ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

同人誌・個人出版作品コイン30%還元キャンペーン
実用

物語としての旧約聖書 人類史に何をもたらしたのか

レビューを見る

あらすじ・内容

2018年度のNHK「宗教の時間」ガイドブックとして大好評を博した『物語としての旧約聖書』が、満を持して待望の単行本化!

【「はじめに」より】
 聖書には、旧約聖書と新約聖書があり(略)旧約聖書のほうは、大小39の書から構成されています。そのほぼ半分は古代イスラエルの先祖たちの物語や王国の歴史記述ですが、預言者たちの言葉、イスラエルの民が詠った詩歌、さらに短編小説を思わせる物語や人生を省察した作品などがそこに加わります。聖書と呼ばれるので、堅苦しい宗教的な教えを思い浮かべる方もおられるかもしれませんが、そこには人間味あふれる物語が少なくありません。(略)
 ユダヤ教の聖書がキリスト教に受容されることにより、旧約聖書に伝わる思想の多くもキリスト教へと引き継がれました。唯一神観、自然観、歴史観、人間観など、キリスト教思想の多くは旧約聖書に由来します。それだけではありません。ユダヤ教やキリスト教を介して、旧約聖書の物語や思想はイスラム教にも受け継がれました。初期のイスラム教徒が自分たちを創世記に物語られるアブラハム(イブラヒム)の子孫と理解したことなどは、その一例です。
 旧約聖書を残した古代イスラエルの民は、紀元前1200年前後にパレスチナに定住した弱小の一民族でした。紀元前1000年ころに王政に移行したあとも、彼らは弱小の民であるがゆえに、南のエジプトと東のメソポタミアに興ったアッシリアやバビロニアといった大国のはざまで翻弄され続けました。王国は南北に分かれ、北王国は紀元前七二二年にアッシリアに滅ぼされ、南のユダ王国は紀元前586年にバビロニアによって滅ぼされ、主だった人々は失ってバビロニア捕囚民となりました。捕囚から帰還した紀元前6世紀後半以降、エルサレムを中心とする彼らの地はペルシア帝国の一属州になり、ペルシア帝国が滅亡してからは、エジプトのプトレマイオス朝の、またシリアのセレウコス朝の支配下に組み込まれました。旧約聖書に記されたもっとも新しい時代は、マカベア戦争と呼ぶ、ユダヤの民が蜂起し、セレウコス朝に独立戦争を挑んだ紀元前二世紀前半です。その後、独自の王政が敷かれた時期もありますが(略)反ローマ独立戦争に敗れたユダヤの民は故地を失い、世界に散在する民(ディアスポラ)となるのです。
 古代イスラエルのこのような歴史のなかで、旧約聖書は書き記されました。そしてそれが、ユダヤ教成立の基礎となり、キリスト教誕生の土壌となり、イスラム教にまで浸透しました。当時の古代オリエントの強大国に翻弄され続けた弱小の民が残した旧約聖書は、こうして、その後の宗教の歴史にはかりしれない影響をおよぼすことになりました。それは人類宗教史に生起した一大逆説と呼びうるような現象です。(略)
 本書では、ヘブライ語で伝わる旧約聖書にもとづき、古代西アジア文明地の一隅に歴史を刻んだイスラエルの民が伝える物語をたどりながら、そこにたたみ込んだ思想と信仰の特色を探ってゆきます。それによって、人類の宗教史にはかりしれない影響をおよぼしえた旧約聖書の秘密の一端を、また旧約聖書のもつ今日的意義の一端を明らかにできれば、と願っています。

【内容】
第1章 天地創造 人間と自然の調和を願って
第2章 エデンの園 人は塵から造られ塵に帰る
第3章 カインの末裔 都市文明への批判的視座
第4章 大洪水 物語の現代的意味
第5章 アブラハム おそれとおののきのなかで
第6章 ヤコブとその子ら 目に見えない神の摂理
第7章 出エジプト 苦境からの解放
第8章 カナン定住 嗣業の地の配分
第9章 ダビデとその後 翻弄される王国
第10章 預言者の言葉 時代批判と将来への希望
第11章 預言者群像 その素顔と個性
第12章 小さき者たちの神 多様性と逆説性

電子書籍
価格

1,980(税込)

1,800円 (+消費税180円)

付与コイン

新規限定!

