ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • 講談社 文芸全作品コイン50%還元フェア
はじめてのお客さまへ
電子書籍

江戸文化から見る 男娼と男色の歴史

税込価格
1,652 (1,530円+消費税122円)
付与コイン
15 コイン

付与コイン15コインの内訳

会員ランク(今月ランクなし)
1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

江戸時代、男も女も虜にした
美少年との性の世界。かつての日本で「男色」は特別なことではなく日常だった。

江戸時代、男も女も虜にした
美少年との性の世界

かつての日本で「男色」は特別なことではなく日常だった。
江戸の町には「陰間茶屋」と呼ばれる店があった。
「陰間」とは、金品と引き換えに身体を売る男娼のことである。
性に開放的だった江戸時代、陰間茶屋も陰間も隠すような存在ではなかった。
なぜ陰間は公然と存在しえたのか、陰間茶屋とはどのような店だったのか、
陰間のマナーと性技とは──などなど。
当時の「男同士の恋愛」についても触れていく。
陰間という文化を知ることで、さらに江戸文化を堪能できる一冊。
カバー装画はコミック『百と卍』(「このBLがやばい!2018年版第1位」「文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」)の紗久楽さわによる描きおろしイラスト。


【目次】
もうひとつの江戸文化「男娼」と「男色」――まえがき
【カラー】江戸の人々が熱狂した若衆
【カラー】陰間を買った老若男女

第一章 男色のルーツを探る――江戸時代の男娼誕生秘話
・江戸の男色は両性愛者が多かった
・江戸時代は男色と女色が両立していた
・なぜ男色のことを“衆道”というのか?
・男同士の性行為を許容していた江戸時代
・江戸幕府の開幕から男娼は存在した
・男娼の原点は神事・仏事にあった

第二章 歌舞伎と男娼の関係──男娼文化は歌舞伎とともにあった
・若衆歌舞伎の熱狂と衰退
・江戸の男を欲情させた前髪の魅力
・禁止されても滅びなかった歌舞伎と男色
・男娼の呼び方は歌舞伎に準じた
・歌舞伎若衆の売春事情
・歌舞伎の花形は女装姿の女形だった

第三章 江戸の人々は男娼とどう遊んだか──「陰間」と「陰間茶屋」の全貌
・男娼と遊べる陰間茶屋
・陰間と遊ぶ方法
・陰間と遊ぶ時間は決められていた
・陰間茶屋以外でも陰間で遊べた
・陰間の年齢は20歳が上限ってホント?
・関西地方の陰間が珍重された
・陰間茶屋以外にも陰間はいた
・陰間にはマネージャーがいた?
・誰が陰間を買ったのか?
【カラー】陰間の性技と陰間のマナー

第四章 江戸の男娼の性技と作法──心構えから性技・性具まで
・陰間にとって髭は恥毛
・陰間はどんな服装をしていたか
・陰間になるための身体的な準備
・陰間に学ぶ床入りのマナー
・陰間の必需品「通和散」とは?
・客を満足させた陰間の性技
・客が好んだ陰間のお尻の形
・嫌な客にも我慢する陰間
・床入りまでの座持ちの苦労
・まだまだある陰間の苦労
・江戸の陰間の自慰事情
・陰間の値段
・陰間遊びをさらに官能的にした性具
・陰間のその後

第五章 陰間茶屋はどこにあったか──各地の陰間茶屋と陰間茶屋の衰退
・陰間茶屋はどこにあったか? ・陰間茶屋は江戸だけにあったわけではない
・三都以外の陰間茶屋
・陰間茶屋にもランクがあった
・衰退する陰間茶屋
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「江戸文化から見る 男娼と男色の歴史」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
209

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2019/8/20
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面
お得な情報