電子書籍 賭博師は祈らない(電撃文庫) ラノベ

著者: 周藤 蓮  イラスト: ニリツ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

73ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

賭博師は祈らない あらすじ・内容

第23回電撃小説大賞《金賞》受賞作品! 心に傷を負った奴隷少女と、孤独な賭博師。不器用な二人の、痛ましく愛おしい生活。

十八世紀末、ロンドン。賭場での失敗から、手に余る大金を得てしまった若き賭博師ラザルスが、仕方なく購入させられた商品。――それは、奴隷の少女だった。喉を焼かれ声を失い、感情を失い、どんな扱いを受けようが決して逆らうことなく、主人の性的な欲求を満たすためだけに調教された少女リーラ。そんなリーラを放り出すわけにもいかず、ラザルスは教育を施しながら彼女をメイドとして雇うことに。慣れない触れ合いに戸惑いながらも、二人は次第に想いを通わせていくが……。やがて訪れるのは、二人を引き裂く悲劇。そして男は奴隷の少女を護るため、一世一代のギャンブルに挑む。

この作品を共有

「賭博師は祈らない(電撃文庫)」最新刊

 バースでの長逗留を終え、ようやくロンドンに帰還したラザルス。リーラは徐々に感情豊かになり、観光がてらついてきたエディス達との交流も続く。賭場の馴染みからは、そんな関係を冷やかされる始末。ラザルスは賭博師として日銭を稼ぐいつもの生活へと回帰していく。
 だが幸福そうに見えるラザルスの心を陰らせるひとつの懸念――。リーラという守るべき大切なものを得たが故に、彼の賭博師としての冷徹さには確実に鈍りが生じていた。裏社会の大物や警察組織にも目を付けられつつも、毎日を凌いでいたラザルスだったが……。
 そしてかつての恋人である賭博師・フランセスとの因縁が、ラザルスに決定的な破滅をもたらすことになる。

「賭博師は祈らない(電撃文庫)」作品一覧

(4冊)

630円〜690円(+税)

まとめてカート

十八世紀末、ロンドン。賭場での失敗から、手に余る大金を得てしまった若き賭博師ラザルスが、仕方なく購入させられた商品。――それは、奴隷の少女だった。喉を焼かれ声を失い、感情を失い、どんな扱いを受けようが決して逆らうことなく、主人の性的な欲求を満たすためだけに調教された少女リーラ。そんなリーラを放り出すわけにもいかず、ラザルスは教育を施しながら彼女をメイドとして雇うことに。慣れない触れ合いに戸惑いながらも、二人は次第に想いを通わせていくが……。やがて訪れるのは、二人を引き裂く悲劇。そして男は奴隷の少女を護るため、一世一代のギャンブルに挑む。

奴隷の少女リーラの救出劇から一週間。賭場を負かし一人の女を守った代償はしかし大きかった。「負けない、勝たない」をモットーにしていたラザルスは賭場に出向くこともできなくなり、帝都を旅立つことを決める。それは、少しずつ心を開き始めたリーラを連れての道楽旅行になるはずだったが……。「ねえ、ラザルス。私と結婚しましょ?」 道中立ち寄った村でラザルスを待ち受けていたのは、さる事情で窮地にある地主の娘エディスからの突然の求婚だった。一方、リーラは二人のやりとりを覗いてしまい、自分はラザルスにとって不要なのではないかと想い悩み始める。「奴隷」である彼女が出した結論とは――。少女たちの想いを受け、やがてラザルスは危険なギャンブルに打って出る。

ノーマンズランドでの負傷も癒え、ようやく当初の目的地バースにやってきたラザルスとリーラ。村から付いてきたエディスとフィリーも道連れに、気儘で怠惰な観光を洒落込むつもりだったが、一つ誤算があった。温泉とギャンブルが名物のこの街で目下勃発しているのは、賭博を司る儀典長と副儀典長による熾烈な権力争い。バースへの道中で出会った知人からは忠告を受けるも、時既に遅し。温泉から宿に戻ってみると、部屋には荒らされた形跡。そして一人横たわる血まみれの少女。面倒事の匂いに辟易としながらもラザルスは彼女を保護する。それは、陰謀張り巡らされるバースでの長い戦いの幕開けであった。

「賭博師は祈らない(電撃文庫)」のおすすめコメント

賭博師は祈らない ぽえ夢(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2017/04/14

『奴隷』の少女が本当に愛おしい!

賭博師のラザルスと、成り行きでラザルスに買われた奴隷の少女・リーラの二人が、共同生活を経て変わっていく姿を描いた物語です。 ヒロインが調教済(!)の奴隷というハードな設定にまず驚かされますが、 偏見を捨てて考えると、調教の結果、命令に従うことしかできなくなり、さらに喉を潰されて声を失った薄幸の美少女なんですよね。 声を出せないリーラが、精一杯がんばって感情を伝えようとする描写が、愛おしくて可愛くて! あの感覚は保護者的な愛おしさなのか、それとも萌えなのか…。 是非読んで味わっていただきたいですね。 賭博師が主人公ですので、ラストはもちろんギャンブル勝負が待っています。 リーラを守るために挑む一世一代のギャンブル!熱くならざるを得ません! ギャンブルはやらない主義の堅実な人も、シチュエーションに燃えてください! アツい心理戦はギャンブルを知らない人も楽しめますよ。 賭博師と奴隷のアウトローな二人に、優しさや愛情を教えてもらえる、ちょっと大人のボーイ・ミーツ・ガールです。

「賭博師は祈らない(電撃文庫)」の作品情報

レーベル
電撃文庫
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
361ページ (賭博師は祈らない)
配信開始日
2017年4月10日 (賭博師は祈らない)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad