電子書籍 文学少女 ラノベ

限定特典あり 完結
著者: 野村美月  イラストレーター: 竹岡美穂 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

26ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

“文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】 あらすじ・内容

「どうかあたしの恋を叶えてください!」それは単なる恋文の代筆のはずだったが……

天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって…。新味、ビター&ミステリアス・学園コメディ!

この作品を共有

「文学少女」最新刊

“文学少女”シリーズのカバーを集めたイラスト集!イラストレーター・竹岡美穂によるの美麗カバーの完全版。“文学少女”シリーズ、竹岡美穂ファンなら必見の1冊です。

※この作品は、『半熟作家と“文学少女”な編集者【ミューズ】』の購入特典となります。購入後、「マイページ」の「購入特典」をご確認ください。

「文学少女」作品一覧

(10冊)

0円〜620円(+税)

まとめてカート

天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって…。新味、ビター&ミステリアス・学園コメディ!

文芸部部長・天野遠子。自称“文学少女”。彼女は実は食べ物の代わりに物語を食べる妖怪だ。彼女の後輩・井上心葉は、常に彼女に振り回され「おやつ」を書かされている。そんなある日、文芸部の「恋の相談ポスト」に「憎い」「幽霊が」などと書かれた紙片や数字を書き連ねた謎の紙が投げ込まれる。文芸部への挑戦だと心葉を巻き込んで調査をはじめる遠子だが、見つけた「犯人」は「わたし、もう死んでるの」と笑う少女で!?

「これは食べ物への冒涜よっ!」物語を食べちゃうくらい深く愛している”文学少女”天野遠子。彼女が、図書館の本のページが切り取られていることを発見してしまったため、文芸部の後輩井上心葉は、またしても振り回されるハメになったのだが……。 学園中が文化祭の準備に沸く陰で、追いつめられ、募っていく狂気。過去に縛られ立ちすくむ”愚者”に、”文学少女”が語る物語とは――?

「文学少女」の作品情報

レーベル
ファミ通文庫
出版社
KADOKAWA / エンターブレイン
ジャンル
ライトノベル 男性向け アニメ 映画 完結 めがイラスト
ページ数
267ページ (“文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】)
配信開始日
2010年12月1日 (“文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad