電子書籍 「英雄覇道の狐巫女」シリーズ(オーバーラップ文庫) ラノベ

著者: 岩山駆  イラスト: 葉山えいし 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

英雄覇道の狐巫女 1 あらすじ・内容

君となら戦える。君となら強くなれる――!

「精霊獣」と呼ばれる存在が人間と共存し、長い歴史を歩んでいる世界。
 英雄の血筋である少年・アルフは、しかし小さな狐の精霊獣しか召喚することができなかった。実の父からも見限られ、ひとり天涯孤独の身となったアルフ。だが彼に寄り添うその小狐は、かつてある英雄に仕えていた「伝説の狐巫女」であった。
 狐巫女とともに精霊界で修業をつんだアルフは、その類まれな才能と実力を発揮。またたく間に退魔組織のトップエージェントとなる。そんな彼にある時課された任務。それは、とある学園への潜入であった。そしてその学園では、精霊獣にまつわるとある事件が発生しており……?
 人と精霊、そして魑魅魍魎が跋扈する現代で、新たな怪異譚が幕を開く。

この作品を共有

「「英雄覇道の狐巫女」シリーズ(オーバーラップ文庫)」最新刊

退魔組織・北斗のトップエージェントとして順調に任務をこなすアルフと鈴狐。
そんなある日、突如彼らに舞い込んで来た依頼。それは今をときめくアーティスト・パピリアのライブ警護の任であった。ライブ会場にて警護にあたるアルフだが、そんな彼の前に現れたのは、かつて彼を勘当した実の父・ゼムナスと鈴狐と
同じ天上位の精霊獣である、夜兎であった。
「俺はアンタの到達出来なかった高さに到達したことを直接知らしめてやる」
憧憬、嫉妬、後悔――そして愛しさ。さまざまな感情が巡る中。アルフとゼムナス、鈴狐と夜兎の戦端が今、開かれる。

「「英雄覇道の狐巫女」シリーズ(オーバーラップ文庫)」作品一覧

(2冊)

各593円 (+税)

まとめてカート

「精霊獣」と呼ばれる存在が人間と共存し、長い歴史を歩んでいる世界。
 英雄の血筋である少年・アルフは、しかし小さな狐の精霊獣しか召喚することができなかった。実の父からも見限られ、ひとり天涯孤独の身となったアルフ。だが彼に寄り添うその小狐は、かつてある英雄に仕えていた「伝説の狐巫女」であった。
 狐巫女とともに精霊界で修業をつんだアルフは、その類まれな才能と実力を発揮。またたく間に退魔組織のトップエージェントとなる。そんな彼にある時課された任務。それは、とある学園への潜入であった。そしてその学園では、精霊獣にまつわるとある事件が発生しており……?
 人と精霊、そして魑魅魍魎が跋扈する現代で、新たな怪異譚が幕を開く。

退魔組織・北斗のトップエージェントとして順調に任務をこなすアルフと鈴狐。
そんなある日、突如彼らに舞い込んで来た依頼。それは今をときめくアーティスト・パピリアのライブ警護の任であった。ライブ会場にて警護にあたるアルフだが、そんな彼の前に現れたのは、かつて彼を勘当した実の父・ゼムナスと鈴狐と
同じ天上位の精霊獣である、夜兎であった。
「俺はアンタの到達出来なかった高さに到達したことを直接知らしめてやる」
憧憬、嫉妬、後悔――そして愛しさ。さまざまな感情が巡る中。アルフとゼムナス、鈴狐と夜兎の戦端が今、開かれる。

「「英雄覇道の狐巫女」シリーズ(オーバーラップ文庫)」の作品情報

レーベル
オーバーラップ文庫
出版社
オーバーラップ
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
293ページ (英雄覇道の狐巫女 1)
配信開始日
2018年2月25日 (英雄覇道の狐巫女 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad