ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

隣家の嫁 第1巻 覗かれた美人妻の秘め事

あらすじ・内容

新婚まもない25歳の美人妻は、夫が単身赴任となり新居のマンションで一人寂しい生活を送っていた。<br><br>そんなある日、抑えきれぬ欲情から招いたたった一度の過ちが、美人妻の運命の歯車を狂わせていく。<br><br>両隣の部屋に住むご近所さん達に脅され、耐えがたい恥辱を味わうことになった美人妻の羞恥生活の全記録。

新婚間もない二十五歳の主婦、須藤七海は夫が突然の単身赴任となり、新居のマンションで一人悶々とした日々を過ごしていた。

愛する夫が傍にいない生活は、七海の身も心も渇かせ、知的で清楚だった人妻は次第に体の芯から湧き上がるどうしようもない欲情に身も心も操れていく。

そんなある日の昼下がり、リビングのソファで寛いでいた七海は、ふいにある衝動に駆られ、窓のカーテンが開け放たれた部屋で一糸纏わぬ姿となり、一人淫らな行為に耽ってしまう。

やがて、恍惚とした表情を浮かべ目を覚ました七海は、窓の向こうのベランダの仕切り越しから部屋の中を覗く隣家の独身男性、吉井の姿に気付いたのだった。

恥ずかしい姿を目撃されてしまったことに怯え、羞恥に震え上がる若妻。すると翌日、マンションの郵便受けに宛名のない封筒が投函され、その中身を見た七海は驚愕する。

なんとそこには、昨日の七海の痴態を捉えた数枚の写真と一枚の脅迫文が封入されていたのだ。そして写真をネタに七海を脅迫してきたのは隣の部屋に住む吉井であった。

思いがけぬ事態に困惑する七海だったが、やむなく隣家の吉井の命令に従う覚悟を決める。そうして、美人妻の身も心もおかしくさせるほどの恥辱に塗れた日々が始まり・・・。

第一章 休日の昼下がりに発情する人妻

第二章 人妻の元に届いた脅迫文

第三章 予期せぬ女王の降臨

電子書籍
価格

550(税込)

500円 (+消費税50円)

付与コイン
5(*詳細)

作品情報

シリーズ
隣家の嫁
著者
レーベル
インフィニティパブリッシング
出版社
インフィニティパブリッシング
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
32
配信開始日
2021/2/27
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

ラノベ 隣家の嫁 第6巻 美人妻の卑猥なヌード写真集 後編

著者: 海老沢 薫

マンションの隣の部屋に住む主婦の坂下に脅され、ヌード撮影会のモデルを務めることになった七海は、集まったご近所の主婦達の前で次々と卑猥なポーズを披露させられることになった。

そうして、撮影が一段落すると、撮影会の主宰者である坂下は、なんと七海に一糸纏わぬ姿のままベランダに出るよう命じたのだった。

羞恥に全身を震わせながら仕方なくベランダに出た七海は、そこで再び恥辱のポーズを披露させられ、マンションの外の通りを歩く通行人にその破廉恥な姿を目撃されてしまう。

慌てた七海はすぐに部屋の中に戻ろうとするが、窓はいつの間にか鍵を掛けて閉められており、七海は白昼のベランダに素っ裸のまま放置される。

すると、坂下は部屋の中から一枚のメモを七海に見せたのだった。
メモにはあまりに屈辱的な命令が記されており、白昼のベランダで途方に暮れる七海。

分かったわよ、やればいいんでしょ・・・。
やがて七海は心の中で必死に強がると、外を向いて自らの手で秘部を弄り始めたのだった。

「まさか本当にお外でオ○ニーするなんて、幾ら何でも変態過ぎよね」
「同じマンションにこんな淫乱な女が住んでいるのかと思うと、なんだか嘆かわしいわ」
「それにしても、ここまでやるなんて、よっぽど欲求不満なのね」

部屋の中から様子を窺っているご近所の主婦達は皆呆れた表情で美人妻の痴態を眺めた。

暫くして、マンションの外の通りにいる通行人や部屋の中から鑑賞しているご近所さん達の前で絶頂する美人妻。

しかし、これで七海の羞恥地獄が終わったわけではなかった。
 七海が快感の余韻から目覚めると、部屋の中にいる坂下は美人妻に対しさらに過酷な命令を突きつけ、白昼のマンションのベランダに放置された哀れな美人妻は、どうしようもない屈辱に人としての尊厳さえ奪われていくのだった。

