電子書籍 「暴食のベルセルク ~俺だけレベルという概念を突破する~」シリーズ(GCノベルズ) 新文芸

小説: 一色一凛  イラスト: fame 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

暴食のベルセルク ~俺だけレベルという概念を突破する~ 1 あらすじ・内容

敵の全てを喰らい尽くせ!
無能と蔑まれた少年の下克上が今始まる――

スキルの優劣が絶対の世界で、城の門番であるフェイトは最底辺の生活をしいられていた。
なにせフェイトの持つスキル《暴食》は、
腹が減るだけでちっとも役に立たない能力だったからだ。
だが彼が、城に侵入した賊を偶然にも仕留めたことで世界は一変する。
そう、フェイトが持つスキル《暴食》は、殺した相手から、
スキル・能力を奪い取るという、とんでもない力を秘めていたのだ。
こうして地べたに這いつくばるだけだったフェイトの運命は、
静かに、そして急速に動き始めるのだった――。

この作品を共有

「「暴食のベルセルク ~俺だけレベルという概念を突破する~」シリーズ(GCノベルズ)」最新刊

マインを追うフェイト、ロキシー、エリス、メミルの四人は、
魔導バイクに跨がり順調に旅を続けていた。

しかしその道中エリスによって突きつけられたロキシーの戦闘力不足。
Eの領域に至っていない彼女では、この先の戦いにはついてこられない。
それどころか命を危険にさらすことになってしまうのだ。ロキシーの問題だけではない。

マインの行方、そして生き返った父親の目的と、フェイトの悩みは尽きない。

そんな中、とある魔物の討伐を依頼されるのだが、それはEの領域に至った古代の魔物であった……。

「「暴食のベルセルク ~俺だけレベルという概念を突破する~」シリーズ(GCノベルズ)」作品一覧

(6冊)

各1,100(税込)

まとめてカート

スキルの優劣が絶対の世界で、城の門番であるフェイトは最底辺の生活をしいられていた。
なにせフェイトの持つスキル《暴食》は、
腹が減るだけでちっとも役に立たない能力だったからだ。
だが彼が、城に侵入した賊を偶然にも仕留めたことで世界は一変する。
そう、フェイトが持つスキル《暴食》は、殺した相手から、
スキル・能力を奪い取るという、とんでもない力を秘めていたのだ。
こうして地べたに這いつくばるだけだったフェイトの運命は、
静かに、そして急速に動き始めるのだった――。

敵の全てを喰らい尽くせ!
無能と蔑まれた少年の下克上が今始まる――


王国を守るため、強力な魔物たちが巣食うガリア大陸へと向かったロキシー。
そんな彼女を追ってガリアを目指すフェイトの前に、
以前出会ったガリア人の少女――マインが現れた。
黒剣グリードと同じ“大罪武装”である
黒斧スロースを持つ彼女と共に旅を続けることになったフェイトは
いくつもの出会いと別れ、そして激しい戦いを経験する。
やがてたどり着いたガリアの地で、マインがフェイトに要求する“手伝い”とは?

マインと別れ、ロキシーがいる防衛都市バビロンへと到着したフェイト。
その前に現れた新たなる大罪スキル保持者、エリスは言う――
「ロキシー・ハートには死んでもらう」と。
ロキシーを守るため、
フェイトがガリアの大地を駆ける!

敵の全てを喰らい尽くせ!
無能と蔑まれた少年の下克上が今始まる――

「「暴食のベルセルク ~俺だけレベルという概念を突破する~」シリーズ(GCノベルズ)」の作品情報

レーベル
GCノベルズ
出版社
マイクロマガジン社
ジャンル
新文芸 男性向け 異世界系作品
ページ数
320ページ (暴食のベルセルク ~俺だけレベルという概念を突破する~ 1)
配信開始日
2017年11月30日 (暴食のベルセルク ~俺だけレベルという概念を突破する~ 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad