ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍

そして官僚は生き残った 内務省、陸軍省、海軍省解体―昭和史の大河を往く〈第10集〉

価格
800円 800 (+税)
獲得コイン
8 コイン

獲得コイン8コインの内訳

通常購入分
8コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
最大の事業仕分け、GHQによる官庁中の官庁・内務省と巨大な人員を擁する陸軍省、海軍省の解体。だが官僚たちはしたたかだった。名とかたちを変え組織は残った。 <目次>最後の陸相・下村定の未公開手記陸軍省消滅と下村陸相の国会での謝罪演説陸軍最後の日──昭和天皇と下村陸相の涙陸軍最後の日の皇居内──侍従武官の証言「公」のためと「私」のための自決なぜ俺が敗戦国の軍使に──河辺虎四郎の憂鬱敗戦は「我等軍人の罪」──自決したO大佐の真摯な反省“官庁中の官庁”内務省解体を目指すGHQ内務省解体とGHQ内部の確執“責任ある政府”──ケーディスの理想と内務省解体解体目前の内務官僚たちの心中──鈴木俊一の証言国家警察と自治体警察──警察改革を巡る攻防警察法改正──ゆきづまったアメリカ型警察制度内務省終焉──真に解体すべきは悪しき官僚制度海軍は開戦に反対していたという“神話”の誕生最後の海相・米内光政の訓示に込められた思い米内光政の見事な出処進退と消えた海軍の戦争責任戦後、一切の公職に就かなかった井上成美の生き方「三笠」艦上から海軍解体の日を思う特攻作戦の責任と海軍将官の自決海軍という理想郷のなかで消えた「勇断」警察予備隊創設と旧内務官僚と旧軍人の対立自衛隊の基礎を作った十一人の旧軍佐官クラスの任用そして官僚機構はかたちを変え、残ったあとがきに代えて──戦前、戦後とも責任をとることのない官僚組織
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「そして官僚は生き残った 内務省、陸軍省、海軍省解体―昭和史の大河を往く〈第10集〉」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
301

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2014/3/7
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

「昭和史の大河を往く」シリーズ作品一覧(12冊)

800(+税)

昭和史の大河を往くのシリーズ詳細ページへ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面