ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • BOOK☆WALKER11周年キャンペーン
実用

地域人 第50号 本屋が楽しい まちが楽しい!

あらすじ・内容

大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。
特集は「本屋が楽しい まちが楽しい!」。全国的に書店数が減少する中、本の魅力を伝え、人と人を繫げ、地域文化発信のリアルな拠点としての役割を担っている本屋さんを紹介。

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。

特集は「本屋が楽しい まちが楽しい!」。
全国的に書店数が減少する中、本の魅力を伝え、人と人を繫げ、
地域文化発信のリアルな拠点としての役割を担っている本屋さんがあります。

今号でご登場いただいたのは、以下の書店です。
鳥取県=本の学校 今井ブックセンター、汽水空港、公園前の小さな本屋 みつけどり、定有堂書店
山梨県=朗月堂書店、春光堂書店、本と珈琲 カピバラ
北海道=かの書房、書肆吉成 丸ヨ池内 GATE 6F店、留萌ブックセンター by 三省堂書店
岩手県=ORIORI produced by さわや書店、BOOKNERD、一頁堂書店
高知県=金高堂書店本店、高知 蔦屋書店、うずまき舎
熊本県=長崎書店、長崎次郎書店、橙書店、舒文堂河島書店

また、特集の冒頭では、鳥取県米子を中心に山陰でチェーン展開する今井書店の相談役・永井伸和さんに、
作家、出版社、デザイナー、印刷所、取次、書店、図書館、読者という垣根を超えた「本の学校」の思想、
地域文庫、市民図書館運動などについてお話をうかがいました。

巻頭インタビューは、前早稲田大学総長で大正大学地域構想研究所の最高顧問に就任した
鎌田薫さんに、激動の世界のなかで活躍する人材の育成などについてお話を伺いました。


養老孟司、清成忠男、島薗進、森まゆみ、二宮清純、森枝卓士、河合雅司、岩村暢子などの豪華連載も掲載。

電子書籍 コイン
価格

880(税込)

800円 (+消費税80円)

付与コイン

12/8 (水) 09:59まで

360(*詳細)

作品情報

シリーズ
地域人
著者
レーベル
大正大学出版会
出版社
大正大学出版会
カテゴリ
実用
配信開始日
2020/6/25
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 地域人 第74号 世界文化遺産登録記念 北東北・北海道の縄文遺跡をゆく

編集: 大正大学地域構想研究所

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

2021年7月、北海道・青森県・岩手県・秋田県の17遺跡からなる「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産への登録が決まりました。自然と共生しながら持続可能な循環型の縄文の暮らしや自然との関わりを、作家でジャーナリストの外岡秀俊さんと、ライターで編集者の夏谷隆治さんの二人が実際に現地を訪れ、臨場感たっぷりに17遺跡を紹介しています。

コイン12/8 (水) 09:59まで

価格

880(税込)

800円 (+消費税80円)

「地域人」シリーズ作品一覧(全26冊)

880(税込)

  • 実用 地域人 第49号 SDGs×地域創生

    ※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
    リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

    大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。
    創刊4周年記念号の特集は「SDGs×地域創生」。

    特集の冒頭では、TBS「サンデーモーニング」でもおなじみの、
    造園家、ランドスケープアーキテクトの涌井雅之さんにインタビュー。
    SDGsの成り立ちから課題、解決策まで語っていただきました。

    続いて、国、自治体、企業、大学でのSDGs(持続可能な開発のためのグローバル目標)への取り組みを取材。
    環境省、国土交通省、農林水産省、静岡市、木更津市、益田市、遠野市などの事例を紹介しています。
    さらに大正大学地域構想研究所等の研究者が、研究内容とSDGsとの関連について解説します。

    渡邊直樹編集長の「巻頭インタビュー」は、NHK「クローズアップ現代」のキャスターを務め、
    現在はSDGsの取材・啓蒙活動に取り組んでいるジャーナリストの国谷裕子さんへのロングインタビューです。

    養老孟司、清成忠男、島薗進、森まゆみ、二宮清純、森枝卓士、河合雅司、岩村暢子などの豪華連載も掲載。

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    880(税込)

    800円 (+消費税80円)

  • 実用 地域人 第50号 本屋が楽しい まちが楽しい!

    ※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
    リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

    大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。

    特集は「本屋が楽しい まちが楽しい!」。
    全国的に書店数が減少する中、本の魅力を伝え、人と人を繫げ、
    地域文化発信のリアルな拠点としての役割を担っている本屋さんがあります。

    今号でご登場いただいたのは、以下の書店です。
    鳥取県=本の学校 今井ブックセンター、汽水空港、公園前の小さな本屋 みつけどり、定有堂書店
    山梨県=朗月堂書店、春光堂書店、本と珈琲 カピバラ
    北海道=かの書房、書肆吉成 丸ヨ池内 GATE 6F店、留萌ブックセンター by 三省堂書店
    岩手県=ORIORI produced by さわや書店、BOOKNERD、一頁堂書店
    高知県=金高堂書店本店、高知 蔦屋書店、うずまき舎
    熊本県=長崎書店、長崎次郎書店、橙書店、舒文堂河島書店

    また、特集の冒頭では、鳥取県米子を中心に山陰でチェーン展開する今井書店の相談役・永井伸和さんに、
    作家、出版社、デザイナー、印刷所、取次、書店、図書館、読者という垣根を超えた「本の学校」の思想、
    地域文庫、市民図書館運動などについてお話をうかがいました。

    巻頭インタビューは、前早稲田大学総長で大正大学地域構想研究所の最高顧問に就任した
    鎌田薫さんに、激動の世界のなかで活躍する人材の育成などについてお話を伺いました。


    養老孟司、清成忠男、島薗進、森まゆみ、二宮清純、森枝卓士、河合雅司、岩村暢子などの豪華連載も掲載。

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    880(税込)

    800円 (+消費税80円)

  • 実用 地域人 第51号 ふるさとの手仕事と生活道具

    ※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
    リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

    大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。

    特集は「ふるさとの手仕事と生活道具」。
    全国各地には、地元の素材と受け継がれた技術を用いた生活道具が多くあります。地域の暮らしや文化が宿ったものたちは、人々の生活に溶け込み、手になじみながら何世代にもわたって使われてきました。
    産地を盛り上げ、手仕事を継承していく人たちを訪ねました。

    北海道=旭川木工コミュニティキャンプ
    岩手県=安比塗漆器工房、安代漆工技術研究センター、iwatemo
    東京都・栃木県=月兎印 スリムポット
    新潟県・石川県=SUNAO、conte、山中漆器
    岡山県=倉敷ノッティング、倉敷ガラス
    島根県=出西窯
    大分県=TSG竹田総合学院、小鹿田焼

    また、特集の冒頭では、“一人問屋”として作り手と売り手をつないでいるスタジオ木瓜代表の日野明子さんに、誇りをもったモノづくりと地場産業を未来につなぐために必要なことを伺いました。

    巻頭インタビューは、D&DEPARTMENTのデザイン活動家・ナガオカケンメイに「ロングライフデザイン」についてお話を伺いました。

    養老孟司、清成忠男、島薗進、森まゆみ、二宮清純、森枝卓士、河合雅司、岩村暢子などの豪華連載も掲載。

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    880(税込)

    800円 (+消費税80円)

  • 実用 地域人 第52号 外国人ツーリストへの本当のおもてなし

    ※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
    リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

    大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。


    特集は「外国人ツーリストへの本当のおもてなし」。

    日本を訪れる外国人ツーリストは3000万人を超え、政府目標の4000万人に向けて増加中。一方でオーバーツーリズムの諸問題も発生しています。数から質への転換が求められるなか、その課題と解決法を取材ししました。

    PART 1 外国人ツーリストの現状と問題点
    観光庁、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部、JTB研究所など

    PART 2 おもてなしの課題と解決法
    雪国観光圏のおもてなし、ゲストハウス、民泊、外国人ツーリストの本音など

    巻頭インタビューは、高千穂あまてらす鉄道社長でもある作家の髙山文彦さん。

    宗教家の山折哲雄さんと岩村暢子客員教授が平成の30年間を振り返る特別対談も。

    養老孟司、清成忠男、島薗進、森まゆみ、二宮清純、森枝卓士、河合雅司などの豪華連載も掲載。

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    880(税込)

    800円 (+消費税80円)

  • 実用 地域人 第53号 地域と人を記録する

    ※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
    リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

    大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。

    特集は「地域と人を記録する」。
    「地域」には、長年にわたって伝承されてきた文化や暮らし、語り継ぐことで生きながらえてきた歴史や民話の数々などがあります。
    それらは、伝承の担い手の高齢化や暮らし方の変化などにより、急速に失われつつあります。
    地域と人を記録する手段、方法にはさまざまあります。社会学調査、聞き取り、写真、映像、イラスト、文芸……。
    第一線で活躍する“記録者”たちから、地域と人を記録する心がまえ、方法を学びます。

    佐藤たね屋代表 佐藤貞一/映像作家 小森はるか/ノンフィクションライター 渡辺一史/カメラマン、ノンフィクション作家 田中康弘
    文筆家、イラストレーター 金井真紀/石徹白洋品店店主 平野馨生里/映像作家、活弁興行師 真喜屋 力/社会学者 打越正行


    巻頭インタビューは、地域活動家、ライターの小松理虔さん。

    地域創生を目指す起業コミック新連載「スタートアップCafé Dac」も開始。

    養老孟司/島薗進/森まゆみ/二宮清純/森枝卓士/河合雅司/岩村暢子/吉村喜彦などの豪華連載も掲載。

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    880(税込)

    800円 (+消費税80円)

付与コインの内訳

360コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    0%

  • コインUPキャンペーン

    45%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「地域人 第50号 本屋が楽しい まちが楽しい!」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報