ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍(ラノベ)

東京SHADOW 2013(1) 赤い稲妻

著者
西谷史
イラスト
戯々
価格
170円 170 (+税)
獲得コイン
1 コイン

獲得コイン1コインの内訳

通常購入分
1コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

赤い稲妻が人々の運命を変える

 ある夏の夕、渋谷の空に赤い稲妻が走った。ある人にはそれが見え、他の人々には見えなかった。そして赤い稲妻を見た人にはさまざまな能力が生じた。主人公の鶴田貴之は並はずれた方向感覚を、彼が憧れていた高城舞は精神と肉体を分離する力を、舞が交際していた祁答院紫苑はモーッアルトに匹敵する作曲の才能を得た。
 そして赤い稲妻を見た人々の前に、かつて日本に駐屯していたアメリカ軍の兵士の亡霊が姿を現す。亡霊は赤い稲妻を見た人々を自分の配下にして多くの人を拉致し、渋谷という街を占領しようとしていた。
 光學院大学の講師である朱砂五郎は、自分の教え子たちを守るため、亡霊の正体を調べ、渋谷という土地に秘められた謎を暴こうとする。だがその最中、彼の一番弟子でもあった高城舞は嫉妬のあまり紫苑の家族を不幸にしてしまう。そんな舞を、亡霊は渋谷の地底に連れ去った。
 1994~96年に発表された「東京SHADOW」シリーズを加筆修正し配信!

(c)Aya Nishitani

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「東京SHADOW 2013(1) 赤い稲妻」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
197

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2013/6/6
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面