電子書籍 ツバキ マンガ

完結
著: 押切蓮介 
みんなの★
4.8

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ツバキ(1) あらすじ・内容

マタギの少女が撃つは、人か魔か――!! 山に生まれ棲むマタギの少女・椿鬼(ツバキ)。人間たちの醜い所業が山を穢すたび、彼女は村田銃(シロビレ)を手に彼らの前に姿を現す。その瞳に深い哀しみの色を湛えて――。大自然の狭間に生きる人間の業を描く新シリーズ!

  • シェア:

「ツバキ」最新刊

「山と人のために生きよ」──父の遺した言葉を胸に生きてきた椿鬼(ツバキ)に突然訪れた、普通の少女としての日々。それは、彼女に別の生き方への迷いを生じさせる。山の娘は町の少女として生きる道を選ぶのか!? 鬼に転じて鬼を討つ、又鬼(マタギ)少女譚、ここに完結。

「ツバキ」作品一覧

(3冊)

各660(税込)

まとめてカート

マタギの少女が撃つは、人か魔か――!! 山に生まれ棲むマタギの少女・椿鬼(ツバキ)。人間たちの醜い所業が山を穢すたび、彼女は村田銃(シロビレ)を手に彼らの前に姿を現す。その瞳に深い哀しみの色を湛えて――。大自然の狭間に生きる人間の業を描く新シリーズ!

舞(まい)と丑男(うしお)の姉弟は、両親を亡くし都会から祖母の郷里である切絵(きりえ)の里へ移り住む。 しかし、村の淫らな因習とよそ者への差別は姉弟を容赦なく苛み、丑男の心は次第に壊れていく。偶然村を訪れた椿鬼(ツバキ)は、姉弟の境遇に気付いて救おうとするが……? 純朴な少年が未曾有の大量殺人に至った経緯を活写する三部作『朧月夜』と、椿鬼自身の心に迫る『マヨイガ』──傑作2編を収録!

「山と人のために生きよ」──父の遺した言葉を胸に生きてきた椿鬼(ツバキ)に突然訪れた、普通の少女としての日々。それは、彼女に別の生き方への迷いを生じさせる。山の娘は町の少女として生きる道を選ぶのか!? 鬼に転じて鬼を討つ、又鬼(マタギ)少女譚、ここに完結。

「ツバキ」の作品情報

レーベル
ネメシス
出版社
講談社
ジャンル
マンガ 男性向け 完結 青年マンガ バトル・格闘・アクション ネメシス
ページ数
177ページ (ツバキ(1))
配信開始日
2013年11月29日 (ツバキ(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。