第一章 白昼のベランダでHなマネする若妻

第二章 人妻の大胆過ぎる破廉恥行為

第三章 ご近所さん達に配布された美人妻の写真集

価格

297(税込)

270円 (+消費税27円)

「隣家の嫁」シリーズ作品一覧(全4冊)

250円〜550(税込)

  • 文芸 隣家の嫁 第1巻 覗かれた美人妻の秘め事

    新婚間もない二十五歳の主婦、須藤七海は夫が突然の単身赴任となり、新居のマンションで一人悶々とした日々を過ごしていた。

    愛する夫が傍にいない生活は、七海の身も心も渇かせ、知的で清楚だった人妻は次第に体の芯から湧き上がるどうしようもない欲情に身も心も操れていく。

    そんなある日の昼下がり、リビングのソファで寛いでいた七海は、ふいにある衝動に駆られ、窓のカーテンが開け放たれた部屋で一糸纏わぬ姿となり、一人淫らな行為に耽ってしまう。

    やがて、恍惚とした表情を浮かべ目を覚ました七海は、窓の向こうのベランダの仕切り越しから部屋の中を覗く隣家の独身男性、吉井の姿に気付いたのだった。

    恥ずかしい姿を目撃されてしまったことに怯え、羞恥に震え上がる若妻。すると翌日、マンションの郵便受けに宛名のない封筒が投函され、その中身を見た七海は驚愕する。

    なんとそこには、昨日の七海の痴態を捉えた数枚の写真と一枚の脅迫文が封入されていたのだ。そして写真をネタに七海を脅迫してきたのは隣の部屋に住む吉井であった。

    思いがけぬ事態に困惑する七海だったが、やむなく隣家の吉井の命令に従う覚悟を決める。そうして、美人妻の身も心もおかしくさせるほどの恥辱に塗れた日々が始まり・・・。

    第一章 休日の昼下がりに発情する人妻

    第二章 人妻の元に届いた脅迫文

    第三章 予期せぬ女王の降臨

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

  • ラノベ 隣家の嫁 第2巻 緊縛された美人妻の体

    二十五歳の美人妻、須藤七海は夫が単身赴任になってから、新居のマンションで一人孤独な日々を過ごしていた。

    そんなある日、抑えきれぬ欲情から起こした過ちにより、七海は両隣の部屋に住む住人に自らの恥ずかしい弱みを握られてしまう。

    東隣の部屋に住む三十代の独身男性、吉井と西隣の部屋に住む四十代の主婦、坂下は、それぞれに若い美人妻を脅し、自らの奴隷として七海を調教し始める。

    そして、夜になって坂下の命令を実行するためベランダに出た七海は、そこで激しい羞恥に襲われ、つい坂下の命令に背いてしまったのだった。

    翌朝、激情した坂下は七海の部屋に押しかけ、美人妻にお仕置きを実行する。坂下の前で一糸纏わぬ姿になり卑猥なポーズや踊りを披露させられ、羞恥に咽ぶ美人妻。

    その姿を見た坂下はますます加虐心を煽られ、美人妻を一糸纏わぬ姿のままカーテンの開け放たれた窓際に縛り付けると、そのまま七海を放置して部屋を出て行ってしまう。

    窓際に緊縛された美人妻の目の前には外を歩く人達の姿や通り過ぎる車が見え、七海はどうしようもない羞恥に全身を震わせながら、恥辱に耐え続けるしかなかった。

    やがて夕方になり、七海の視界には近くの道を歩く学校帰りの男子高校生達の姿が見えた。すると、彼らの一人が窓際に立つ七海の姿に気付き・・・。

    第一章 メス犬に堕ちた人妻

    第二章 卑猥な踊りを披露する美人妻

    第三章 緊縛放置のお仕置き

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

  • ラノベ 隣家の嫁 第4巻 ご近所さん達の前で羞恥宴会芸をさせられた美人妻

    隣の部屋に住む四十代の主婦、坂下に脅され、マンションの集会にバスタオル一枚という場違いな恰好で参加することになった七海。

    そうして、集会はある住民の思いがけない発言によって、七海にとって最悪の展開を迎えることになり・・・。

    他の住民達に迷惑を掛けた罰として、恥辱の宴会芸を披露しなければならなくなった七海は、バスタオル一枚の姿で皆の前に立つと、両手を頭の後ろで組んで住民達の手拍子に合わせて腰を厭らしく左右に振り乱した。

