ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • 72時間限定 一迅社全作品コイン50%還元キャンペーン
実用

未完のレーニン 〈力〉の思想を読む

あらすじ・内容

◇◆資本主義の「外」は断じてあり得る!◆◇

『主権者のいない国』『永続敗戦論』『武器としての資本論』著者が、はじめて世に問うた単著であり、
その政治学・思想史学の確固たる原点として記念されるべき主著、ついに文庫化。

◆「革命」のコペルニクス的転回とはいかなるものか?◆
レーニンという思想史上の事件そのものである人物の思想、その核心を、
二つの著作『国家と革命』『何をなすべきか?』のテクストを鋭い視角のもと読み込むことで、
現代に生きる私たちに意義あるものとして、新たに捉え直す。
著者の政治思想研究の確固たる原点にして、いまいっそう強く響く、鮮烈な論考!

◇著者からのメッセージ◇
どう見ても間違った構造のなかに自分たちがいることに気づいているのに、それをどうすることもできないという苦悩こそ、新型コロナウイルスと同じように、世界中に広がってきた精神状態にほかならない。
だからこそ、「外部」は開かれうることの可能性をもう一度探求してみることの意義は、いままさに高まったのではないか。レーニンは、第一次世界大戦の勃発と、第二インターナショナルの破産という、それこそ苦悩の極みから起ち上がって、ボリシェヴィキ革命を成就させた。本書が取り組む彼のテクストは、今日のわれわれはまだ絶望するには早すぎることを教えてくれる。そのような意味で、本書の原稿が書かれた初発の問題意識から読者が何かを感じ取ってくれることを著者としては心から願っている。
―「文庫版まえがき」より―

◆本書の内容◆
第一部 躍動する〈力〉の思想をめぐって
 第一章 いま、レーニンをどう読むか?
 第二章 一元論的〈力〉の存在論
第二部 『何をなすべきか?』をめぐって
 第三章 〈外部〉の思想―レーニンとフロイト(I)
 第四章 革命の欲動、欲動の革命―レーニンとフロイト(II)
第三部 『国家と革命』をめぐって
 第五章 〈力〉の経路―『国家と革命』の一元論的読解(I)
 第六章 〈力〉の生成―『国家と革命』の一元論的読解(II)
 第七章 〈力〉の運命―『国家と革命』の一元論的読解(III)
解説 《革命のテクスト》の文体 [國分功一郎]
付録 レーニンの生涯

※本書の原本は、二〇〇七年に講談社選書メチエより刊行されました。
※巻末付録は『現代思想の海チャート図 レーニンからバトラーまで』(法律文化社)を初出とするものです。

電子書籍
価格

1,265(税込)

1,150円 (+消費税115円)

付与コイン
11(*詳細)

作品情報

シリーズ
未完のレーニン 〈力〉の思想を読む(講談社学術文庫)
著者
レーベル
講談社学術文庫
出版社
講談社
カテゴリ
実用
ページ概数
313
配信開始日
2021/12/8
底本発行日
2021/12/7
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「未完のレーニン 〈力〉の思想を読む(講談社学術文庫)」シリーズ作品一覧(全1冊)

1,265(税込)

  • 実用 未完のレーニン 〈力〉の思想を読む

    ◇◆資本主義の「外」は断じてあり得る!◆◇

    『主権者のいない国』『永続敗戦論』『武器としての資本論』著者が、はじめて世に問うた単著であり、
    その政治学・思想史学の確固たる原点として記念されるべき主著、ついに文庫化。

    ◆「革命」のコペルニクス的転回とはいかなるものか?◆
    レーニンという思想史上の事件そのものである人物の思想、その核心を、
    二つの著作『国家と革命』『何をなすべきか?』のテクストを鋭い視角のもと読み込むことで、
    現代に生きる私たちに意義あるものとして、新たに捉え直す。
    著者の政治思想研究の確固たる原点にして、いまいっそう強く響く、鮮烈な論考!

    ◇著者からのメッセージ◇
    どう見ても間違った構造のなかに自分たちがいることに気づいているのに、それをどうすることもできないという苦悩こそ、新型コロナウイルスと同じように、世界中に広がってきた精神状態にほかならない。
    だからこそ、「外部」は開かれうることの可能性をもう一度探求してみることの意義は、いままさに高まったのではないか。レーニンは、第一次世界大戦の勃発と、第二インターナショナルの破産という、それこそ苦悩の極みから起ち上がって、ボリシェヴィキ革命を成就させた。本書が取り組む彼のテクストは、今日のわれわれはまだ絶望するには早すぎることを教えてくれる。そのような意味で、本書の原稿が書かれた初発の問題意識から読者が何かを感じ取ってくれることを著者としては心から願っている。
    ―「文庫版まえがき」より―

    ◆本書の内容◆
    第一部 躍動する〈力〉の思想をめぐって
     第一章 いま、レーニンをどう読むか?
     第二章 一元論的〈力〉の存在論
    第二部 『何をなすべきか?』をめぐって
     第三章 〈外部〉の思想―レーニンとフロイト(I)
     第四章 革命の欲動、欲動の革命―レーニンとフロイト(II)
    第三部 『国家と革命』をめぐって
     第五章 〈力〉の経路―『国家と革命』の一元論的読解(I)
     第六章 〈力〉の生成―『国家と革命』の一元論的読解(II)
     第七章 〈力〉の運命―『国家と革命』の一元論的読解(III)
    解説 《革命のテクスト》の文体 [國分功一郎]
    付録 レーニンの生涯

    ※本書の原本は、二〇〇七年に講談社選書メチエより刊行されました。
    ※巻末付録は『現代思想の海チャート図 レーニンからバトラーまで』(法律文化社)を初出とするものです。

    価格

    1,265(税込)

    1,150円 (+消費税115円)

付与コインの内訳

11コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「未完のレーニン 〈力〉の思想を読む」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報