ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

[映]アムリタ

著者
野崎まど

あらすじ・内容

異色の青春ミステリー

自主制作映画に参加することになった芸大生の二見遭一。その映画は天才と噂される最原最早の監督作品だった。彼女のコンテは二見を魅了し、恐るべきことに二日以上もの間読み続けさせてしまうほどであった。二見はその後、自分が死んだ最原の恋人の代役であることを知るものの、彼女が撮る映画、そして彼女自身への興味が先立ち、次第に撮影へとのめりこんでいく。 しかし、映画が完成したとき、最原は謎の失踪を遂げる。ある医大生から最原の作る映像の秘密を知らされた二見は、彼女の本当の目的を推理し、それに挑もうとするが――。 第16回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞作。

電子書籍
価格

583(税込)

530円 (+消費税53円)

付与コイン
5(*詳細)

作品情報

シリーズ
[映]アムリタ
著者
レーベル
メディアワークス文庫
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
209
配信開始日
2013/12/26
底本発行日
2009/12/16
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

文芸 [映]アムリタ 新装版

著者: 野崎まど

芸大の映画サークルに所属する二見遭一は、天才とうわさ名高い新入生・最原最早がメガホンを取る自主制作映画に参加する。
だが「それ」は“ただの映画”では、なかった――。
TVアニメ『正解するカド』、『バビロン』、劇場アニメ『HELLO WORLD』で脚本を手掛ける鬼才・野崎まどの作家デビュー作にして、電撃小説大賞にて《メディアワークス文庫賞》を初受賞した伝説の作品が新装版で登場!
貴方の読書体験の、新たな「まど」が開かれる1冊!

価格

671(税込)

610円 (+消費税61円)

「[映]アムリタ」シリーズ作品一覧(全2冊)

583円〜671(税込)

  • 文芸 [映]アムリタ

    自主制作映画に参加することになった芸大生の二見遭一。その映画は天才と噂される最原最早の監督作品だった。彼女のコンテは二見を魅了し、恐るべきことに二日以上もの間読み続けさせてしまうほどであった。二見はその後、自分が死んだ最原の恋人の代役であることを知るものの、彼女が撮る映画、そして彼女自身への興味が先立ち、次第に撮影へとのめりこんでいく。 しかし、映画が完成したとき、最原は謎の失踪を遂げる。ある医大生から最原の作る映像の秘密を知らされた二見は、彼女の本当の目的を推理し、それに挑もうとするが――。 第16回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞作。

    価格

    583(税込)

    530円 (+消費税53円)

  • 文芸 [映]アムリタ 新装版

    芸大の映画サークルに所属する二見遭一は、天才とうわさ名高い新入生・最原最早がメガホンを取る自主制作映画に参加する。
    だが「それ」は“ただの映画”では、なかった――。
    TVアニメ『正解するカド』、『バビロン』、劇場アニメ『HELLO WORLD』で脚本を手掛ける鬼才・野崎まどの作家デビュー作にして、電撃小説大賞にて《メディアワークス文庫賞》を初受賞した伝説の作品が新装版で登場!
    貴方の読書体験の、新たな「まど」が開かれる1冊!

    価格

    671(税込)

    610円 (+消費税61円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

5コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「[映]アムリタ」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

おすすめコメント

  • 天才がつくる映画は麻薬以上…。

    野崎まどさんの天才っぷりがヤバイ!と噂で気になっていた作品。

    淡々とボケをかます天才監督(♀)と思いっきりツッコミをいれる役者(♂)と
    その他映画をつくる大学生の青春物語かー。ふーん。と、ノロノロ読んでいたら
    途中から引き込まれ、明日返却しなきゃいけないDVDそっちのけで読んでしまった。
    延滞料のかからない書籍をDVDより優先してしまった・・・。後悔はしてない(多分)。

    一言でいうと怖い。
    グロいとか一般的なホラーではなく、ゾっとする怖さ。
    何を書いてもネタバレになりそうなのでとりあえず読んだときの状況を伝えてみました。
    順番に読むと何かが起きるそうなので、このあと『舞面真面とお面の女』読みます。
    怖いけど天才的な物語すぎて睡眠不足になりそうです。

    2014/06/05

お得な情報