ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • ニコニコカドカワ祭り2018(後半)
はじめてのお客さまへ
電子書籍

“中西改革”が日立のタブーをぶち壊す

価格
100円 100 (+税)
獲得コイン
1 コイン

獲得コイン1コインの内訳

通常購入分
1コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
2009年3月期、7873億円の最終赤字を計上し、ドン底を味わった日立製作所……。それが今や、二年連続で過去最高益を記録している。その背景には、経営陣による大きな改革がある。会長の川村隆氏が1年で再建の土台を固め、後継者の中西宏明社長が軌道に乗せた。中西社長は、それまでの日立ではタブー視されていたような、考えられないほどの超ド級の経営判断を続けている。IT事業から原子力発電プラント、鉄道、建設機械に金融事業まで920社もの連結子会社、32万の従業員を抱える超巨大な集合体、日立。変貌の“内幕”と、目標とする“真のグローバル企業”との距離感をえぐり出す。「週刊ダイヤモンド」(2013年01月05日号)の第二特集「“中西改革”が日立のタブーをぶち壊す」を電子書籍化しました。雑誌の他のコンテンツは含まれずレポートだけを電子化したため、お求めやすい価格になっています。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「“中西改革”が日立のタブーをぶち壊す」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
48

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2015/1/20
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

「週刊ダイヤモンド特集BOOKS」シリーズ作品一覧(366冊)

100円〜499(+税)