電子書籍 国家神道とは何だったのか 実用

著: 葦津珍彦  註: 阪本是丸 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

国家神道とは何だったのか あらすじ・内容

昭和61年の神社新報創刊40周年記念事業として発行された葦津珍彦著、阪本是丸註の名著を20年ぶりに神社新報60周年記念事業として装丁・組版を一新。新たに解題を付け、主要参考文献目録を充実。

この作品を共有

「国家神道とは何だったのか」最新刊

昭和61年の神社新報創刊40周年記念事業として発行された葦津珍彦著、阪本是丸註の名著を20年ぶりに神社新報60周年記念事業として装丁・組版を一新。新たに解題を付け、主要参考文献目録を充実。

「国家神道とは何だったのか」の作品情報

レーベル
――
出版社
神社新報社
ジャンル
実用 宗教
ページ数
342ページ (国家神道とは何だったのか)
配信開始日
2017年2月3日 (国家神道とは何だったのか)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad