ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

天文ガイド2022年9月号

あらすじ・内容

毎月の天文現象を最新データで紹介

【特集】
〇開眼! ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡[前編]/塚田 健
7月11日から12日にかけて、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)の最初の科学観測データが公開されました。可視光で観測したハッブル宇宙望遠鏡(HST)の後継ともいえるJWSTは赤外線での観測を行います。開発からおよそ25年、多くの困難を乗り越えて撮影された画像と観測データ、JWSTの概要を詳しく紹介します。後編ではHSTをはじめとした宇宙望遠鏡の活躍を紹介予定。


〇明け方の空で見られた惑星集合
今春から明け方の空で複数の惑星が集合する様子が見られました。5月~6月にかけても惑星同士の接近・集合する様子が見られ、とくに6月18~27日にかけては、水星、金星、天王星、火星、木星、海王星、土星が集合する、貴重な光景が見られました。編集部に届いた写真をギャラリーページで紹介します。


〇星空を楽しむ&昼間も楽しむ アストロキャンプ/荒井裕介、井川俊彦、編集部
キャンプをしながら星空観望。キャンプに来たからには昼間のアクティビティも楽しんでしまおうという不定期企画「アストロキャンプ」。今回は注目のデジタル天体望遠鏡eVscopeを使って電視観望に初挑戦&昼間は野草摘みをするというユル~いプラン…の予定が、夏ならではの不測の事態が次々と発生。今回のアストロキャンプ、成立するのか! ?


〇スマート望遠鏡Vespera(ヴェスペラ)登場/沼澤茂美
サイトロンジャパンが取り扱いを開始するフランスVaonis社のデジタル天体望遠鏡Vespera(ヴェスペラ)。予備知識なしでも、簡単な操作で星雲・星団や銀河に望遠鏡を向け、スタックした天体像を観ることができる「スマート望遠鏡」です。軽量・コンパクトかつリーズナブな本機に要注目です。

電子書籍
価格

1,100(税込)

1,000円 (+消費税100円)

付与コイン
10(*詳細)

作品情報

シリーズ
天文ガイド
著者
レーベル
――
出版社
誠文堂新光社
カテゴリ
実用
ページ概数
156
配信開始日
2022/8/6
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 天文ガイド2023年2月号

著者: 天文ガイド編集部

■【特集:南極老人星カノープスを見よう】
牛山俊男
低空まで晴れ渡った夜、真冬の星空を彩る7つの1等星が正中する中、
そのはるか南に姿を現わすもう一つの1等星が、りゅうこつ座のカノープスです。
カノープスはシリウスに次いで全天で2番目に明るい星。
地平線すれすれの低い位置で輝くため、中国では、
見ることができると縁起の良い“南極老人星”と言われています。
観測シーズンを迎えるカノープスを見る・撮るためのガイドを紹介します。

■【3月24日金星食、4月20日金環皆既日食情報】
中西アキオ、編集部
3月24日に金星食が見られます。暗い空で見られる金星食としては、
2012年8月14日以来11年ぶり。今回は九州南部と南西諸島で起こります。
この金星食の詳しい情報を紹介します。また、天文ガイドで企画中の観測ツアー
(講師:中西アキオ氏)についても紹介します。
さらに、4月20日にはオーストラリアや東ティモールで金環皆既日食が起こります。
天文ガイドでは、この日食を観測するためのツアーを企画しました。
現地での観測情報と観測ツアーについて紹介します。

■【ZWO AM】5赤道儀レビュー】
沼澤茂美
惑星撮影用のCMOSカメラで知られるZWO社。
同社からリーズナブルな価格で登場したAM5赤道儀は、
波動歯車装置を搭載し、スマートWi-Fiコントローラーと組み合わせることで、
簡単かつ確実に快適な天体撮影環境を実現します。
話題の赤道儀の多様な機能と使い方を紹介します。

■【ふたご座流星群2022速報】
長田和弘
2022年のふたご座流星群は活発な活動を見せ、明るい火球も多く出現しました。
各地の観測報告から今回の観測結果をまとめ、速報で紹介します。
また、編集部に届いた流星群をとらえた画像も紹介します。

■【はやぶさ2拡張ミッションのフライバイ天体による恒星食 観測協力者募集】
平林正稔,吉田二美
小惑星リュウグウのサンプルを地球に送り届けた「はやぶさ2」。その後、
「はやぶさ2」は2031年までの「拡張ミッション」としてさまざまな観測を予定しています。
拡張ミッションの行程で「小惑星2001CC21」のフライバイを行いますが、
2001CC21は2023年1月~3月に7回の恒星食が起こります。
現在、JAXAでは2001CC21のさまざまな観測を進めていますが、
その一つとしてこの恒星食の観測協力を広く呼びかけています。
本稿では、この恒星食の情報と、観測協力の参加方法を紹介します。

価格

1,100(税込)

1,000円 (+消費税100円)

「天文ガイド」シリーズ作品一覧(全80冊)

815円〜1,100(税込)

  • 実用 天文ガイド2023年2月号

    ■【特集:南極老人星カノープスを見よう】
    牛山俊男
    低空まで晴れ渡った夜、真冬の星空を彩る7つの1等星が正中する中、
    そのはるか南に姿を現わすもう一つの1等星が、りゅうこつ座のカノープスです。
    カノープスはシリウスに次いで全天で2番目に明るい星。
    地平線すれすれの低い位置で輝くため、中国では、
    見ることができると縁起の良い“南極老人星”と言われています。
    観測シーズンを迎えるカノープスを見る・撮るためのガイドを紹介します。

    ■【3月24日金星食、4月20日金環皆既日食情報】
    中西アキオ、編集部
    3月24日に金星食が見られます。暗い空で見られる金星食としては、
    2012年8月14日以来11年ぶり。今回は九州南部と南西諸島で起こります。
    この金星食の詳しい情報を紹介します。また、天文ガイドで企画中の観測ツアー
    (講師:中西アキオ氏)についても紹介します。
    さらに、4月20日にはオーストラリアや東ティモールで金環皆既日食が起こります。
    天文ガイドでは、この日食を観測するためのツアーを企画しました。
    現地での観測情報と観測ツアーについて紹介します。

    ■【ZWO AM】5赤道儀レビュー】
    沼澤茂美
    惑星撮影用のCMOSカメラで知られるZWO社。
    同社からリーズナブルな価格で登場したAM5赤道儀は、
    波動歯車装置を搭載し、スマートWi-Fiコントローラーと組み合わせることで、
    簡単かつ確実に快適な天体撮影環境を実現します。
    話題の赤道儀の多様な機能と使い方を紹介します。

    ■【ふたご座流星群2022速報】
    長田和弘
    2022年のふたご座流星群は活発な活動を見せ、明るい火球も多く出現しました。
    各地の観測報告から今回の観測結果をまとめ、速報で紹介します。
    また、編集部に届いた流星群をとらえた画像も紹介します。

    ■【はやぶさ2拡張ミッションのフライバイ天体による恒星食 観測協力者募集】
    平林正稔,吉田二美
    小惑星リュウグウのサンプルを地球に送り届けた「はやぶさ2」。その後、
    「はやぶさ2」は2031年までの「拡張ミッション」としてさまざまな観測を予定しています。
    拡張ミッションの行程で「小惑星2001CC21」のフライバイを行いますが、
    2001CC21は2023年1月~3月に7回の恒星食が起こります。
    現在、JAXAでは2001CC21のさまざまな観測を進めていますが、
    その一つとしてこの恒星食の観測協力を広く呼びかけています。
    本稿では、この恒星食の情報と、観測協力の参加方法を紹介します。

    価格

    1,100(税込)

    1,000円 (+消費税100円)

  • 実用 天文ガイド2023年1月号

    ■【特別付録】
    1月特大号付録は「2023年アストロカレンダー」。
    12ヵ月の星空風景と天文現象を掲載。観測計画に役立つミニカレンダーです。

    ■【特集:2023年注目の天文現象】
    沼澤茂美、脇屋奈々代
    2023年に要注目の天文現象をダイジェストで紹介します。
    2023年に前半に見られる金星と木星の接近や金星食、18年ぶりに夜間で見られるアンタレス食、
    好条件のペルセウス座流星群とふたご流星群、部分日食、部分月食など、
    2023年の見逃せない天文現象をまとめてチェック!

    ■【全天周映像で見る古天球儀の世界】
    齋藤正晴
    17世紀に製作された古天球儀を高精細画像でとらえ、
    プラネタリウムの全天周ドームで投影した多摩六都科学館の試みを紹介。
    古天球儀の画像とデジタルプラネタリウムの星を重ねると、
    驚くべき正確さで描かれていることもわかりました。
    1月18日に同館で上映されるプログラム「古天球儀の世界」を
    いち早く誌面でビジュアルに紹介します。

    ■【各地でとらえた11月8日の皆既月食】
    11月8日の皆既月食は月食の全経過を見ることができ、
    見やすい時間帯&高度で起こる好条件の月食でした。
    当日は天候に恵まれて、多くの人が月食の月を見上げ、大きな話題となりました。
    天文ガイド編集部に多数届いた皆既月食と天王星食の写真を紹介します。

    ■【小惑星ディディモス、小惑星ファエトンによる掩蔽観測成功】
    瀧本麻須美、早水 勉
    NASAの探査機「DART」は小惑星ディディモスの衛星・ディモルフォスへの衝突実験に成功。
    そのディディモスは推定直径780mほどの小惑星ですが、
    この10月に日本人の観測チームが掩蔽の観測に成功しました。
    同じ10月に、ふたご座流星群の母天体である小惑星ファエトンによる掩蔽(恒星食)の
    観測にプロ・アマの観測者からなる日本人チームが成功しました。
    快挙といえる成果となった2つの観測について紹介します。

    ■【2023年4月20日金環皆既日食情報】
    天文ガイド編集部
    2023年4月20日に起こる金環皆既日食(日本国内では部分日食)。
    天文ガイドではオーストラリアのエクスマウス付近、東ティモールでの
    観測ツアーを企画しています。現地での日食の様子などを紹介します。

    価格

    1,100(税込)

    1,000円 (+消費税100円)

  • 実用 天文ガイド2022年12月号

    ■【特集:火星の表面模様の観測好期 12月1日火星が地球に最接近】
    /熊森照明、榎本 司、安達 誠
    12月1日に地球最接近となる火星。今回は地球に8145万kmまで接近し、
    視直径は最大17.2秒、-2.0等まで明るくなると予報されています。
    2年2ヵ月ぶりに接近し、観測好期となる火星の観測ガイドを紹介します。
    また、9月後半に火星表面のダストストームが発生しました。
    その後ダストストームは終息に向かいつつありますが、
    最新の撮影画像とともにその様子も紹介します。

    ■【サイトロンジャパン天体写真コンテスト2022入賞作品発表】
    /渡邉 晃、沼澤茂美、成澤広幸
    昨年、サイトロンジャパン創立60周年を記念して開催された天体写真コンテスト。
    その第2回となる「サイトロンジャパン天体写真コンテスト2022」が開催されました。
    厳正な審査を経て決定した入賞作品を天文ガイド誌上で発表します。

    ■【プラネタリウム誕生から100年】
    /塚田 健
    2023年10月21日は、近代的な光学式プラネタリウムが誕生して100年。
    1923年の同日にドイツ博物館でプラネタリウム「ツァイスI」が試験公開され、
    その後、全世界へとプラネタリウムは広まっていきました。
    プラネタリウム100周年を記念して、
    今号よりシリーズでプラネタリウムの話題を紹介していきます。

    ■【米子高専科学部がタイーコイズフリンジをとらえた!】
    /米子高専科学部、竹内彰継(同部顧問)
    米子工業高等専門学校科学部は本誌「読者の天体写真」でもたびたび入選し、
    部の活動として精力的に天体観測に取り組んでいます。
    同部では2021年11月19日の月食を分光観測し、
    観測結果の解析から、ターコイズフリンジのスペクトルを
    とらえることに成功しました。観測レポートを紹介します。

    価格

    1,100(税込)

    1,000円 (+消費税100円)

