ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

ラノベ

#海賊たちのサマーソング(上)

あらすじ・内容

『洋画』っぽさ ×『ラノベ』っぽさ × “プレイする”ラノベ!

『夏の終わりに、おうちの3分で夏祭り気分!』
たった「冒頭数ページ読むだけ」でも夏祭り気分を味わえるので、「試し読み」を良かったらどうぞ!

あらすじ(小4→高3)
主人公は戦国時代最後に活躍した海賊の末裔――で、やんちゃな優等生。

「調べてみるか。海賊だったご先祖様に、何か秘密があるはずだ」

小学四年生の夏、瀬戸内海のとある島で、5人の少年少女が『瀬戸内海賊団』を結成した。目的はただ一つ、戦国最後の海賊――《太閤海賊七人衆》が残した《遺産》を見つけるため。
やんちゃしながらも毎日楽しくやっていたが、ある探検中海難事故に遭い、リーダーである汐飽博士の父親が死んでしまう。それをきっかけに博士は気力を失ってゆき、ついぞ海賊団は解散することになった。

そして時は経ち、高校三年生の夏。

「海賊の秘宝が眠ってるかもしれないじゃないか」
「暁良、お前には幽霊に見えてんだよ。枯れ尾花がさ」

そう言って無気力に、惰性で送る“青春”の日々。
そんなある日、昔夏祭りの夜に出会ったハーフ美少女が島に現れ、

「――では決めてください。今この場で飛び込んで死ぬか、一緒に宝探しをするか」と、カナヅチの博士を半殺しにかかる。
彼女に励まされて(?)自分を取り戻した博士は、次の手がかりを得ることに成功!
だが同時に来日した外資系トレジャーハンターの企業、ディープ・パンダ・インダストリー(DPI)の魔の手が迫り……?

絶対に奪わせない夏が、今始まる。

目次
一、只野博士(ただのはくと)は知恵と海賊でできていた。
二、あの夏と、この夏。
三、社会はどこでもブラックカンパニー
四、再開の幽霊は枯れ尾花?
五、地図を手に入れた。二枚目の地図を。
六、ダンジョンに潜って
七、裏切りと鬼手と
(中)へ続く。
読み終わるまでの目安:40分

作品情報

シリーズ
#海賊たちのサマーソング
著者
レーベル
KAWADOKO
出版社
KAWADOKO
カテゴリ
ライトノベル
ページ概数
124
配信開始日
2021/9/2
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

ラノベ #海賊たちのサマーソング(下)

著者: ゴーストライター&Roid

とうとう最後の目的地「天狗島」まで辿り着いた博士たち。
「地獄の門」に隠された「遺産」を、DPIより先に見つけられるのか!?

一、南天の樹の下には、《地獄の門》が埋まっている。
二、地獄へ入って
三、汐飽(しわく)海賊の水景(みかげ)
四、《遺産》
終章:サマータイムエンド

価格

298(税込)

271円 (+消費税27円)

「#海賊たちのサマーソング」シリーズ作品一覧(全2冊)

0円〜298(税込)

  • ラノベ #海賊たちのサマーソング(上)

    『夏の終わりに、おうちの3分で夏祭り気分!』
    たった「冒頭数ページ読むだけ」でも夏祭り気分を味わえるので、「試し読み」を良かったらどうぞ!

    あらすじ(小4→高3)
    主人公は戦国時代最後に活躍した海賊の末裔――で、やんちゃな優等生。

    「調べてみるか。海賊だったご先祖様に、何か秘密があるはずだ」

    小学四年生の夏、瀬戸内海のとある島で、5人の少年少女が『瀬戸内海賊団』を結成した。目的はただ一つ、戦国最後の海賊――《太閤海賊七人衆》が残した《遺産》を見つけるため。
    やんちゃしながらも毎日楽しくやっていたが、ある探検中海難事故に遭い、リーダーである汐飽博士の父親が死んでしまう。それをきっかけに博士は気力を失ってゆき、ついぞ海賊団は解散することになった。

    そして時は経ち、高校三年生の夏。

    「海賊の秘宝が眠ってるかもしれないじゃないか」
    「暁良、お前には幽霊に見えてんだよ。枯れ尾花がさ」

    そう言って無気力に、惰性で送る“青春”の日々。
    そんなある日、昔夏祭りの夜に出会ったハーフ美少女が島に現れ、

    「――では決めてください。今この場で飛び込んで死ぬか、一緒に宝探しをするか」と、カナヅチの博士を半殺しにかかる。
    彼女に励まされて(?)自分を取り戻した博士は、次の手がかりを得ることに成功!
    だが同時に来日した外資系トレジャーハンターの企業、ディープ・パンダ・インダストリー(DPI)の魔の手が迫り……?

    絶対に奪わせない夏が、今始まる。

    目次
    一、只野博士(ただのはくと)は知恵と海賊でできていた。
    二、あの夏と、この夏。
    三、社会はどこでもブラックカンパニー
    四、再開の幽霊は枯れ尾花?
    五、地図を手に入れた。二枚目の地図を。
    六、ダンジョンに潜って
    七、裏切りと鬼手と
    (中)へ続く。
    読み終わるまでの目安:40分

  • ラノベ #海賊たちのサマーソング(下)

    とうとう最後の目的地「天狗島」まで辿り着いた博士たち。
    「地獄の門」に隠された「遺産」を、DPIより先に見つけられるのか!?

    一、南天の樹の下には、《地獄の門》が埋まっている。
    二、地獄へ入って
    三、汐飽(しわく)海賊の水景(みかげ)
    四、《遺産》
    終章:サマータイムエンド

    価格

    298(税込)

    271円 (+消費税27円)

付与コインの内訳

0コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「#海賊たちのサマーソング(上)」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報