ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

星待ち花の揺れる庭

あらすじ・内容

昼は男性、夜は女性。艶かしくも美しいブロンドの主(あるじ)第三の目を持つ執事。角を持つ給仕の女性。黒猫に変化する庭師の少年。なぜロロが選ばれたのか、人外たちの住む世界はいったい!?

「さっきもいったけど、あたしはサムカ。本性は猛るもの」
「……はぁ」
なんのことか、とロロが間抜けな返答を返すと、サムカが帽子を取った。
彼女は頭部に一対の大きな白い角を持っていた。
赤毛をかき分けて生える角は、頭部に沿って湾曲している。
彼女の立派な角をロロは凝視し、硬直した。
「よろしく。……冷めないうちに、スープ飲んじゃいなさいね。おいしいよ」
驚いてしまい、ロロは反応を返せない。
少年が咳払いをした。
「俺、コルデワ。雑用だよ。たいてい庭で植木いじりやってる。本性は探るもの」
ロロは食器を取り落としそうになった。
着席していたコルデワが、紙を丸めるようにくしゃりと消えたのだ。
なにごとかと問う言葉を探していると、彼のいた席に金目の黒猫が現われ、テーブルに前足をかけた。
「わからないことがあったら、なんでも訊いてくれよ。力になるから」
艶やかな毛並みの黒猫が、コルデワの声音でしゃべる。
ぱくりと開いた口内の赤は、感心するほど鮮やかだ。
ロロはベルを見る。人間に見えるベルに、すがりたい気持ちだった。
「私の本性は裁くもの」
いって、ベルは手のひらでひたいをすり上げる。
するとそこに黒い瞳が出現し、何度か瞬いて消えた。
追いつめられた気分で、ロロはプールを見た。
男か女かわからない相手は、まなじりを下げると大口を開ける。
プールは見事な赤い炎を吐いた。
俺、よく気絶しないな──目にするすべてを、ロロは遠くに感じた。
「歓迎するよ、ロロ」

電子書籍
価格

459(税込)

417円 (+消費税42円)

付与コイン
4(*詳細)

作品情報

著者
レーベル
doncha.net
出版社
doncha.net
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
221
配信開始日
2015/10/14
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

おすすめ特集

付与コインの内訳

4コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「星待ち花の揺れる庭」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報