  • 実用 天文ガイド2022年11月号

    【特集】
    〇好条件の月食と月食中に見られる天王星食
    11月8日の皆既月食と天王星食/沼澤茂美
    11月8日の宵から深夜にかけて皆既月食が見られます。
    皆既の継続時間が約1時間半と長く、
    半影月食を含めた月食の行程のすべてが見られる好条件の月食です。
    そして、月食の最中に天王星が月に隠される「天王星食」が起こる特別な月食です。
    今回の月食の詳しい予報と観測のためのガイド、注目のターコイズフリンジの見え方、
    月食中の天王星食の予報を紹介します。

    〇初めての皆既月食撮影/成澤広幸
    好評連載中「星空撮影QUICKガイド」では、
    今回初めて皆既月食を撮る人向けの撮影ガイドを紹介。
    撮影地の選び方、月を大きく撮るクローズアップ撮影方法、
    月食の進行に合わせた撮影などをわかりやすく紹介します。

    〇半世紀ぶりの有人月着陸を目指す
    「アルテミス計画」本格始動!/塚田 健
    アポロンの妹である月の女神の名を冠した「アルテミス計画」は
    半世紀ぶりとなる有人月着陸を目指す月探査計画です。
    アルテミス1ミッションのためのロケット打ち上げから、
    その後のスケジュール、目指す将来的な展望まで、
    歴史的ミッション「アルテミス計画」の概要を紹介します。

    〇全天周映像で見る縄文時代の星空/齋藤正晴
    多摩六都科学館で「大人向けプラネタリウム」として制作された生解説番組、
    「縄文時代の星空」が11月に投影されます。
    約5000年前、西東京市にある同館の夜空では南十字星も見えた。
    そんな、縄文時代の星空を地元の下野谷遺跡のVR映像をもとに番組で再現。
    全天周映像で体験しながら、当時の星空について知ることができます。
    縄文時代の星空と番組の概要を紹介します。

    〇胎内星まつり2022レポート/井川俊彦
    2022年もオンラインで開催された「胎内星まつり」。
    今回で3回目となったリモートによるプログラムをレポートします。
    メーカーによる新製品・開発製品紹介にも注目です。

    価格

    1,100(税込)

    1,000円 (+消費税100円)

  • 実用 天文ガイド2022年10月号

    【特集】
    〇好シーイング環境下に建てる
    惑星観測家の天文台建設計画/阿久津富夫
     惑星観測者として知られる阿久津富夫さん。かつてフィリン・セブ島で見た「静止したかのような」惑星像に魅せられ、同地に移住して惑星観測所の建設を立案。コロナ禍を経ながらも計画を進め、観測所は今冬に完成、ファーストライトを迎える予定です。阿久津さんの「夢の天文台」建設について紹介してもらいます。


    〇衝を迎えた土星・見ごろとなる木星/熊森照明
    8月15日に衝を迎えた今年の土星。2021年にくらべ環の傾きが小さくなり、土星本体が南北にはみ出して見えています。大赤斑のオレンジ色が目立つ今年の木星は9月27日に衝を迎え、これから観測好期となります。2大惑星の6月~8月の姿を惑星観測者・熊森照明さんがとらえた画像で紹介します。

    〇開眼!ジェイムズ・ウェッブ望遠鏡[後編]
    宇宙望遠鏡の変遷と進化/塚田 健
    9月号の前編では、7月に公開された初期観測画像とともにジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡を紹介。後編では、ジェイムズ・ウェッブの最新の観測成果を紹介しつつ、“前任”ともいえるハッブル宇宙望遠鏡の軌跡と観測成果、また、そのほかの宇宙望遠鏡を紹介します。

    〇シグマ20mm F1.4 DG DN Art/沼澤茂美
    シグマからF1.4の大口径・超広角レンズが発表。“星空撮影に特に注力”して開発され、大きな注目を集めています。フィールドで試写した作例とともに速報で紹介します。

    〇電視観望の技術とFAQ
    2022年6月号~8月号の3回にわたり、「自宅で始める電視観望」として、電視観望とは何か、機材の紹介、観望のためのソフトウェアの扱い方について紹介しました。今回は補足編として、電視観望で使うCMOSカメラの特性について紹介。また電視観望でつまずきやすいポイントをQ&Aスタイルで紹介します。

    価格

    1,100(税込)

    1,000円 (+消費税100円)

付与コインの内訳

10コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「天文ガイド2022年9月号」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報