コイン 918

コイン還元

(*詳細)

作品情報

シリーズ
NHKブックス(NHK出版)
著者
レーベル
――
出版社
NHK出版
カテゴリ
実用
ページ概数
387
配信開始日
2024/2/16
底本発行日
2024/1/25
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 声と文字の人類学

著: 出口顯

「文字イコール文明」というイメージを覆す

「文字による伝達が生まれると文明が生まれる」と見る人類史が見落としてきた事例は多い。本書は、古代ギリシャから中世英国、近代日本、現代バリまで、「声より先に文字がある」「文字記録が信頼されない」例を集め、字を書くことと「口伝え」との境界面を探ることを通じて文明の常識を問いなおす。

価格

1,760(税込)

1,600円 (+消費税160円)

「NHKブックス(NHK出版)」シリーズ作品一覧(全14冊)

1,309円〜1,980(税込)

  • 実用 魚食の人類史 出アフリカから日本列島へ

    なぜ霊長類の中でホモ・サピエンスだけが、積極的に魚を食べるのか? それは、もともとホモ・エレクトゥスやネアンデルタール人といった「強者」に対抗するための仕方なしの生存戦略だった。だが、人類がアフリカから世界中に拡散していく過程で、その魚食こそが飢えを満たし、交通手段を発展させ、様々な文化を生み出す原動力になった。果たして、魚食は「弱者」ホモ・サピエンスに何をもたらしたのか? 他の霊長類との比較を踏まえ、出アフリカから日本列島へと至る「大逆転の歴史」をベテランの人類学者が鮮やかに描き出す。

    価格

    1,309(税込)

    1,190円 (+消費税119円)

  • 実用 最新版 論文の教室 レポートから卒論まで

    累計28万部のロングセラー、最後の大改訂! キミは論文って何かを知っているか?

    「論文書き方本の最終兵器」を10年ぶりにアップデート。主人公は作文のヘタな大学新入生。彼がダメ論文を「Aプラス論文」へ改善するまでのプロセスを追いながら、論文の基本からアウトラインの作り方、草稿のまとめ方、仕上げ方までを伝授する。類書にはないウリとして、主張の説得力を高めるための「論証」のテクニックを分かりやすく解説。さらに、この10年間の環境の変化をふまえて、文献や資料探し、情報検索の方法についてさらに詳しい解説をほどこすほか、明快で読みやすい論文を書くための文章指南パートを大幅増量!

    〈目次〉
    第1章 論文の宿題が出ちゃった!
    第2章 論文には「問いと主張と論証」が必要だ
    第3章 論文にはダンドリも必要だ
    第4章 論文とは「型にはまった」文章である
    第5章 論文の種としてのアウトライン
    第6章 そもそも論証ってどういうこと?
    第7章 「パラグラフ・ライティング」という考え方
    第8章 わかりやすい文章を書くために
    第9章 最後の仕上げ
    巻末豪華五大付録
      A 論文提出直前のチェックリスト
      B 論文完成までのフローチャート
      C ここだけのインサイダー情報:論文の評価基準
      D 「禁句集」――作文ヘタ夫くんの使いがちな表現トップテン+α
      E おすすめの図書など

    価格

    1,540(税込)

    1,400円 (+消費税140円)

