済、社会のしくみを変えるIT予想図がわかる。
    ビッグデータの個別・複合技術、セキュリティ&プライバシー、位置情報認識技術・活用サービス、O2O、オムニチャネル・コマースなどをくわしく解説。技術動向に関心のあるビジネスパーソン必読!
    【主な内容】
    第1章 5年後のITロードマップ/第2章 5年後の重要技術/第3章 複合的なITの活用による新サービスの可能性/第4章 現在のITトレンドを知る/重要用語解説

    価格

    1,936(税込)

    1,760円 (+消費税176円)

  • 実用 ITロードマップ 2014年版―情報通信技術は5年後こう変わる!

    「ITロードマップ」シリーズの最新版。野村総研技術調査部による「ITロードマップ」調査をベースとし、これから情報技術がどう変わるのか、どのようにビジネス、経済、社会に受け入れられて行くのかを予測する。2014年版では、ビッグデータ、データサイエンティスト、データ融合、NFC、BYOD、チャネル横断分析、オープンデータなどを解説する。【主な内容】第1章 5年後のITロードマップ 1-1  ITロードマップと情報技術マップ 1-2 『ITロードマップ2013年版』の要約 1-3 5年後に向けた情報システムの変化第2章 5年後の重要技術 2-1 ビッグデータ 2-2 オムニチャネル時代の顧客分析技術 2-3 DevOps 2-4 NFC  2-5 垂直統合システム (コラム)エネルギー・ビッグデータの活用  (コラム)ユーザーインタフェースの最新動向 (コラム)デバイスの進化が変えるユーザー体験の変化第3章 複合的なITの活用による新サービスの可能性 3-1 日本型データサイエンティスト 3-2 BYOD第4章 現在のITトレンドを知る 4-1 情報技術マップ 4-2 企業情報システムとITキーワードに関する調査◎重要用語解説

    価格

    1,936(税込)

    1,760円 (+消費税176円)

  • 実用 ITロードマップ 2015年版―情報通信技術は5年後こう変わる!

    野村総研技術調査部による「ITロードマップ」調査をベースとし、これから情報技術がどう変わるのか、どのようにビジネス、経済、社会に受け入れられていくのかを予測する。2015年版では、ウェアラブル端末の市場投入に伴う変化や、IoT・スマートマシンなど従来のPCやスマートフォンとは全く異なる新しいサービス展開を中心に解説する。【主な内容】第1章 5年後のITロードマップ第2章 5年後の重要技術第3章 複合的なITの活用による新サービスの可能性第4章 現在のITトレンドを知る

    価格

    2,178(税込)

    1,980円 (+消費税198円)

  • 実用 ITロードマップ 2016年版―情報通信技術は5年後こう変わる!

    人工知能、IoT(Internet of Things)、APIエコノミー、FinTech、デジタル・マーケティング……ビジネス・経済・社会のしくみを変える技術トレンドを徹底予測 2015年は、IoT(Internet of Things)や人工知能、ロボット、さらにはFinTechといった技術が話題となった。特に人工知能は、この2、3年のIT業界における大きなトレンドとなっているビッグデータの処理や分析を効率よく行い、人間の意思決定を支援してくれる技術として、やや過剰ともいえるほど期待が高まっている。また、ファイナンスとテクノロジーを組み合わせた造語であるFinTechも「金融業界に革命を起こす可能性がある」として、期待と不安から急速に関心が高まっている。本書は、ITをビジネスに活用する企業の経営者や企画部門の方、実際にITの開発や運用に携わる方々に対して、2016年以降のIT利活用のナビゲーションとなるべく、以下のような構成としている。■第1章 「ITロードマップとは」 ITロードマップの概要を紹介するとともに、前作の簡単なサマリを記した。また、「2030年のIT」として、2030年に向けての技術動向および企業に対する影響についても解説している。■第2章 「5年後の重要技術」 5年先までの間にビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられるITとして「人工知能」「IoT」「APIエコノミー」等の技術トレンドについて紹介した。また、関連するトピックスとして、「パーソナルロボット」「IoTのセキュリティ」「ハッカソン」等をコラム形式で取り上げている。■第3章 「複合的なITの活用による新サービスの可能性」 技術の観点からの切り口ではなく、特定業界と関係が深いテーマを扱っている。具体的には、金融業界と関係の深い「FinTech」、流通小売業界と関係の深い「リテールTech」、広告業界と関係の深い「デジタル・マーケティング」を取り上げた。 また、FinTechの中で特に注目を集めている「ロボ・アドバイザー」と「ブロックチェーン」については、やや長めのコラムとして、解説を加えている。

    価格

    2,376(税込)

    2,160円 (+消費税216円)

  • 実用 ITロードマップ 2017年版―情報通信技術は5年後こう変わる!

    人工知能(AI)、チャットボット、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)、マルウェア対策、DevSecOps・・・・・

    ビジネス・社会・経済のしくみを変える IT(情報技術)の近未来がこれ1冊でわかる!

    2016年は、人工知能(AI)やロボット、IoT(Internet of Things)、FinTechといった技術が注目を集めた。
    また、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)への関心も高まった。

    一方、こうしたデジタル化の進展の陰では、サイバー攻撃の脅威も年々、高まっている。

    本書は、ITビジネスを活用する企業の経営者や企画部門の方、実際にITの開発や運用に携わる方々に対して、
    2017年以降のIT利活用のナビゲーションとなるべく、以下のような構成としている。

    ■第1章 「ITロードマップとは」
    ■第2章 「5年後の重要技術」
    ■第3章 「複合的なITの活用による新サービスの可能性」
    ■第4章 「重要になるセキュリティ技術」

    価格

    2,750(税込)

    2,500円 (+消費税250円)

  • 1
  • 2

付与コインの内訳

19コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「ITロードマップ 2015年版―情報通信技術は5年後こう変わる!」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報