    「ほら、もっと腰を大きく振りなさいよ!」
    「背筋をピンと伸ばして踊ってちょうだい!」
    「須藤さん、そんな恐い顔してないで、もっと楽しそうにやってよ!」
    「ほら笑って!」
    「そのまま腰を落としてガニ股になって!」
    「アハハッ、面白~い!」
    「これじゃあ、ただの変態だわ(笑)」
    「美人の奥さんのこんなスケベな踊りが見られるなんて最高だぜ(笑)」

    住民達は手拍子を叩きながら美人妻を言葉責めにし、七海はどうしようもない羞恥を堪えて必死に腰を振り続けるしかなかった。

    そんな中、七海がガニ股の体勢で腰を前後に振り続けていると、思わぬハプニングが起きる。
    なんと、腰を激しく振り続けている内に体に巻き付けられたバスタオルがずれ落ちてしまったのだ。

    同じマンションに暮らす住民達の前で一糸纏わぬ姿となった美人妻は、極限の羞恥の中でさらに坂下からリモバイの悪戯までされ、そのまま絶頂してしまう。

    住民達は皆興奮した様子で、恍惚とした表情を浮かべる美人妻を眺め、やがて七海が快感の余韻から目覚めると恥辱の宴会芸を強引に再開させる。

    みんなどうしてそんなに私の事を苛めるの、そんなに私の裸踊りが見たいの・・・。

    七海は悲嘆に暮れながらも、同じマンションに暮らす住民達に一糸纏わぬ姿を晒し、腰を振り続けるしかなかった。

    第一章 卑猥な踊りを披露する若妻

    第二章 美人妻を襲う羞恥のハプニング

    第三章 ご近所さん達の前で無間地獄に堕ちた美人妻

    価格

    250(税込)

    227円 (+消費税23円)

  • ラノベ 隣家の嫁 第6巻 美人妻の卑猥なヌード写真集 後編

    マンションの隣の部屋に住む主婦の坂下に脅され、ヌード撮影会のモデルを務めることになった七海は、集まったご近所の主婦達の前で次々と卑猥なポーズを披露させられることになった。

    そうして、撮影が一段落すると、撮影会の主宰者である坂下は、なんと七海に一糸纏わぬ姿のままベランダに出るよう命じたのだった。

    羞恥に全身を震わせながら仕方なくベランダに出た七海は、そこで再び恥辱のポーズを披露させられ、マンションの外の通りを歩く通行人にその破廉恥な姿を目撃されてしまう。

    慌てた七海はすぐに部屋の中に戻ろうとするが、窓はいつの間にか鍵を掛けて閉められており、七海は白昼のベランダに素っ裸のまま放置される。

    すると、坂下は部屋の中から一枚のメモを七海に見せたのだった。
    メモにはあまりに屈辱的な命令が記されており、白昼のベランダで途方に暮れる七海。

    分かったわよ、やればいいんでしょ・・・。
    やがて七海は心の中で必死に強がると、外を向いて自らの手で秘部を弄り始めたのだった。

    「まさか本当にお外でオ○ニーするなんて、幾ら何でも変態過ぎよね」
    「同じマンションにこんな淫乱な女が住んでいるのかと思うと、なんだか嘆かわしいわ」
    「それにしても、ここまでやるなんて、よっぽど欲求不満なのね」

    部屋の中から様子を窺っているご近所の主婦達は皆呆れた表情で美人妻の痴態を眺めた。

    暫くして、マンションの外の通りにいる通行人や部屋の中から鑑賞しているご近所さん達の前で絶頂する美人妻。

    しかし、これで七海の羞恥地獄が終わったわけではなかった。
     七海が快感の余韻から目覚めると、部屋の中にいる坂下は美人妻に対しさらに過酷な命令を突きつけ、白昼のマンションのベランダに放置された哀れな美人妻は、どうしようもない屈辱に人としての尊厳さえ奪われていくのだった。

    第一章 白昼のベランダでHなマネする若妻

    第二章 人妻の大胆過ぎる破廉恥行為

    第三章 ご近所さん達に配布された美人妻の写真集

    価格

    297(税込)

    270円 (+消費税27円)

付与コインの内訳

5コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「隣家の嫁 第1巻 覗かれた美人妻の秘め事」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報