  • 実用 ミャンマー 「民主化」を問い直す ポピュリズムを越えて

    「国民統合」なくして和平なし

    衝撃的なクーデターの背景には、軍も民主派も「ビルマ族中心主義」に陥っていたことがあった。過去100年にわたるミャンマーのナショナリズムは、つねに「よそ者」を見つけ出さなければ維持できない「排他的」な性格を持ち、ロヒンギャ問題もその延長線上にある――。クーデターを起こした軍部だけが悪いのか? 民主派の政権に戻ればそれでいいのか? 民政移管後、激動の情勢下で民主派と活動を共にし経済開発に携わってきた若手研究者が、日本で「聖人視」されてきたアウンサンスーチーのポピュリズム化を描き、クーデターと民主化の深層にある権力構造を暴いて、多民族国家の平和と「国民統合」による民主主義の実現への道筋を示す!

    価格

    1,650(税込)

    1,500円 (+消費税150円)

  • 実用 「修養」の日本近代 自分磨きの150年をたどる

    何が「働くノン・エリート」を駆り立てたのか?

    明治・大正期、旧制高校を出て帝国大学に入るようなエリートになれなかった多くの人々は、どうやって「立身出世」すべきか分からなかった。昭和期、サラリーマンになることで身を立てる人が増えたが、何を拠りどころにして働けばいいかが分からない。会社で「研修」に励んだ彼らは、平成以降の低成長期に入ると、派手な成功を望みづらいなかで、自己啓発やビジネス書の消費者となっていった 。近代日本の歴史の根底には、「働くノン・エリート」の「自己向上」への意欲が、常に「宗教っぽいもの」をまといながら、水脈となって流れていたのだ。明治から現代まで連綿と続く営為の系譜をたどり、“日本資本主義の精神”の展開史を描き出す!

    序章 「自分磨き」の志向 
    第一章 語られた修養 伝統宗教と〈宗教っぽい〉もの
    第二章 Self-Helpの波紋 立身出世と成功の夢
    第三章 働く青年と処世術 新渡戸稲造と『実業之日本』
    第四章  「経営の神様」と宗教 松下幸之助の実践
    第五章 修養する企業集団 ダスキンの向上心
    終章 修養の系譜と近代日本 集団の中で自分を磨く

    *電子書籍版には収録していない資料写真が1点ございます。ご了承ください。

    価格

    1,760(税込)

    1,600円 (+消費税160円)

  • 実用 語られざる占領下日本 公職追放から「保守本流」へ

    権力の正統性はいかに歪められたか?

    日本が占領から独立を回復して70年が経った。時の政権は“保守本流”宏池会出身者である。宏池会の領袖だった宮澤喜一は「占領というのは非常に屈辱だ」と述懐した。公職追放という最高権力が振るわれる傍で、数多の日本人が理不尽な目に遭っていた。私たちはこうした事実を忘れたままでよいのだろうか? 本書は、著者が収集した史料や証言をもとに、広島カープ創設者悲話、フリーメイソンと宮内庁の攻防、三木武夫とGHQの蜜月、田中角栄伝説誕生の舞台裏を描くことで、GHQによる公職追放の恣意性を浮かび上がらせる。また、当時の混乱がこんにちの「保守本流」のあり方までをも規定したことを示す、実力派による刺激的な現代史である。

    【目次(仮)】
    序 「あのお話はなかったことにして下さい」
    第一章 広島カープの「生みの親」谷川昇の軌跡
    第二章 「バルカン政治家」三木武夫の誕生
    第三章 フリーメイソンと日本の有力者たち
    第四章 「田中角栄伝説」と戸川猪佐武『小説吉田学校』
    おわりに 「道義のない民主々義はありません」

    価格

    1,760(税込)

    1,600円 (+消費税160円)

付与コインの内訳

918コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

  • 初回50%コイン還元 会員登録から30日以内の初回購入に限り、合計金額(税抜)から50%コイン還元適用

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

【クーポンの利用について】
クーポン適用後の金額(税抜)に対し初回50%コイン還元分のコインが付与されます。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

「物語としての旧約聖書 人類史に何をもたらしたのか」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報